特集

タキイ研究農場グリーンピア新築工事竣工 [2016年4月28日]

野菜・草花種子の開発、精算、販売などを手がけるタキイ種苗が、滋賀県湖南市の同社滋賀研究農場内で進めてきた「タキイ研究農場グリーンピア新築工事」がこのほど竣工した。農場付属の社員寮として、新しい品種の開発に携わる若い研究者(ブリーダー)が入居する同施設では、「長寿命な建築を目指す」ことをコンセプトに、将来の用途変更までを視野に入れた躯体構造を採用。さらに、寮生がプライペートな時間を快適に過ごせるよう...続きを読む

森山記念病院完成 [2016年4月27日]

 東京都江戸川区北葛西で建設が進められていた「森山記念病院」が完成した。東京メトロ西葛西駅近くで質の高い医療を進めてきた旧森山記念病院および森山リハビリテーション病院の老朽・狭隘化に伴い移転新築したもので、一般病床、療養病床、地域包括病床の機能を併せ持ち、救急体制も充実させているのが特徴。設計を山下設計、施工を大成建設が担当し、周辺の住宅街に融け込む落ち着きと安心感のある佇まいを見せている。きょう...続きを読む

近畿の医療・高齢者施設企画 [2016年4月27日]

 5年前の東日本大震災、そして熊本地震。地震が発生するたびに医療施設の課題が浮上する。「2016年近畿の医療・高齢者施設企画」では摂南大学の池内淳子教授に医療施設の展望を聞くと共に医療主要プロジェクトを探った。

大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 完成 [2016年4月27日]

 三菱地所が施行する「大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業」がきょう4月27日、竣工を迎え、完成式典が行われる。注目の連鎖型都市再生プロジェクトの第3次事業として、事務所棟「大手町フィナンシャルシティ グランキューブ」と宿泊施設棟の2棟が完成した。

 事務所棟、宿泊施設棟ともに設計・監理は三菱地所設計・NTTファシリティーズ設計監理共同企業体、施工は戸田建設がそれぞれ担当した。事務所棟は...続きを読む

ALSOK稲城ビル完成 [2016年4月26日]

 ALSOKが東京都稲城市で建設を進めていた「ALSOK稲城ビル(東京研修所)」が完成した。人材育成を重要な取り組みの一つに位置づける同社が業容拡大に伴う研修内容の拡大・充実を図るため千葉県印西市にあった旧研修所を移転・新築したもので、最大200名が宿泊できる規模。施設には240名収容可能な研修室や模擬住宅・消火栓・ATM実習室など全天候型の訓練スペースが整備されており、多角化する業務に対応できる...続きを読む

オリックス守谷ロジスティクスセンター竣工 [2016年4月25日]

 オリックスが建設を進めていた「守谷ロジスティクスセンター」が完成した。茨城県常総市と守谷市にまたがる内守谷工業団地の一画に建設された物流施設。賃料を抑えるために、アメニティは必要最小限に留めた。近くを流れる鬼怒川が昨年9月に氾濫したことを踏まえて、非常用発電機を設置するなどBCP対策も万全にした。設計・監理は浅井謙建築研究所、施工は前田建設工業が担当した。

【工事概要】

■工事名称/...続きを読む

巣鴨学園巣鴨中学校巣鴨高等学校建て替え完成 [2016年4月25日]

 巣鴨学園が東京都豊島区で進めていた巣鴨中学校・巣鴨高等学校の建て替えが完成した。創立100年を超え高い教育理念を継承する同学園が、施設の老朽化に対応し、伝統と最新の教育環境を兼ね備えた新たな校舎を誕生させたもので、内部には校内にあった木をふんだんに使うなど温もりを感じさせる仕上がりとなっているのが特徴だ。設計・施工は鹿島が担当した。


【工事概要】
■施設名称/巣鴨学園巣鴨中学・巣鴨高...続きを読む

松戸市立東松戸小学校完成 [2016年4月22日]

 北総線松飛台駅前で建設が進められていた「松戸市立東松戸小学校」が完成した。松戸市が土地区画整理事業などによる児童生徒数の急増に対応するため新設したもので、隣接する公園と一体となったまちづくりの拠点として期待されている施設だ。シンプルで機能性の高さが感じられる建物には、これまでの校舎の概念を超えた、すべてが学習スペースとして機能する開放的な学習環境が創出されている。設計を久米設計、施工を東急・湯浅...続きを読む

2016土質・地盤・地下利用 [2016年4月22日]

 ぜい弱な国土に加え、巨大地震や豪雨、火山噴火など自然災害が絶え間なく発生する日本列島。「平成28年熊本地震」においても多くの尊い命が犠牲になった。地質、地盤の状況を知り、国土のどこにどのような脆弱性が潜んでいるかを事前に把握しておくことが、災害被害を最小限に食い止める近道といえるのではないか。本特集「2016年土質・地盤・地下利用」では、自然災害への備えとともに、都市や山岳地帯の地下空間の利活用...続きを読む

近畿の大都市圏企画 [2016年4月21日]

 リニア中央新幹線の開通で首都圏・中部圏・関西圏の三大都市圏は巨大都市圏へと成長するというのがスーパー・メガリージョン構想だ。
「2016年近畿の大都市圏企画」では国のスーパー・メガリージョン構想や、同構想を実現するための三大都市圏の果たすべき役割と連携方策、リニア新幹線の効果の最大化などについて意見交換したシンポジウムの内容を紹介する。

新宿ガーデン街区全体竣工 [2016年4月21日]

住友不動産が、東京都新宿区大久保で進めていた総延べ床面積約18万平方メートルの大規模再開発プロジェクト「住友不動産新宿ガーデン」が全体完成を迎えた。JR山手線の内側にある一等地に、37階建てのオフィス棟、26階建ての分譲マンション、多目的ホール、広場、保育所・商業施設などを配し、豊かな緑に囲まれた新しい街が誕生。多様な都市機能とオープンスペースを備えた本プロジェクトの設計・監理は日建設計、施工は大...続きを読む

2016年度予算特集 [2016年4月20日]

 政府の16年度予算は、一般会計が過去最大となる96兆7218億円(前年度比0.4%増)で、公共事業費には前年度に比べて26億円増とほぼ横ばいの5兆9737億円を確保した。局地的な豪雨などを踏まえた防災・減災対策やインフラの老朽化対策を計画的に推進する。安倍晋三首相は、予算効果の早期発現に向けて、15年度からの繰越分と合わせた8割を9月末までに契約する前倒しを指示。個人消費が落ち込む中、公共工事の...続きを読む

東葛病院完成  [2016年4月15日]

 つくばエクスプレス流山セントラルパーク駅前で建設が進められていた新「東葛病院」が完成した。東京勤労者医療会が旧施設の老朽・狭隘化に対応し移転新築したもので、交通利便性や自然環境に恵まれた高機能な医療施設となっているのが特徴だ。設計を山下設計、施工を前田建設工業が担当、地域の安全・安心のより所となる優れた出来栄えを見せている。あす16日に竣工式が行われ、5月1日待望の開院を迎える。

【工事...続きを読む

社会医療法人北九州病院北九州総合病院完成 [2016年4月15日]

 北九州市が進めている「城野ゼロ・カーボン先進街区内」で移転新築工事が行われていた北九州総合病院が完成した。医療ニーズの変化に対応する最新鋭の機器を導入し、360床の病室、救命救急センターなどを併せ持つ高機能病院として5月1日に開院する。医療法人北九州病院グループの基幹病院に位置づけられる新病院は、災害拠点の役割も果たし、より地域から信頼され必要とされる医療サービスの提供が期待されている。設計・監...続きを読む

北九州市立門司総合特別支援学校完成 [2016年4月15日]

 北九州市門司区矢筈町の旧門司商業高等学校跡地で建設が進められていた「門司総合特別支援学校」が完成し、4月16日に開校記念式典が開催される。北九州市が、障害の質の変化や児童生徒数の増加に対応した教育を行う特別支援学校として計画。心身症等による不登校、軽度の慢性疾患等で居住地の学校に通えない児童生徒の自立を促し、社会参加のための能力を最大限に発揮するための教育環境が整備された。建築施工は鴻池・九鉄特...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む