特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

建設業の労働災害防止に貢献 新型日産NV350キャラバン  [2017年11月14日]

 建設業の労働災害発生件数は長期的に減少傾向が続いているものの、依然として全産業の中で高い割合を占めている。労働災害の撲滅は建設業界全体の悲願であり、企業にとっても経営目標の一つに挙げられている。死亡事故の中で墜落・転落に次いで2番目に多いのが交通事故。事故を起こせば会社のイメージや信用の低下につながり、会社経営に大きく影響する。移動中の安全運転はもちろんだが、交通事故が起きにくい環境整備も不可欠だ。日産自動車の「NV350キャラバン」は、自動ブレーキシステムをはじめとする安全機能を装備し、従業員、第三者の交通事故防止に寄与する。安全が何よりも優先される建設業界にとって「キャラバン」は、災害防止活動の一翼を担う頼もしい味方となりそうだ。

このジャンルの最新記事

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む