特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

ESR尼崎ディストリビューションセンター 完成  [2020年7月15日]

 物流不動産開発・運営大手のESRが兵庫県尼崎で開発を進めていたダブルランプ形式のマルチテナント型物流施設「ESR尼崎ディストリビューションセンター」が完成した。国内最大、アジアでも最大級規模物流施設で関西圏に加え東日本、西日本向け配送の戦略的拠点となる。最新の設備とアメニティを導入し、再生可能エネルギーも活用するなど環境負荷の低減にも配慮。満床時には数千人規模の雇用創出が見込まれる。設計・監理は大成建設、施工は大成・長谷工・錢高・ノバック・神鋼興産建設JVが担当した。
■建築概要■
■工事名称:ESR尼崎DC計画
■所在地:兵庫県尼崎市末広町1-5-1
■発注者:RW尼崎特定目的会社
■敷地面積:194,428.20m2
■建築面積:66,107.01m2
■延床面積:388,570.08m2
■構造:柱RC造、梁S造、ブレース付きラーメン構造、高支持力既製杭
■階数:地上6階
■企画設計:ESR株式会社
■設計:大成建設株式会社一級建築士事務所、(ラウンジ・託児所)タカトタマガミデザイン株式会社、(ランドスケープ)a+L/渡辺美緒デザイン事務所
■監理:大成建設工事監理一級建築士事務所
■施工:大成・長谷工・錢高・ノバック・神鋼興産建設特定建設工事共同企業体
■工期:2018年3月~2020年6月

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。