特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

パークコート赤坂檜町ザタワー 完成  [2018年2月23日]

 東京都港区の赤坂九丁目北地区市街地再開発組合が第一種市街地再開発事業として建設を進めていた超高層マンション「パークコート赤坂檜町ザタワー」が26日、竣工を迎える。再開発を通じて地域の防災性を高めるとともに、敷地内に緑豊かな空間を創出した。隈研吾氏による「一本のヒノキ」をモチーフとした外観デザインが目を引く。再開発事業には事業協力者・参加組合員として三井不動産レジデンシャルが参画。設計は日建設計グループ、施工は大成建設が担当した。




■建築概要■
■工事名称/赤坂九丁目北地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事
■工事場所/東京都港区赤坂九丁目313番ほか
■建築主/赤坂九丁目北地区市街地再開発組合
■設計・監理/日建設計、日建ハウジングシステム
■デザイン監修/隈研吾建築都市設計事務所
■土木設計/日建設計シビル
■施工/大成建設株式会社東京支店
■敷地面積/4,664.65m2(私道8.41m2含む)
■建築面積/1,887.63m2
■延べ床面積/44,443.25m2
■規模・構造/RC一部S造(免震・制振構造)
■地下1階地上44階塔屋2階建て
■主要用途/共同住宅(319戸)、公益施設
■工期/2015年2月26日~2018年2月26日

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。