人事・訃報

凜/国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室企画専門官・飯見有花さん [2018年5月28日12面]

 ◇正しい情報をきちんと伝える
 「建築着工統計」や「建設工事受注動態統計」などさまざまな統計を通じ、建設産業の今を読み解く。政府の基幹統計に位置付けられているものも多く、「重要度の高い大事な統計。正しい情報をきちんと伝えていきたい」と話す。
 集計結果を見ると、予算執行の状況や社会の実情がダイレクトに表れている。何を読み解き、どう伝えるかが難しい統計もあり、「注釈をきちんと付け、読み解き方を...続きを読む

凜/安藤工務店(神戸市)・安藤未都さん/楽しく安心して働ける環境に [2018年5月21日10面]

 得意の語学力を生かした貿易や物流の会社勤務を経て、14年10月に家業の鉄筋工事会社に入った。父親が1人で事務作業を黙々とこなす姿をずっと見てきた。「自分も手伝いたい」と自ら進んで入社した。
 神戸市内で地場ゼネコンが施工するマンション工事に下請として従事。現場の技能者はベトナム人実習生を含めた6人、鉄筋加工場は4人で、これに協力会社の8人ほどを加えた体制で日々の工事に当たる。
 目下の課題は...続きを読む

鉄建建設/社長に伊藤泰司代表取締役副社長昇格/6月28日就任 [2018年5月16日1面]

 鉄建建設は15日、伊藤泰司代表取締役執行役員副社長が社長に昇格する人事を内定した。6月28日開催予定の定時株主総会後の取締役会で正式決定する。林康雄社長は代表権のある会長に就く。
 伊藤 泰司氏(いとう・やすし)1978年東大工学部卒、国鉄入社。2009年鉄建建設社外取締役、12年取締役兼常務執行役員鉄道統括室長兼土木部担当兼建築本部担当、15年取締役兼執行役員副社長、16年から現職。東京都出...続きを読む

NIPPO/社長に吉川芳和代表取締役常務執行役員昇格/6月22日就任 [2018年5月14日1面]

 NIPPOは11日、吉川芳和代表取締役常務執行役員が社長に就く人事を内定した。6月22日開催予定の定時株主総会後の取締役会で正式決定する。岩田裕美社長は代表権のある会長に就く。
 吉川 芳和氏(よしかわ・よしかず)1979年名古屋工業大工学部卒、日本鋪道(現NIPPO)入社。2012年執行役員北海道支店長、15年取締役兼常務執行役員総合技術部・エンジニアリング部・建築事業統括部・関東建築支店・...続きを読む

凜/東京・世田谷区都市整備政策部都市デザイン課主任・湊由美恵さん [2018年5月14日12面]

 ◇当事者の立場で街づくり
 就職活動中に見た東京・世田谷区の街並みに、昔から好きだった「住宅が立ち並ぶ風景」を感じた。出身地の群馬県がある関東地方で仕事に就こうと考えていたが、ほれ込んだ街に関わる仕事がしたいと世田谷区役所を就職先に選んだ。
 入庁して最初に配属されたのが玉川総合支所の街づくり課。住民らで作る協議会の支援など地域の街づくりの促進に携わった。
 4年目に異動した本庁の防災街づ...続きを読む

凜/国土交通省土地・建設産業局国際課・長谷川眞遊さん [2018年5月7日12面]

 ◇業務通じ日本と海外の懸け橋に

 国内の建設業や不動産業が海外市場で事業展開する際の課題を聞き、ビジネス環境を整備するのが国際課の役割の一つ。国際調整第一係長として国際交渉の仕事に従事している。

 国土交通省への入省を選んだのは業務領域が広く、出身地・新潟県のような地方を元気にする役割も担っているのが理由だった。社会人になって4年目。これまで観光庁で「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正...続きを読む

凜/国土交通省総合政策局国際政策課国際建設産業企画官・石垣和子さん [2018年4月23日14面]

 ◇長い海外勤務の経験生かす
 インフラ輸出を推進するキーパーソン。国土交通省幹部が相手国政府の要人に直接売り込む「トップセールス」を企画する。日本企業がほとんど進出していないアフリカや中央アジアの国で相次ぎ実現。日本の建設会社が受注した成果も出始めており、トップセールスに同行するゼネコン首脳からも信頼は厚い。
 入省から節目の丸20年を迎えた。キャリアの半分弱にわたる約8年間の海外勤務は、同...続きを読む

凛/芝浦工業大学大学院・古田真梨さん/職人育成の可能性に関心 [2018年4月9日14面]

 高校生の時に見たテレビドラマで、人気女優がヘルメットをかぶって活躍する現場監督を演じていた。その姿が彼女の目に格好良く映り、将来建設業で働きたいと思うようになった。
 大学で建築工学を学び「建築=設計」という、漠然としたイメージが払拭(ふっしょく)され、さまざまな研究領域があることを知った。中でも建築生産に興味を抱き「施工の分野が面白いと思った」という。
 職人の実態を含め、施工に造詣が深い...続きを読む

政府/独法の理事長人事了承/水機構理事長に金尾健司氏 [2018年3月28日1面]

 政府は27日の閣議で、水資源機構など五つの独立行政法人の理事長人事を了承した。就任日は4月1日。水資源機構の理事長には国土交通省水管理・国土保全局長などを歴任した金尾健司リバーフロント研究所代表理事が就く。甲村謙友理事長は3月31日付で退任する。=2面に経歴
 日本高速道路保有・債務返済機構理事長には、NTT代表取締役副社長などを務めた渡邊大樹電気通信共済会会長を起用し、勢山廣直理事長は退任。...続きを読む

凜/フジテック首都圏統括本部横浜支店・渡邉裕貴さん/後輩に仕事教えるのが楽しい [2018年3月26日12面]

 地元・茨城の工業高等専門学校を卒業後に入社。4月で6年目に入る。納入した昇降機が常に安全に機能するよう、定期点検や修理、小規模工事などの維持・更新作業を担当している。利用者の命を預かる重要な業務だけに、作業中は緊張するが、同行した先輩社員の動きを見ながら少しずつ作業のこつや勘所を習得。だんだん仕事のやりがいと面白さが分かり始めてきた。
 入社後に配属された首都圏統括本部東カスタマー技術部品川サ...続きを読む

新井組/社長に倉元正史副社長昇格・就任 [2018年3月26日1面]

 新井組の新社長に23日付で倉元正史代表取締役副社長が就任した。梶原卓社長は代表権のない会長に就いた。
 倉元 正史氏(くらもと・まさし)1976年兵庫県立兵庫工業高校建築科卒、新井組入社。2011年執行役員建築本部副本部長兼建築本部本店長、13年取締役兼執行役員建築本部長兼建築本部本店長、17年3月から代表取締役副社長。兵庫県出身、60歳。

全中建最高顧問・小野金彌氏が死去/4月20日に静岡県三島市でお別れの会 [2018年3月23日1面]

 全国中小建設業協会(全中建)の最高顧問・元会長で、地域の中小建設会社の発展に尽力した小野建設(静岡県三島市)会長の小野金彌(おの・きんや)氏が11日、死去した。94歳だった。密葬を済ませた。小野建設主催のお別れの会を4月20日午後1時から静岡県三島市一番町20の5の三島市民文化会館「大ホール」で開く。喪主は長男で小野建設社長、全中建副会長の徹(とおる)氏。
 1944年陸軍士官学校卒、46年旧...続きを読む

森本組/社長に小林宗二取締役昇格/6月29日就任 [2018年3月22日1面]

 森本組は19日、小林宗二取締役兼常務執行役員土木本部長が社長に昇格する人事を内定した。6月29日開催予定の株主総会後の取締役会で正式決定する。平林勉社長は顧問に退く。
 小林 宗二氏(こばやし・そうじ)1980年東北学院大工学部土木工学科卒。2013年森本組執行役員東北支店長、15年常務執行役員、16年取締役、18年1月から現職。宮城県出身、60歳。

松村組/社長に岩本恭治専務執行役員昇格/4月1日就任 [2018年3月22日1面]

 松村組は20日に開いた臨時株主総会後の取締役会で、岩本恭治代表取締役専務執行役員大阪本店長が4月1日付で社長に昇格する人事を決めた。川本宏祐社長は31日付で退任する。
 岩本 恭治氏(いわもと・やすはる)1980年神戸大工学部建築学科卒、松村組入社。2004年執行役員人事総務部長、12年取締役兼常務執行役員大阪本店長、14年代表取締役常務執行役員大阪本店長を経て、16年4月から現職。京都府出身...続きを読む

凛/信号器材名古屋営業所・足立里香さん/各種資格生かして「潤滑油」に [2018年3月19日16面]

 中学から大学まで続けた卓球が縁で20年前に入社。以来、東京、仙台、川崎と勤務地が移り、1年3カ月前から名古屋営業所の主事として仕事に従事する。
 交通安全施設業の営業事務としての入社だが、社員の資格取得に前向きな会社の姿勢もあり、これまでに土木、建築、電気の1級施工管理技士、1級建設業経理士を取得。最近では、富士教育訓練センター(静岡県富士宮市)が運営する「土木設計技士」試験にも見事合格した。...続きを読む
インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む