論説・コラム

回転窓/富士の冬支度 [2020年10月22日1面]

 朝晩の冷え込みが厳しくなり、冬物への衣替えを進めている方も多かろう。自宅から見える富士山も雪化粧が裾野の方へと徐々に広がり、冬支度が進んでいるかのようだ▼日本人にとって特別な山である富士を国内外に広く知らしめたものとして、浮世絵の「富嶽三十六景」が挙げられるだろう。江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の代表作。19世紀に起こったジャポニスム(日本趣味)などにより、海外にも作品が知れ渡った▼色鮮やかに、巧...続きを読む

回転窓/橋梁の崩落事故を想う [2020年10月21日1面]

 橋の中央部分が長さ48メートルに渡って約20メートル下の河川に落下。朝の通勤時間帯に起きたこの惨事で走行中のバスの乗客や乗用車の運転手など32人が死亡した▼26年前の10月21日、韓国・ソウル市内を流れる漢江に架かる聖水大橋で発生した橋梁の崩落事故。長さ1160メートル、幅員19・4メートルの4車線の道路橋で、7径間鋼製トラス桁の中央のつり桁部分の一部が崩落した▼事故は溶接不良が主因とされ、高張...続きを読む

回転窓/秋の行楽シーズン [2020年10月20日1面]

 10月も半ばを過ぎ、朝晩の冷え込みが気になり始めた。街を行き交う人に上着を羽織る人が増え、アースカラーの着こなしに秋の深まりを感じる▼暦の関係などもあり今年の秋は3連休が少ない。10月はゼロ、11月も1度だけと寂しい。Go Toトラベルなど旅行を後押しする施策が展開されているものの、「新型コロナウイルスが心配」と遠出に二の足を踏む人も多かろう▼苦境にあえぐ地方の観光地。影響は食肉業界にも及んでい...続きを読む

熊谷組/医療従事者に感謝のメッセージ/病院増築現場に看板設置 [2020年10月19日1面]

 熊谷組は、神奈川県鎌倉市で手掛けている湘南鎌倉総合病院の増築プロジェクト現場に、新型コロナウイルスの患者などに対応している医療従事者への謝意を示す看板を設置した=写真。職長会との連名で、敬意と感謝とともに「感染が一日も早く収束する日を切に願っています。みなさまも体調には十分お気をつけ下さい」とつづっている。
 同工事の発注者は沖縄徳洲会。先端医療センターや救命救急センター・外傷センターなど4棟...続きを読む

東京メトロ/銀座駅(東京都中央区)リニューアル完了/光で銀座らしさ演出 [2020年10月19日1面]

 東京メトロの銀座、丸ノ内、日比谷の各線が乗り入れる銀座駅(東京都中央区)のリニューアルが完了し、16日に供用を開始した。工事は2017年に着手。ホームや改札などを全面的に改装するとともに、ライトアップをふんだんに取り入れ、日本を代表する繁華街・銀座にふさわしい華やかで上品な空間に生まれ変わった。=4面に関連記事
 リニューアル工事の設計は日建設計が担当した。施工は大成建設。銀座駅は銀座線と丸ノ...続きを読む

回転窓/GoToできない修学旅行 [2020年10月19日1面]

 市立小学校の全児童が近所の総合公園へ遠足に出掛けていた。グループに分かれて学年を越えて交流し、お弁当を広げ、レクリエーションの合間におやつを食べて1日を過ごした▼コロナ禍で学校は一大イベントの修学旅行を短縮したり、社会科見学を中止せざるを得なかったりした。そこで学校再開後の行事予定に追加したのだと聞いた▼この市の首長が「修学旅行を中止した自治体はもう一度考え直してほしい」とSNS(インターネット...続きを読む

回転窓/デジタル通貨 [2020年10月16日1面]

 「精算方法を変えて正解だった」という話を以前、企業の経理担当者から聞いた。交通費などを現金で精算していたが、外回りが多い営業担当者らに渡すタイミングが難しかった。現金を数える手間やミスの懸念もあり、まとめて銀行振り込みする方法に変更したそうだ▼その後、コロナ禍に突入。結果的にリモート対応可能な体制になっていたため、精算の遅れなどを防げた。10月にデジタル明細の規定が緩和された。法人カードで電子決...続きを読む

回転窓/成長の証 [2020年10月15日1面]

 建材や家具はもちろん、ギターなど楽器の材料としても欠かせない木材。種類の違いや切り出す部位などによって音質に影響を与えるほか、木目の模様がデザインの良しあしにも関係してくる▼虎柄の木目(通称・トラ目)のギターは、見た目の派手さなどから、多くのミュージシャンの愛器となっている▼木の成長過程にできる年輪が木目となり、切り方などで木目の見え方もさまざま。木目の間隔が均等な柾目(まさめ)は伸縮・膨張の差...続きを読む

回転窓/ミラノの風景 [2020年10月14日1面]

 翻訳家で大学教授だった須賀敦子さんが初の随筆集『ミラノの風景』(白水社)を出版したのは61歳の時。数年前この本を読んで、20年近く前の体験をここまで深い内省を込めて語れるのかと驚いた▼須賀さんのイタリア生活は29歳から13年間に及ぶ。小さな書店で仕事を見つけ、仲間と語らい、そして夫との出会いと死別。そんな出来事が昨日のように新鮮かつ客観的に描かれている▼「私のミラノは狭く、やや長く、臆病に広がっ...続きを読む

回転窓/日常と非日常 [2020年10月13日1面]

 例年は5月末~6月初めに開催されるテニスの国際大会・全仏オープン。コロナ禍で試合が延期され、先週末に男子シングルスの決勝戦が行われた▼優勝したのは赤土の王者、スペインのラファエル・ナダル選手。四大大会20度目の制覇で全仏は13度目。決勝で通算100勝を達成したが、全仏では過去2敗しかしておらず、勝率は驚異の98%に達する▼新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で閉塞(へいそく)感が漂う...続きを読む

回転窓/離れて集まる [2020年10月12日1面]

 ウィズコロナ時代の「新しい生活様式」を踏まえた旅の在り方を普及・定着させる「Go Toトラベル」。1日から東京都を目的地とした旅行と東京都に住む人の旅行も対象に加わった。キャンペーンを機に活気を取り戻した観光地も多いという▼キャンペーンの利用は「新しい旅のエチケット」に従った行動が条件。安全・安心な旅が楽しめるよう旅行者目線で感染防止の留意点などがまとめてあるそうだ▼旅行だけでなく仕事やイベント...続きを読む

回転窓/買い物の持続可能性 [2020年10月9日1面]

 インターネット通販や食事の配達を見掛ける機会が増えた。経済産業省によると、2019年の消費者向け電子商取引市場規模は19・4兆円で、前年比7・7%の増加。新型コロナウイルスの影響で20年はさらに伸びそうだ▼若者にとっては容易だが、インターネットが苦手な高齢世帯らにとってはなかなかハードルが高い。そうした中でここ数年増えているのが移動販売車だ▼兵庫県西脇市の比延地区では地域ボランティアが中心となり...続きを読む

回転窓/刺激的な街とは [2020年10月8日1面]

 うちの町には繁華街がないから、いまだに新型コロナウイルスの感染者はゼロ-。ある自治体の首長と雑談した時の言葉には、パンデミック(世界的大流行)の難を逃れて安堵(あんど)しただけでなく、寂れゆく地元の行く末を案じる心情がにじみ出ていた▼国内では今春以降、東京といった大都市圏を中心に感染者が急増し、接待を伴う飲食店など「夜の街」関連の感染リスクの高さがひときわ目立った。地方にも徐々に感染が拡散。都道...続きを読む

回転窓/偽装一人親方 [2020年10月7日1面]

 今年は東京湾でマダコが豊漁という。江戸前のタコは味や希少性から「東京湾の宝石」とも言われる▼専門家によればタコの成長には2年程度かかる。今回の豊漁は2年前の2018年に大雨が少なく湾内の塩分濃度が高くなったことが背景にあるそう。黒潮の大蛇行による海水温の変化も理由のようだが詳細は分からないという。ともかくおいしいタコが安価に食べられるのはありがたい▼数年前までスーパーに並ぶタコは輸入ものばかりだ...続きを読む

回転窓/問われる決断力と発信力 [2020年10月6日1面]

 1年前の日本はラグビーワールドカップ(W杯)の熱戦が各地で繰り広げられ、日本代表チームの躍進に多くの人が夢中になっていた▼熱狂の日々から1年。新型コロナウイルスの脅威はいまだ収まらず、日本はもちろん世界中が対応に苦慮している。週末には日本を代表するファッションデザイナー、高田賢三さんが新型コロナの合併症によりフランス・パリ郊外の病院で亡くなったというニュースが届いた▼来夏に延期された東京五輪・パ...続きを読む
1 2 3 4 5 112