工事・計画

東京都清瀬市/新庁舎建設/候補者に大林組 [2019年3月19日4面]

 東京都清瀬市は、「清瀬市新庁舎建設工事」の契約候補者を46億2672万円(税込み)で大林組に決めた。7日に一般競争入札を開札し、大林組を含む3者が参加していた。開催中の3月市議会定例会に請負契約議案を提出。議決後に総合評価方式などの入札経過を公表する。

 新庁舎の建設計画では現庁舎(中里5の842)の敷地に加え、南側に隣接する民有地や都有地を取得などして敷地を約1・1ヘクタールに拡大した上で...続きを読む

大阪高速鉄道/大阪モノレール延伸計画(大阪府門真市~東大阪市)/石井啓一国交相が軌道法特許 [2019年3月19日4面]

 石井啓一国土交通相は19日、大阪高速鉄道(大阪府吹田市、吉村庄平社長)が運営する大阪モノレールの延伸を軌道法に基づき特許(認可)する。今後は着工に向け、大阪府による都市計画決定など必要な手続きを進める。2028年度の完成、29年度の開業を目指す。延伸区間は門真市駅(門真市新橋町)以南の8・9キロで、建設費は1050億円を見込む。鉄道施設の建設や運営を大阪高速鉄道、その他インフラ整備は大阪府がそれ...続きを読む

アパグループ/大阪・梅田にタワーホテル計画/31階建て1500室超、22年末開業 [2019年3月18日10面]

 アパグループは、大阪の中心地・梅田にタワーホテルの開発用地を取得した。西日本最大客室数(1500室超)を有する31階建ての超高層ホテル=完成イメージ=を計画している。ホテル名は「(仮称)アパホテル&リゾート〈梅田駅タワー〉」とし、2022年末の開業を目指す。
 所在地は大阪市北区曽根崎2の1(3199平方メートル)。JR東海道本線、環状線が乗り入れる大阪最大級のターミナル駅「大阪駅」から徒歩6...続きを読む

NTT都市開発/東桜1丁目1番地区再開発(名古屋市東区)/市が都市計画決定 [2019年3月18日8面]

 名古屋市は15日、東区の東桜1丁目1番地区の再開発事業を都市計画決定した。事業者はNTT都市開発。都心地区活性化を目指し、既存のオフィス・商業ビルと一体になった20階建ての新ビル=完成予想=を建設する。9月ごろから準備工事に入り、2022年1月完成を目指す。
 都市計画提案制度に基づき、同社が市に素案を提示、市が都市計画案を作成して、1月の市都市計画審議会で承認されていた。
 同事業では、「...続きを読む

JR西日本ら4社/広島駅ビル建替(広島市南区)/延べ11万平米、20年4月着工へ [2019年3月18日13面]

 JR西日本、JR西日本不動産開発、中国SC開発、ジェイアール西日本ホテル開発は15日、広島駅ビルの建て替え計画概要=完成イメージ=を発表した。規模はS造地下1階地上20階建て延べ約11万1000平方メートルで、内部にはショッピングセンターやシネマコンプレックスのほか、JR西日本ホテルズの新規ブランド「ホテルヴィスキオ」(400室規模)を収容する計画。2020年3月に現駅ビルを閉館、同4月に建て替...続きを読む

精養軒/上野本店(東京都台東区)リニューアルへ/東京五輪後着工めざす [2019年3月15日1面]

 西洋料理レストランの経営などを手掛ける精養軒は、上野公園(東京都台東区)内にある上野精養軒上野本店の大規模リニューアルを検討する。完成して約60年が経過する建物の耐震性能の強化や店舗の魅力向上などを図る。改築、改修といったリニューアル手法は未定。2020年東京五輪・パラリンピック終了後に速やかに着工する方針だ。
 同社は8日に公表した「中期経営計画147(2019~23年度)」に、上野本店のリ...続きを読む

横浜高速鉄道/MM線車両留置場建設(横浜市中区)/優先交渉権者に鹿島JV [2019年3月14日5面]

 横浜高速鉄道は、みなとみらい線(MM線)元町・中華街駅(横浜市中区)を延長して地下トンネル式の車両留置場を建設する事業で、工事の優先交渉権者に鹿島・東亜建設工業・奈良建設特定JVを選定した。今月末にも技術協力委託の契約を結ぶ。施工予定者が設計などを支援するECIと同様の手法を採用。今後は設計を担当する八千代エンジニヤリングが横浜高速鉄道、鹿島JVと協力しながら実施設計や施工計画などをまとめる。工...続きを読む

インドネシア初の地下鉄、3月下旬開業/円借款のジャカルタMRT/ゼネコン4社施工 [2019年3月14日1面]

 日本の円借款を活用しインドネシア・ジャカルタに整備している都市高速鉄道「ジャカルタMRT」の一部区間が今月下旬に開業する。ハードとソフトの両面で日本が全面的に支援。鉄道は高架区間と地下区間で構成する。インドネシア初の地下鉄整備は高い技術力とノウハウを持つ日本のゼネコンが協力。土木工事を清水建設、大林組、三井住友建設、東急建設が受注していた。総事業費は1800億円(うち1500億円が円借款)を見込...続きを読む

大阪市/なにわ筋線の都市計画素案作成/4月9日に意見聴取会、19年度に都計決定へ [2019年3月13日10面]

 大阪市は、大阪都心部(梅田)から関西国際空港へのアクセス改善を図る鉄道新線「なにわ筋線」の都市計画素案をまとめた。JR大阪駅北側のうめきた地区(大阪市北区)の新駅からなにわ筋を南下して分岐し、JR難波駅と南海新今宮駅に接続する建設延長7・2キロの路線。地下区間が約6・4キロ、掘割区間が約0・3キロ、かさ上げ区間が約0・5キロとなる。市は素案に関する住民説明会を開始しており、4月9日に開く意見聴取...続きを読む

虎ノ門・麻布台地区再開発(東京都港区)/7街区のうち3街区の施工者決定/組合 [2019年3月13日1面]

 東京・六本木周辺で計画されている総延べ約86万平方メートルの大規模再開発プロジェクトが始動する。虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合(東京都港区)は、七つの街区で計画する再開発ビルのうち、三つの街区で施工者を決めた。延べ約46万平方メートルのA街区と延べ約17万平方メートルのB-2街区を清水建設、延べ約19万平方メートルのB-1街区を三井住友建設が担当する。=4面に詳しく
 計画地は外苑東通り(...続きを読む

川崎市/等々力緑地再整備(中原区)/東急電鉄から事業提案、緑地全体を管理・運営 [2019年3月11日5面]

 川崎市は8日、民間活力導入を検討している等々力緑地(中原区等々力、敷地面積約56ヘクタール)の再整備で、東京急行電鉄から事業提案があったと発表した。東急電鉄は、PFI法の規定に基づき民間企業が事業実施を提案できる制度を活用した。市は提案内容の妥当性を速やかに検証し、提案に対する方針を決め東急電鉄に通知。その上で、等々力緑地再整備の在り方について検討し、方向性を明らかにする。
 市によると、東急...続きを読む

首都高速会社/日本橋区間地下化/施工方法の検討推進、江戸橋JCTに発進立坑 [2019年3月11日4面]

 首都高速道路会社は、都市計画手続きの進む日本橋付近(東京都中央区、千代田区)の道路の地下化に関し、事業化に向けた具体的な検討を開始する。施工方法、地下構造、シールドトンネル2本の設計条件の検討、江戸橋ジャンクション(JCT)付近に計画する発進立坑の概略設計などを進める。関連業務の委託先を決める公募型プロポーザル(WTO対象)の手続きを8日に公示しており、委託先を5月中に決める予定だ。
 日本橋...続きを読む

愛知県春日井市/朝宮公園再整備第1期着手へ/陸上競技場建設や総合管理棟移転 [2019年3月11日7面]

 愛知県春日井市は2019年度、スポーツ公園「朝宮公園」の再整備=完成イメージ=第1期事業で、メイン施設の陸上競技場に着工する。19年度当初予算案に21年度までの継続費として35億89百万円を計上した。同市と隣接自治体に本格的な陸上競技場がないことを踏まえ、観覧スタンドやトラックを備えた第3種公認競技場を建設する。第1期事業の完成は21年度の予定。その後、テニスコート、多目的広場などの第2期整備に...続きを読む

横浜市/19年度PFI事業実施予定/文化体育館など4件で設計・建設・開業準備 [2019年3月8日5面]

 横浜市では2019年度、横浜文化体育館再整備など4件のPFI事業が設計や建設、開業準備に入る。市はこれらも含め上下水道や学校、庁舎整備など13件のPFI事業を実施している。19年度予算案にPFI関連経費として一般会計に33億円、50億円を下水道事業会計、水道事業会計に13億円を計上した。20年度以降の支出予定額は一般会計812億円、下水道事業会計503億円、水道事業会計184億円を見込んでいる。...続きを読む

広島市/中央卸売市場新中央市場建設基本計画案/施設面積13万平米に [2019年3月8日11面]



 ◇19年度に基本設計着手
 広島市は7日、「中央卸売市場新中央市場」の建設基本計画(案)を公表した。中央市場(西区)を現在地で全棟建て替えるとともに、安芸区にある東部市場を統合する。新たに整備する施設面積は13万平方メートル(うち立体駐車場4万平方メートル)の規模。従来方式で整備する場合、2019~20年度に施設全体の基本設計を行い、21年度に立体駐車場の実施設計と工事に着手。22年度...続きを読む