行政・団体

厚労省/働き方改革関連法案概要/規制外の高度プロフェッショナル制度創設 [2018年1月18日2面]

 厚生労働省が22日召集の通常国会に提出する働き方改革関連法案の概要が明らかになった。全産業に時間外労働の罰則付き上限規制を導入する一方、建設業は法律の施行日から5年間猶予する。高収入の専門職を時間外労働の上限規制から外す「高度プロフェッショナル(高プロ)制度」も創設する。法律の施行日は与党と調整して決める。=1面参照
 18日に東京都内で開く全国厚生労働関係部局長会議で報告する。
 働き方改...続きを読む

PR:フォーシーズ株式会社フォーシーズの賃貸保証

企業・経営

応用地質/地質リスク対策を強化へ/4月に専門組織設置、技術開発も加速 [2018年1月17日3面]

 応用地質は、地質リスク対策に関連する事業執行体制を強化する。4月に地盤分野の設計部門「ジオデザインセンター」に地質リスクの把握を専門とする組織を新設。地質や土質、土木設計の各分野から選抜した技術者20~25人を配置する。CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)を導入し、深層・表層崩壊などの斜面リスク、トンネル分野の地質リスクなどを3次元(3D)で把握。施工前段階でリスクの芽を...続きを読む

PR:アウンフィリピン株式会社フィリピンの不動産データベース

技術・商品

奥村組/除染廃棄物輸送管理システムに新機能搭載/VRで運転手教育、試験運用開始 [2018年1月18日3面]

 奥村組は17日、福島第1原発事故に伴う周辺地域の除染で出た汚染土を中間貯蔵施設に輸送するための統合管理システム「インフォクロス」に、仮想現実(VR)技術を活用したドライバーの教育機能を搭載し、試験運用を開始したと発表した。運行ルート周辺の映像情報と教育カリキュラムをベースに、ドライバーがVR空間で未経験ルートの運行、実体験が許されない重大事故を学べる。試験運用を通じシステムの機能を高め、安全で確...続きを読む

PR:ウィッシュインターナショナル株式会社 留学はウィッシュで海外へ

工事・計画

沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設(神奈川県鎌倉市)/4棟延べ3・3万平米 [2018年1月17日5面]

 沖縄徳洲会(鈴木隆夫理事長)は神奈川県鎌倉市の湘南鎌倉総合病院隣接地に、総延べ3・3万平方メートル規模の先端医療センターを建設する。武田薬品工業から昨年12月、隣接する湘南研究所敷地の一部を取得している。7月ごろから順次着工し、21年末の完成を目指す。設計は伊藤喜三郎建築研究所が担当する。施工は未定。開発協議には熊谷組が参加している。
 計画名称は「(仮称)湘南鎌倉総合医療センター建設計画」。...続きを読む

PR:チューリッヒ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド 安心で充実保障のがん/ガン保険

人事・訃報

凜/先端建設技術センター・新井佐由美さん/業界の役に立てていると実感 [2018年1月15日14面]

 13年1月に立ち上げたセンター独自の新技術情報データベース「NETISプラス」に最初から携わった。二十数年前、センターに就職してから事務職として裏方の仕事に徹してきたが、当時の上司に「一般代表という気持ちで参加して」と言われて奮起。自分なりに車や家を買うつもりになっていろいろなサイトを検索しながら思いを巡らせ、「ボタンの位置、画面の色合い、使い勝手などを調べ、打ち合わせで意見を出すようにした」。...続きを読む

PR:エイチ・エス損害保険株式会社 お得な海外旅行保険

行事

日鳶連/国交省で「祝い木遣り」披露 [2018年1月17日1面]

 日本鳶工業連合会(日鳶連、清水武会長)は16日、牧野たかお国土交通副大臣を新年のあいさつで訪ね、伝統の労働唄「祝い木遣り」を披露した。日鳶連の地方組織に当たる東京都鳶工業会に所属する木遣り師が張りのある伸びやかな声でうたい上げた。
 木遣りは建設機械がなかった時代、大勢の労働者が資材を人力で運ぶ際に力を一つに結集させ、士気を高めるための「呼び声」としてうたわれた。始まりは鎌倉時代の1200年代...続きを読む

入札公告新着情報

(外部サイトに移ります)

国土交通省大臣官房官庁営繕部

業務 工事

国土交通省北海道開発局

業務 工事

国土交通省東北地方整備局

業務 工事

国土交通省関東地方整備局

業務 工事

国土交通省北陸地方整備局

業務 工事

国土交通省中部地方整備局

業務 工事

国土交通省近畿地方整備局

業務 工事

国土交通省中国地方整備局

業務 工事

国土交通省四国地方整備局

業務 工事

国土交通省九州地方整備局

業務 工事

論説・コラム

回転窓/北海道命名150年 [2018年1月18日1面]

 かつての「蝦夷(えぞ)地」が「北海道」と命名されて今年は150年の節目に当たる。名付け親は三重県松阪市出身の探検家、松浦武四郎▼「北加伊道」など6案を明治政府に提案し、最終的に現在の名称となった。「カイ」という言葉に「この地で生まれたもの」という意味があると、アイヌ民族の長老から教わり、先住民族の存在を尊重する思いを込めたと言われる▼松浦は6回にわたって現地踏査を行い、地形やアイヌの暮らしなどを...続きを読む

発注公告

    社会福祉法人青柳保育会1月19日 (1件)

WorldWide

Japanese Infrastructure, Environment Ministries to Strengthen Water Infrastructure Export Strategy Targeting Asian Countries [2017年12月21日]

Japanese Ministry of Infrastructure and Ministry of Environment will accelerate promotion of sewer infrastructure export with an aim to introduce wastewater treatment to Asian countries. Asia Wastewat...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む