特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

京都大学iPS細胞研究所第3研究棟 完成  [2017年5月22日]

 国立大学法人京都大学が、15年4月から建設を進めてきた「京都大学(南部)iPS細胞研究所第3研究棟新営その他工事」がこのほど竣工し、5月22日に待望の開所を迎える。10年竣工の本館、15年竣工の第2研究棟に次いで、京都大学iPS細胞研究所で3番目の拠点となる同研究棟では、細胞調製や創薬に至るまでのさまざまな研究・開発を展開。主に基礎研究などを担う本館との相互的な連携を図ることで、iPS細胞研究のさらなる加速と新たな治療法の開発・提供が期待されている。基本設計・監理は京都大学施設部、実施設計は内藤建築事務所(建築)、新日本設備計画(設備)、施工は松村組(建築)、住友電設(電気設備)、新日本空調(機械設備)がそれぞれ担当。関係者が一丸となって厳しい施工条件を克服し、高品質の建築を完成させた。
■建築概要■
■工  事  名/京都大学(南部)iPS細胞研究所第3研究棟新営その他工事
■建  物  名/京都大学iPS細胞研究所第3研究棟
■建  設  地/京都市左京区聖護院河原町53
京都大学医学部附属病院西構内
■発  注  者/国立大学法人京都大学
■基本設計・監理/京都大学施設部
■基本・実施設計/株式会社内藤建築事務所
■設 備 設 計/株式会社新日本設備計画
■施     工/株式会社松村組(建築)
住友電設株式会社(電気設備)
新日本空調株式会社(機械設備)
■建 築 面 積/1219.61m2
■延べ床面積/7673.48m2
■構造・階数/RC造地下2階地上5階建て
■工     期/2015年2月17日~2017年2月28日

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。