BIMの課題と可能性・24/樋口一希/鉄骨BIMで状況をブレークスルー・3

2014年7月10日 BIMの課題と可能性

文字サイズ

 鉄骨BIMソフト「KAPシステム」の運用メリットをファブリケーターと設備業者との関係に即して報告する。  □困難を極める2次元図面に基づき行われている鉄骨本体(躯体)と設備情報との調整□  構造設計…

残り 1357文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン