特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

順天堂大学医学部附属浦安病院3号館 完成  [2017年7月10日]

 千葉県浦安市で進められていた順天堂大学浦安病院増改築工事が完成、きょう新たに3号館が開院する。基本設計・監修を日本設計、設計・施工を清水建設が担当。高度な医療の展開に加え、免震構造とし災害時に地域の人々が一時避難できるようになっており、有事での災害拠点病院としての活躍が期待される。
■建築概要■
■施  設  名/順天堂大学医学部附属浦安病院3号館
■工事場所/千葉県浦安市富岡2-1-1
■建  築  主/学校法人順天堂
■基本設計・監修/株式会社日本設計
■設     計/清水建設株式会社一級建築士事務所
■施     工/清水建設株式会社千葉支店
■敷地面積/19,834.72m2
■延床面積/18,907.83m2
■構造・規模/本棟:S造RCST構法 地下1階地上9階 駐車場棟:S造2階
■工     期/2015年11月1日~2017年5月15日

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む