特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

2022年九州支社新春企画  [2022年1月12日]

九州エリアは昨年も局部集中で襲う豪雨が発生するといった自然の猛威にさらされた。2017年から19年まで企画部長として従事し、昨年7月、2年ぶりの九州地方整備局赴任となった藤巻浩之局長は、気象的な厳しさを改めて実感する一方、各種インフラ整備によるストック効果が発現していることにも言及する。本特集では藤巻局長インタビューとともに、九州エリアの事業を展望する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。