梓設計75周年

2021年10月11日 特集

文字サイズ

「おおらか」にして「雅び」強く貫く「力」あり、凛と立つ「梓の木」。
75年前、創設者清田はその木に建築に対する熱い思いを重ね合わせ事務所名としました。
創設以来常に新しいことに挑戦し、その次代その次代で求められる最適な建築を追求してきました。次の時代にも、梓の木のごとく強い新年で取り組んで参ります。

同一ジャンルの最新記事


2022年8月5日