logo90anniv

創刊90周年記念シンポジウム参加者募集

国のかたちを考える

-これからの社会基盤づくり-

 日刊建設工業新聞社は9月5日(水)、創刊90周年記念シンポジウム「国のかたちを考える」を東京都千代田区内幸町のイイノホール&カンファレンスセンターで開催します。

 サブテーマは「これからの社会基盤づくり」。本格的な少子高齢化時代の到来や高い確率で発生が予想される巨大地震への対応など、さまざまな課題への対応に迫られている日本で、都市と地域が持続可能な発展を遂げていくには社会基盤整備でどのような戦略や仕組みが必要なのか。地域づくりや観光振興の在り方も含め、各界の識者が「これからの日本」を展望します。新進気鋭のロボットクリエーターに発展めまぐるしいロボット技術が暮らしや産業活動をどう変えていく可能性があるのか、ベストセラー作品を生み出した人気の漫画家に社会基盤を形づくる仕事への思いも語ってもらいます。

 

主催:日刊建設工業新聞社

9月5日(水)13:00~17:30(12:30受付開始)

会場:イイノホール&カンファレンスセンター

 千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング

定員500名 入場無料(事前申し込み必要)

 

■記念講演

「ロボット時代の創造」

高橋智隆氏 ロボットクリエーター

株式会社ロボ・ガレージ社長、東京大学先端科学技術研究センター特任准教授、大阪電気通信大学情報学科客員教授。代表作にロボット電話「ロボホン」、ロボット宇宙飛行士「キロボ」、デアゴスティーニ「週刊ロビ」など。ロボカップ世界大会で5年連続優勝

■トークセッション

「『漫画 君たちはどう生きるか』に込めた思い」

羽賀翔一氏 漫画家

代表作は『インチキ君』『ケシゴムライフ』『昼間のパパは光ってる』など。2017年8月発刊の『漫画 君たちはどう生きるか』は発行部数200万を超える大ヒットに。『ケシゴムライフ』と『昼間のパパは光ってる』の新装版が4月にマガジンハウスから発売された

■基調講演Ⅰ

「人口減少時代を生き抜く知恵」

増田寛也氏 野村総合研究所顧問

建設省(現国土交通省)を退官後、岩手県知事(3期)、総務大臣、内閣府特命担当大臣などを歴任。2009年4月から現職。東京大学公共政策大学院客員教授。主な著書に『東京消滅―介護破綻と地方移住』『地方消滅 東京一極集中が招く人口急減』など

■基調講演Ⅱ

「人口減少時代を生き抜く知恵」

デービッド・アトキンソン氏 小西美術工藝社社長

奈良県立大学客員教授、三田証券社外取締役、元ゴールドマンサックス証券金融調査室長。主な著書に『新・観光立国論』『新・所得倍増論』『新・生産性立国論』など。政府への提言を続ける一方、各地の観光振興に奔走する

■パネルディスカッション

「これからの社会基盤づくり」

〈パネリスト〉

増田寛也氏

デービッド・アトキンソン氏

羽藤英二氏

東京大学教授。専門は都市工学。広島大学卒。愛媛大学を経て2012年9月から現職。経済財政諮問会議専門委員、岩手県津波復興技術検討会議委員を歴任。長崎駅基本設計、道後温泉飛鳥乃湯泉基本設計、池袋アートカルチャー構想、鄭州新都市設計などを手掛ける。世界交通学会02Bursary Prize、土木学会論文賞、グッドデザイン賞などを受賞

真田純子氏

東京工業大学環境・社会理工学院准教授。専門は緑地計画史、景観工学。東京工業大学大学院博士課程修了。徳島大大学院ソシオテクノサイエンス研究部助教を経て、2015年10月から現職。農村の石積み技術を継承しようと2009年に石積み修行を開始し、2013年に「石積み学校」を始める

〈モデレーター〉

木場弘子氏

千葉大学教育学部を卒業後、TBSにアナウンサーとして入社。在局中は同局初の女性スポーツキャスターとして『筑紫哲也ニュース23』など多数のスポーツ番組を担当。1992年フリーランスに。各界トップへのインタビューは300人を超える。生活者の視点を大切に現在、七つの省庁で審議会メンバーを務める。昨年、予防医学指導士の資格を取得

 

お申し込み方法

以下の必要事項にお答えの上、はがき・FAX・WEBのいずれかでご応募ください。

①郵便番号・住所

②氏名(ふりがな)

③年齢

④職業(企業・団体名)

⑤電話番号(携帯可)

⑥参加人数(5名まで)

⑦メールアドレス(任意)

はがき

〒102-0074

東京都千代田区九段南1617千代田会館5F

毎日企画サービス「社会基盤づくりシンポジウム」係

※当日消印有効

FAX

03-6265-6837「社会基盤づくりシンポジウム」係

応募締切:8月10日(金)23:59まで

WEB

https://www.mainichi-ks.jp/form/oubo180905/

barcode応募締切:8月10日(金)23:59まで

注意事項

  • 応募者多数の場合は抽選。当選者の発表は招待はがきの発表をもって代えさせていただきます。
  • 個人情報は適切に管理し、本シンポジウムの連絡のみに使用します。
  • 出演者などは、予告なく変更する場合があります。
  •   

お問い合わせ

「社会基盤づくりシンポジウム」事務局(株式会社毎日企画サービス)TEL03-6265-6813(平日10:00~17:00)

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む