工事・計画

ケン・コーポ/Kアリーナプロジェクト(横浜市西区)、鹿島で着工/総延べ12万平米 [2020年8月25日5面]

 ケン・コーポレーションは横浜市西区のみなとみらい(MM)21地区で「Kアリーナプロジェクト」に着手した。2万人が収容可能な世界最大級の音楽アリーナをはじめ、ホテルやオフィスを整備する。設計は梓設計と国建、鹿島が担当。鹿島の施工で2023年7月の完成を目指す。
 建設地はみなとみらい6の2の2ほか。MM21地区60・61街区に当たる。アリーナ棟と約340室を備えるホテル棟、オフィス棟で構成。敷地...続きを読む

仙台市/本庁舎建替/8月31日に基本設計プロポ公告へ、審査員は伊東豊雄氏ら6人 [2020年8月24日6面]

 仙台市は市役所本庁舎建て替え事業で基本設計の委託先を決める公募型プロポーザルを31日にも公告する。これに先立ち24日には外部の学識者も交えた審査委員会を立ち上げ、審査員として建築家の伊東豊雄氏ら6人に委嘱。この場で審査員の意見を聞いてからプロポーザルの募集要項を詰める。11月下旬に最優秀提案者を選定し、来年2月上旬に契約を結ぶ。履行期間は2022年3月末。
 市は20年度予算で本庁舎建て替え事...続きを読む

イオン/千葉市緑区に次世代ネットスーパー計画/延べ4・3万平米、21年春着工へ [2020年8月21日5面]

 イオンはネットスーパー事業に本格参入するため、千葉市緑区に約5万品目の商品を在庫する大規模自動倉庫を建設する。英インターネットスーパー大手のオカドグループ(ロンドン、ティム・スタイナー最高経営責任者〈CEO〉)とパートナーシップ契約を結んだ。カスタマー・フルフィルメント・センター(CFC)と呼ぶ大規模自動倉庫はS造延べ4万3070平方メートルの規模を計画。2023年春の事業開始を目指し、21年春...続きを読む

東急、都市機構/渋谷駅地下に巨大雨水貯留施設が完成/集中豪雨への備え強化 [2020年8月20日1面]

 東急と都市再生機構が渋谷駅(東京都渋谷区)の東口地下に整備してきた「渋谷駅東口雨水貯留施設」が31日に供用を始める。約4000立方メートルの雨水の一時貯留が可能。東京都下水道局が管理し、増加している集中豪雨からの浸水対策に役立てる。整備主体は東急が代表者の渋谷駅街区土地区画整理事業共同施行者。東急建設・清水建設・鹿島JVが施工した。=4面に詳しく
 渋谷駅周辺はすり鉢状の地形で雨水がたまりやす...続きを読む

ワーナーブラザースジャパンら4社/としまえん跡地開発(東京都練馬区)で協定締結 [2020年8月19日1面]

 ワーナーブラザースジャパンら4社は18日、月末で閉園する東京都練馬区の遊園地「としまえん」の跡地開発に向けた協定を結んだと発表した。同社による映画「ハリーポッター」シリーズのスタジオツアー施設=完成イメージ=を建設する。施設規模は平屋約3万平方メートルを想定。2023年前半の開業を目指す。
 協定を結んだのは▽ワーナーブラザースジャパン(施設運営者)▽西武鉄道(土地所有者)▽伊藤忠商事(施設建...続きを読む

SC相模原ら4者/相模補給敞返還地にスタジアム建設要望へ/署名活動も継続 [2020年8月17日5面]

 サッカーJリーグのSC相模原ら相模原市を本拠地にするスポーツクラブ4者は、JR相模原駅前に広がる米軍基地(中央区、相模総合補給敞)の一部返還地に、スタジアムを核とする複合施設の整備を市に要望する。9月までには市に提案書を提出する予定だ。昨年12月に始めた整備を求める署名活動も再開し、年内には本村賢太郎市長に市民の声として届ける見通しだ。
 他の3チームはノジマ相模原ライズ(アメリカンフットボー...続きを読む

淀屋橋駅西地区再開発(大阪市中央区)/本組合が発足/28階建てオフィスビル計画 [2020年8月17日8面]

 大阪市のメインストリート・御堂筋に面した淀屋橋駅地区(中央区北浜)で第1種市街地再開発事業を行う「淀屋橋駅西地区市街地再開発組合」が6日、発足した。地権者でもある大和ハウス工業と住友商事、関電不動産開発が参加組合員として参画。今後、施工者を決定し、事務所や店舗などが入る延べ約13万1800平方メートルの再開発ビルを建設する。2021年度の権利変換計画認可と工事着手を目指す。竣工は25年を予定。
...続きを読む

JR東日本東京支社/原宿駅旧駅舎建替(東京都渋谷区)/可能な限り外観再現 [2020年8月17日4面]

 JR東日本東京支社は東京都渋谷区にある山手線原宿駅の旧駅舎を建て替える。新駅舎が3月21日に供用したのに伴い、今月下旬から解体工事に着手する。防火規制をクリアする材料を用いた上で外観を可能な限り再現する。建て替えの範囲は敷地ベースで150平方メートル程度。内装を含めて施設の在り方を検討中で規模、設計者、施工者、完成時期は未定という。
 旧駅舎は、北欧に多い尖塔(せんとう)のあるハーフティンバー...続きを読む

東芝/小向事業所(川崎市)内に研究開発新棟建設/22年1月の着工予定 [2020年8月7日5面]

 東芝は川崎市幸区の小向事業所に延べ7・3万平方メートル規模の研究開発新棟を建設する。同社が進める全社変革計画「東芝Nextプラン」で公表している設備投資の一環。新棟は東芝グループの先端研究開発で拠点施設になる。2022年1月に着工し、23年4月の稼働を目指す。投資予定額は約340億円を見込んでいる。
 建設地は小向東芝町1。半導体事業開発部門の一部建屋を解体し、跡地に建設する。12階建ての高層...続きを読む

大宮駅西口第3-A・D地区再開発/参加組合員予定者に東京建物ら3社/準備組合 [2020年8月6日5面]

 さいたま市大宮区の大宮駅西口第3-A・D地区市街地再開発準備組合は4日、参加組合員予定者を東京建物、日本土地建物、大和ハウス工業に決めた。高さ約100メートル、延べ約8・5万平方メートルの商業・業務・住宅などの複合施設を建設する。2020年度内の本組合設立認可取得を目指す。21年度に権利変換計画の認可を受け、22年度に工事着手、25年度の竣工を予定している。総合コンサルタントは佐藤総合計画。事業...続きを読む

JR東海/リニア新幹線・第一首都圏トンネル工事/1号シールドマシンの組み立て進む [2020年7月28日4面]

 JR東海が建設しているリニア中央新幹線(東京・品川~名古屋)で、本体トンネルを掘削する最初のシールドマシンの組み立て作業が東京都品川区内で進んでいる。25日までにカッターヘッドの全周を発進立坑の地下約80メートルに降ろした。組み立ては9月末ころに完了する見通し。10月から掘進準備に入り、2021年1月ころまでに作業を終える。掘削開始は21年度からを予定。熊谷組・大豊建設・徳倉建設JVが施工する。...続きを読む

建築家・山本理顕氏/横浜市にカジノのない街づくり提案/住職一体の生活空間整備 [2020年7月27日1面]

 横浜市が中区の山下ふ頭に誘致を計画しているカジノを含むIR(統合型リゾート)施設整備を巡り、横浜市在住の建築家で名古屋造形大学学長の山本理顕氏が、カジノを含まない住職一体の街づくり構想を提案している。ふ頭に計画人口2万人規模の居住スペースの付いた店舗と約4000室の宿泊施設を建設。居住者が生活と仕事を営む「現代の町家」をコンセプトに、生活空間へ観光客が集まる街づくりを提案している。
 市が昨年...続きを読む

明治安田生命/東京・西新宿に延べ9・7万平米超高層ビル、21年4月の着工めざす [2020年7月20日4面]

 明治安田生命は、東京都新宿区に延べ約9・7万平方メートルの超高層ビルを建設する。モード学園コクーンタワーに隣接する明治安田生命新宿ビルなど7棟を解体し新たな建物を整備する。年内に実施設計をまとめ2021年4月の着工を目指す。竣工は25年を予定している。
 計画名は「(仮称)西新宿一丁目プロジェクト」。計画地は明治安田生命新宿ビルなどが立地している西新宿1の9(敷地面積約6300平方メートル)。...続きを読む

愛知県/新体育館PFI実施方針公表/BT+コンセッション方式採用、8月に入札公告 [2020年7月8日7面]

 愛知県は7日、PFIを導入する「愛知県新体育館整備・運営等事業」の実施方針を公表した。国内初の「BT(建設・移管)+コンセッション(公共施設等運営権)方式」を採用し、8月中旬に総合評価一般競争入札を公告する。参加申請を10月に受け付け、11月に個別対話を実施、12月に提案書を提出してもらう。2021年3月に落札者を決定し、同6月に基本契約を結ぶ予定。21~24年度で設計・建設を進め、第20回アジ...続きを読む

藤崎(仙台市青葉区)/本館建替に合わせ周辺地区一体再開発/事業協力者の公募開始 [2020年7月8日6面]

 地場百貨店の藤崎(仙台市青葉区、藤崎三郎助社長)は仙台市中心部にある本館を建て替える。本館周辺の地権者と連携し、組合施行による第1種市街地再開発事業として新しい本館を整備。周辺にある複数の建物も一体的に建て替え、新たな商業・業務・複合交流拠点を形成する。8日から単体のゼネコンを対象に、事業計画作りや保留床処分の提案などを支援する事業協力者の選定を始める。
 既設の藤崎本館を含む再開発検討区域は...続きを読む