BIMの課題と可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

BIMの課題と可能性・35/樋口一希/建築主にとってのBIM運用・1  [2014年10月2日]

北里大学病院 新病院特設サイト http://www.kitasato-u.ac.jp/khp/newhospital/index.htm

コア&シェル:エレベータや設備の縦配管など建物の上下に繋がるものを中央部のコアと外周部のシェルに集約し、その他の部分はフレキシブルに間仕切り変更などができる空間とする計画。「成長する病院」を実現するために採用した。

 日建設計と竹中工務店がBIM運用でチームを組み参画した学校法人北里研究所の新大学病院(相模原市)プロジェクト。14年5月7日のオープンを受けて北里大学病院へのヒアリングから取材はスタートした。


 □建築主(北里大学病院)の側がBIMの有効性を事前に認識してBIM運用を打診してきた□


 日建設計への事前調査で、北里大学病院側から「BIMを採用して欲しいとの要望」があったのを確認した。建築主はBIM運用の最も重要なプレーヤーでもあるが、その意向が建築専門メディアで公になるケースはほとんどない。オープンから2カ月が経過し、新病院も本格稼働し始めた7月、新病院事務局を訪ねた。

 「プロジェクト参入を目指し、接触してきた建設業者にはBIMのメリットを訴求してくるものもあった。プロジェクト担当者も国内外の病院建築などの事例を調べる中で、建築主にとってのBIM運用のメリットに気付き始めていた。

 看護に必要な稼働スペース、医療機器の設置・配置環境、関係者の動線などは図面だけで確認できない。院内で働くさまざまなスタッフとの合意形成に際してBIMによる『見える化』は大きな効果があった。

 新病院のテーマは『成長する病院=医療を取り巻くさまざまな外部環境の変化の中で、自ら成長し続ける病院であること』。今後、40年近く稼働するのだから、施設管理面でもBIMによる3次元データは必要不可欠。壁の中の設備配管などが視認できたのは新鮮な驚きだった」。新病院プロジェクト本部副本部長を務めた北里大学病院副院長・経営・新病院・広報担当の渋谷明隆氏は、こう振り返る。

 「BIM採用への要望」を受けて、日建設計では基本設計段階からBIMを導入した。


 □新病院プロジェクトで蓄積したノウハウ・経験を基に特記仕様書でのBIM運用明記に至る□


 オートデスク社のウェブサイトに、建設中のさいたま赤十字病院(埼玉県さいたま市)でのBIM運用に関する情報が掲載されている。

 そこには「日建設計は、発注者の日本赤十字社に工事の発注条件として、施工時に『3D総合図の作成』を義務づけることを提案した。日本赤十字社は了承し、工事入札の特記仕様書に盛り込んだ」(一部抜粋)と記されている。

 「(BIM採用を)特記仕様書に盛り込む」に至り、設計者・施工者協働によるBIM活用に取り組んでいるのが、医療施設の設計を数多く手掛ける日建設計の医療チームだ。


 □BIMモデル構築を施設整備における事業費と捉え、いかに建築主の理解を得るのか□


 北里大学病院の新病院プロジェクトでは、関係者間で合意に至るには時期尚早であり、「BIM採用」について仕様書などのドキュメントには残していない。さいたま赤十字病院のケースでは、見積もり図書にも「BIM関連項目」を明記し、建築主に提示、了解を受けている。

 膨大なBIMモデルを誰がいかに入力し、運用管理し続けるのか。そのための費用を建築主に提示し、事業費の一部として考えてもらうのか。それらはルール化されておらず、本事例とは異なる方針でBIM運用する組織もある。

 いずれにしろ、建築主も交えてBIM論議が本格化する段階となったのは確かだ。

 次回は、竹中工務店、サブコンの立場からのBIM運用の実際について報告する。

 〈アーキネット・ジャパン事務局〉(毎週木曜日掲載)

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。