特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

文京ガーデン ゲートタワー 完成  [2020年5月18日]

 東京都文京区小石川1丁目エリアで行われている春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業の南街区に、区内有数の大規模ビルとなる「文京ガーデンゲートタワー」が大成建設の施工により竣工した。2018年に完成した西街区の住戸・事務所ビル「文京ガーデンザウエスト」に続くプロジェクトで、オフィス、専修学校として利用される。南街区では、公共・商業施設棟、住宅棟も引き渡しを目指して大成建設が工事を進めている。同再開発事業は、西、南、北の3街区の構成で、北街区の竣工は21年3月の予定。街区全体の設計・監理は日本設計が担当している。
■建築概要■
■工事名称:春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物等新築工事(南街区)
■建築主:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合
■参加組合員:三井不動産株式会社(南街区)
■所在地:東京都文京区小石川一丁目地内
■コンサルタント・設計・監理:株式会社日本設計
■施工:大成建設株式会社東京支店
■敷地面積:約9,320m2
■建築面積:約5,110m2
■延床面積:約93,910m2
■構造:RC・SRC・S造
■階数:地下2階、地上23階、塔屋2階
■工期:2016年3月28日~2021年11月30日(予定)

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。