特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

国のかたちを考える-建設産業変革のシナリオ  [2017年10月13日]

 建設産業が大きな変革の時を迎えている。日本経済を持続的に発展させ、社会基盤の整備・更新を進めていく上で、建設産業の役割は大きい。基幹産業として、次代を担う人材の確保・育成に不可欠な「働き方改革」に取り組みながら、そうした社会的要請に応えていかなければならない。従来の延長線上にとどまっていては解決が難しい課題も多く、今こそ官民を挙げた取り組みを推進していく必要がある。
 「国のかたち」とは、国民が安全で安心して暮らせるための国土・社会基盤づくりに加え、その役割を担う建設産業が健全に発展していくことで形成され、経済の安定成長とも密接に連動する。  経済財政や地方創生、社会資本整備と政治、これからの働き方などさまざまな「かたち」を捉え、現状の分析とともに今後のあり方を展望する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む