デジタルで建設をDXする


2022年8月18日

デジタルで建設をDXする・71/樋口一希/コンクリート数量の自動算出システム

 長谷工コーポレーションは、長谷工版BIM(※1)によって作成した設計データとビジュアルプログラミングツールであるDynamo(※2)を連携し、図のように指定した範囲内のコンクリートの立方メートル数を自動算出するシステムを開発した。マンション専業としての優位性を生かし、独自の優れたBIM戦略を展開する長谷工の最新動向として報告する。  □約2時間を要したコンクリート数量算出を30分程度に短縮、積算…

2022年8月4日

デジタルで建設をDXする・70/樋口一希/中銀カプセルタワービルの再建権利販売

 惜しまれつつ解体が決まった黒川紀章氏の設計による中銀カプセルタワービル(東京都中央区)。現地を訪ねた建築関係者も多いのではないか。その中銀カプセルタワービルを、話題沸騰のNFT(※1)を活用してリア…

2022年7月28日

デジタルで建設をDXする・69/樋口一希/メタバースに特化した空間デザインを研究

 サイバーエージェントは、メタバース空間における建築物や空間デザインの研究・企画・制作を目的とした専門組織「Metaverse Architecture Lab」(メタバースアーキテクチャラボ)を設立…

2022年7月21日

デジタルで建設をDXする・68/樋口一希/3DモデルをGLBファイルで出力可能に

 メガソフト(大阪市)は、自社製品で作成した3Dモデルをメタバース空間上にアップロードできる形式「GLB(※1)ファイル」として出力する新機能を開発し、提供を開始した。これによって建築に関わる3Dモデ…

2022年7月14日

デジタルで建設をDXする・67/樋口一希/BIMプレカット施工での生産性向上検証

 東急建設と野原ホールディングスは、「増築工事におけるBIMモデル活用による生産性向上の検証」において、施工BIMデータからのデジタルツイン活用・連携による乾式壁に関わる建材の精密プレカット施工とその…

2022年7月7日

デジタルで建設をDXする・66/樋口一希/点群データのクラス分類作業を効率化

 ローカスブルー(東京都渋谷区)は、LiDAR(※1)やレーザースキャナーなどで取得した点群データをオンラインで高精度にクラス分類・解析する「ScanX(スキャン・エックス)」の新バージョン「Scan…

2022年6月30日

デジタルで建設をDXする・65/樋口一希/モバイル端末スキャンマニュアルを公開

 モバイルスキャン協会は、iPhoneの最新機種に搭載されたLiDAR(※)機能を活用するための「モバイル端末スキャンマニュアル」を編集し、公式サイトからのダウンロード提供を開始した。同協会は桑山優樹…

2022年6月23日

デジタルで建設をDXする・64/樋口一希/LiDAR活用し2次元CADデータ出力

 プロノハーツ(長野県塩尻市)は、Apple社のiPhone Proなどに搭載されたLiDAR(※1)機能を援用して点群データを取得し、2次元CADファイル(DXF形式)として出力するアプリ「pron…

2022年6月16日

デジタルで建設をDXする・63/樋口一希/点群データからのBIMモデル構築を検証

三谷産業と都市再生機構は、レーザースキャナーを活用した点群データの取得とBIMモデル作成に関する共同研究を実施し、成果を発表した。  □BIMモデル構築でのレーザースキャナーの有効性と点群データからB…

2022年6月9日

デジタルで建設をDXする・62/樋口一希/SDGsとトイレを考察

 LIXILは、誰もが安心して快適に利用できるパブリックトイレを目指すウェブサイト「LIXILパブリックトイレラボ」と、公共エクステリア製品を対象としたバーチャル施工写真集「E-Real@site」を…

1 2 3 7