特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

独立行政法人国立印刷局 赤羽宿舎 完成  [2021年10月15日]

 国立印刷局がPFI事業として東京都北区で整備を進めていた赤羽宿舎が完成した。建物はA・B・Cの3棟構成で、居室数は独身者用、単身者用、世帯用あわせ計277戸。立体駐車場も備えている。本事業の実施に当たってはBTO(建設、移管、運営)方式を導入。事業代表企業の大成ユーレックが設計と施工、浦野設計が工事監理をそれぞれ担当し、引き渡し後は所有権を印刷局に移管し、大成有楽不動産が事業期間の2032年3月末まで維持管理を行う。
■建築概要■
■工事名称:国立印刷局赤羽宿舎(仮称)整備事業
■工事場所:東京都北区赤羽西5-3
■発注者:独立行政法人国立印刷局
■事業主:大成ユーレック株式会社(PFI事業)
■敷地面積:9,401.11m2
■建築面積:3,840.28m2
■延床面積:17,367.38m2
■構造:プレキャスト鉄筋コンクリート(PC)造
■階数:地上10階
■設計:大成ユーレック株式会社一級建築士事務所
■工事監理:株式会社浦野設計
■施工:大成ユーレック株式会社
■工期:2019年12月1日~2021年10月15日

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。