行事

ユーラスエナジーHD/六カ所村ソーラーパーク(青森県)が完成/国内最大 [2015年11月11日6面]

 ユーラスエナジーホールディングスが青森県六ケ所村に建設を進めてきた国内最大の太陽光発電所(メガソーラー)となる「ユーラス六カ所村ソーラーパーク」が完成し、10日に現地で竣工式が行われた。風力発電事業を主軸に展開する同社にとって、青森県内では初めての大規模太陽光発電施設。新むつ小川原開発地区(約253ヘクタール)の鷹架地区に30万2000枚、千歳平北地区に21万1000枚もの太陽光発電パネルをそれ...続きを読む

ゼネコン女性交流会/御茶ノ水駅付近耐震補強工事現場見学会開く [2015年11月10日3面]

 ゼネコンなどに勤務する女性社員の有志で運営する「ゼネコン女性交流会」が6日、JR御茶ノ水駅周辺(東京都千代田区)で行われているのり面耐震補強工事の現場で見学会を開いた。10回目となる今回の会合の幹事は東鉄工業が担当。約100人の参加者が、屋形船に乗って神田川から工事の様子を見学した=写真。
 見学したのは「御茶ノ水駅付近防災対策工事」。JR東日本が発注し、設計はジェイアール東日本コンサルタンツ...続きを読む

全鉄筋/都内で50周年記念式典開く/トップランナーで走り続ける [2015年11月6日1面]

 全国鉄筋工事業協会(全鉄筋、内山聖会長)は5日、創立50周年記念式典を東京都千代田区のホテルグランドアーク半蔵門で開催した。鉄筋職人たちの未来を予測した寸劇を会員企業の若手らが上演。職人気質などをテーマにしたパネルディスカッションも行い、半世紀の節目を祝った。
 式典には傘下の全国の協同組合の幹部をはじめ、来賓として斉藤鉄夫、佐藤ゆかりの両衆院議員、木暮康二国土交通省官房審議官、広畑義久厚生労...続きを読む

清水建設北陸支店/玉川こども図書館(金沢市)に絵本寄贈/海外から収集の213冊 [2015年11月5日8面]

 清水建設北陸支店は4日、金沢市の市立玉川こども図書館(玉川町)に海外から集めた外国語の絵本213冊を寄贈した。小松洋平庶務グループ長らが図書館を訪れ、明星敏浩館長に絵本を手渡した=写真。
 支店に近い同図書館への絵本寄贈は、社会貢献活動の一環として09年から行われている。シンガポールにある国際支店に協力してもらい、現地スタッフの子どもたちが読んでいた英語や中国語などの絵本を集めた。寄贈した海外...続きを読む

建設技術展2015近畿が開幕/10月29日まで、本社・近畿建設協会主催 [2015年10月29日1面]

 日刊建設工業新聞社と近畿建設協会が主催する「建設技術展2015近畿」(特別共催・土木学会関西支部)が28日、大阪市中央区のマイドームおおさかで始まった。29日までの2日間、153の企業・団体が9分野に分かれ、500に上る新技術や新工法などを紹介する。 =10面に詳しく
 開会式は午前9時30分から行われ、主催者と特別共催者、出展者代表、来賓によるあいさつに続き、水野谷博之日刊建設工業新聞社取締...続きを読む

阪神高速会社/大和川線トンネルがっこう開く/堺市の小学生108人招待 [2015年10月27日10面]

 阪神高速道路会社は23日、建設中の阪神高速大和川線で、沿線の小学校を対象に「大和川線トンネルがっこう」を開いた。沿線の小学校を招き、身近な社会資本整備や土木技術について理解を深めてもらおうと11年度から毎年実施しているもので、今年は堺市立五箇荘東小学校の6年生108人が訪れ、巨大な地下構造物に見入っていた。
 訪れた現場は、遠里小野第2工区開削トンネル工事(施工=清水建設・奥村組JV)の現場。...続きを読む

日建連/北九州市でけんせつ小町現場見学会開く/なでしこチームが小中学生案内 [2015年10月27日11面]

 日本建設業連合会(日建連)は24日、北九州市八幡東区山王で奥村組が施工中の同社九州支店社屋・寮新築工事現場で「けんせつ小町活躍現場見学会」を開いた=写真。県内外から女子小中学生とその保護者、兄弟29人が参加。建設現場の女性で構成する「なでしこ工事チーム」の一つである「八幡ひまわり」のメンバーの案内で現場を見学し、作業などを体験。和やかな雰囲気で建設現場で働く女性らとの交流を楽しんだ。
 見学会...続きを読む

東北整備局/宮古盛岡横断道・蟇目腹帯工区で安全祈願祭開く/施工は大豊建設JV [2015年10月23日6面]

 国道106号を復興支援道路として高規格化する宮古盛岡横断道路のうち、岩手県宮古市の蟇目腹帯(ひきめはらたい)工区で21日に安全祈願祭が開かれた。
 同工区はトンネル2本、道路改良、橋梁下部工が連続する大ロット現場で、施工は大豊建設・佐田建設特定JVが担当。腹帯第2トンネルの掘削開始を機に、関係者による鍬入れが行われた。
 国道106号は内陸の盛岡市と沿岸の宮古市を結ぶ重要インフラだが、腹帯地...続きを読む

明治神宮薪能開く/安藤ハザマが奉納協賛/2000人を魅了 [2015年10月14日3面]

 安藤ハザマが奉納協賛する第34回「明治神宮薪能」が12日、東京都渋谷区の明治神宮で行われた=写真。拝殿前の特設舞台で、仕舞「道明寺」「山姥」、狂言「止動方角」、能「羽衣」を上演。かがり火のたかれた荘厳な雰囲気の中、約2000人の観客が名人の芸に酔いしれた。
 増田正造武蔵野大名誉教授が演目を解説した後、東京国立博物館の佐藤禎一名誉館長と安藤ハザマの小野俊雄代表取締役会長が薪に火を入れ、舞台が始...続きを読む

吹田サッカースタジアム(大阪府吹田市)が完成/竣工記念イベント開く/建設募金団体 [2015年10月14日10面]

 プロサッカーJ1ガンバ大阪の新サッカー専用スタジアム建設費を企業やサポーターから寄付金を募っていた「スタジアム建設募金団体」は10日、大阪府吹田市千里万博公園に完成した「市立吹田サッカースタジアム」で神事と式典、イベントを開いた。
 国際試合も行える4万人収容のスタジアム建設事業では、コンストラクション・マネジメント(CM)業務を安井建築設計事務所が、設計・施工を竹中工務店が担当した。
 神...続きを読む

鹿島/社内報企画コンペで3年連続の受賞/都内で表彰式、チームワークが成果 [2015年10月7日3面]

 第14回全国社内報企画コンペティション(主催=ナナ総合コミュニケーション研究所)の表彰式が2日に東京都内で開かれ、最優秀作品に選ばれた鹿島の社内報・広報誌「月報KAJIMA」などが栄誉を受けた。今年は過去最多となる523企画の応募があり、六つの部門ごとにゴールドやシルバーなどの各賞が選定された。
 8ページ以上の特集・単発企画部門で、ゴールド企画賞の中でも第1位の評価を得たのは、月報KAJIM...続きを読む

JR九州/六本松複合ビル新築(福岡市中央区)が起工/九州大学跡地、施工は大林組 [2015年10月7日11面]

 JR九州が九州大学六本松キャンパス跡地で計画していた「六本松複合ビル(仮称)新築工事」が着工を迎え、6日に安全祈願祭が開かれた。設計は山下設計、施工は大林組が担当する。
 式典では、JR九州の青柳俊彦社長が鎌入れ、高島宗一郎福岡市長が鍬入れ、山下設計の藤田秀夫副社長が鋤入れを行い、大林組の森下高好所長の介添えで杉山直副社長執行役員が杭打ちを行い、工事の安全を祈願した。
 神事後、建築主を代表...続きを読む

LIXIL千葉支社/千葉県船橋市で働き女子ラボ開く/地場工務店の女性社員参加 [2015年9月30日5面]

 LIXIL千葉支社は28日、千葉県船橋市のショールームで、地場のホームビルダーで働く女性社員を対象にしたスキルアップセミナーの第3回「働き女子ラボ」を開いた。約40人が参加。住空間のデザインなどを手掛ける長谷川矩祥氏を講師に招き、顧客との打ち合わせで活用できるインテリアの「スピードスケッチ」のスキルを学んだ=写真。このほか、キッチンの開発に携わる同社LKT開発部の溝田知子氏が「LIXILものづく...続きを読む

土木技術者女性の会西日本/和歌山県内で現場見学会開く/17人参加、高架橋工事 [2015年9月30日14面]

 土木技術者女性の会西日本支部(村上育子支部長)は25日、和歌山市・和歌山県岩出市で建設が進む京奈和自動車紀北西道路の雄ノ山高架橋で現場見学会を開催した。
 雄ノ山高架橋工事は、急峻(きゅうしゅん)な山間部である雄ノ山峠付近に新しく和歌山ジャンクション(仮称)を建設して阪和自動車道と接続するため、地形条件や交差条件が大変厳しく、近畿地方整備局管内でも類を見ない長大橋梁を国施行分だけでも7橋建設す...続きを読む

九州整備局、福岡県/女性技術者登用現場で見学会開く/21人参加、意見交換も [2015年9月29日11面]

 九州地方整備局と福岡県は25日、女性技術者を登用している現場の見学会を開いた=写真。見学の対象となった工事は、九州整備局発注の「国道3号電線共同溝工事(東比恵その2地区)」と福岡県発注の「那珂川水系那珂川五ケ山ダム築堤建設工事」。見学会後には、見学により得られた意見やアイデアを踏まえて意見交換会を行った。
 見学会には九州整備局から8人、福岡県から13人の計21人の女性技術者が参加。見学会では...続きを読む