トップニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

高輪ゲートウェイ駅 完成  [2020年3月13日]

 東日本旅客鉄道(JR東日本)が1971年以来となる山手線の新駅として建設を進めていた「高輪ゲートウェイ駅」が完成し、明日3月14日に開業を迎える。設計はデザインアーキテクトに隈研吾氏を迎え、JR東日本が担当。大林・鉄建JVの施工による高い技術を感じることができる。今後、新駅を中心としたエリアで「グローバルゲートウェイ品川」として街づくりが進められる計画で展開が注目されている。
■建築概要■
■工事名称/品川新駅(仮称)新設他『高輪ゲートウェイ駅』
■建設地/東京都港区港南2-10-145ほか
■発注者/東日本旅客鉄道株式会社東京工事事務所・東京電気システム開発工事事務所
■設計/東日本旅客鉄道株式会社東京工事事務所・東京電気システム開発工事事務所、品川新駅設計共同企業体(JR東日本コンサルタンツ株式会社・株式会社JR東日本建築設計)、日本鉄道電気設計株式会社、株式会社ライティングプランナーズアソシエーツ(照明デザイン)、隈研吾建築都市設計事務所(デザインアーキテクト)
■工事監理/東日本旅客鉄道株式会社東京工事事務所・東京電気システム開発工事事務所、株式会社JR東日本建築設計
■施工/品川新駅(仮称)新設工事共同企業体、(大林・鉄建JV)
■敷地面積/(新駅部)1万1561.35m2、(暫定デッキ部)2016.93m2
■建築面積/(新駅部)6340.84m2、(暫定デッキ部)1185.73m2
■延床面積/(新駅部)3969.52m2、(暫定デッキ部)95.03m2
■構造・規模/S造地下1階地上3階建て
■主要用途/駅舎、物販店舗、飲食店舗、暫定デッキ部
■駅舎概要/駅舎・橋上駅/ホーム・島式ホーム(2面4線)延長230m(山手線)210m(京浜東北線)/バリアフリー設備・エレベーター4基、エスカレーター6基、多機能トイレ2カ所/その他・ホームドア(山手線・京浜東北線ホーム)
■工期/土木工事着工2016年9月5日~開業2020年3月14日

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。