特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鉄道各社の17年度設備投資計画  [2017年6月23日]

 通勤通学などの輸送や、多くの社会・経済活動を支える基幹的な公共交通機関である民営鉄道。より質の高い輸送サービスの提供を目指して、安全安心の確保や、快適で利便性の向上などさまざまな取り組みを続けている。まちづくりと一体の駅周辺整備や連続立体交差化の推進、相互直通運転化への路線整備など、長い時間と多額の投資を伴う事業も多い。首都圏の大手民鉄9社(東武、東急、小田急、京王、京急、京成、西武、相鉄、東京メトロ)の本年度設備投資計画をまとめた(各社HPから出典)。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。