特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

世界貿易センタービルディング南館完成  [2021年3月25日]

 港区のJR浜松町駅西口で「世界貿易センタービルディング南館」がきょう完成を迎えた。同ビルは大規模開発「浜松町二丁目4地区A街区」の初弾工事で、地下3階地上39階建て延べ9万5239m2の超高層オフィスビルとなる。新世代制震ダンパーなどを採用し、高い安全性を確保した。今年中に現在の世界貿易センタービルディング本館の解体が始まり、全体竣工は2027年を予定。同街区全体で国際競争力の強化を図る。設計・施工を鹿島が担当した。

■建築概要■
■工事名称:(仮称)浜松町二丁目4街区A3棟建設工事
■工事場所:東京都港区浜松町二丁目4-1
■事業者:株式会社世界貿易センタービルディング、鹿島建設株式会社、東京モノレール株式会社、渡邊倉庫株式会社
■基本設計:株式会社日建設計・鹿島建設株式会社
■実施設計・監理:鹿島建設株式会社
■施工:鹿島建設株式会社
■敷地面積:3,195.310m2
■建築面積:2,881.464m2
■延床面積:95,239.380m2
■用途:事務所、店舗、都市計画駐車場など
■構造:地下SRC造、S造、地中連壁、地上S造
■階数:地下3階、地上39階
■工期:2017年9月1日~2021年3月25日(43カ月)

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。