特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

神戸開港150年  [2017年1月27日]

 17年1月1日、神戸港が開港150年を迎えた。1868年の開港以来、国民生活や産業基盤を支え、世界を代表とする国際貿易港として大きく成長。今では大阪港とともに国際コンテナ戦略港湾「阪神港」に位置付けられ、港湾機能の一層の強化が図られている。神戸市みなと総局の吉井真局長に神戸港が果たしてきた役割や将来の港づくりを聞いたほか、国際競争力の強化に向けた施策や新たなにぎわいづくりにつながるプロジェクトを探った。開港150年を記念し、メリケンパークなどで多彩なイベントが繰り広げられる。

このジャンルの最新記事

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む