特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

近畿の住宅特集  [2021年11月24日]

 高度成長期の住宅需要に応えるため、郊外部に整備されたニュータウン。昭和40~50年代に集中的に整備されたことで入居者の高齢化が一気に進み、インフラも老朽化してきた。こうした中、泉北ニュータウンを抱える堺市では「ニュータウンの価値を高め、次世代へ引き継ぐ」ことを理念に、持続発展が可能なまちづくりに取り組む。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。