BIMのその先を目指して・47/樋口一希/ビル風を可視化する熊谷組のVR技術

2018年4月5日 BIMのその先を目指して

文字サイズ

 工程最上流の企画立案段階での建築主へのプレゼンテーション、設計段階での技術支援から施工現場での合意形成や安全管理まで建築分野においてVirtual Reality(VR)技術の応用範囲が広範な拡がり…

残り 1834文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン

同一ジャンルの最新記事