特集

高松市防災合同庁舎 完成 [2018年4月23日]




 高松市が本庁舎西側に整備を進めていた高松市防災合同庁舎(危機管理センター)が完成した。南海トラフ巨大地震などの大災害に備え、最先端の技術で市民の安全・安心を守る中核施設として機能する。常設の災害対策本部室のほか、危機管理課や消防局、下水道部、情報政策課などが配置される。24日に落成式を行い、5月7日から順次業務を開始する。
...続きを読む

DPL流山I完成 [2018年4月20日]




 大和ハウス工業が常磐自動車道流山ICの北側で建設を進めていた「DPL流山I」が完成した。同社が千葉県流山市に計画している日本最大級の物流タウン「DPL流山」の第一弾となるもので、テナント従業員専用の保育施設やコンビニエンスストアなどを完備した〝職育近接〟を実現する次世代型多機能物流施設となっているのが特徴。また、人手不足に対応...続きを読む

2018年 土質・地質と基礎、地下空間 [2018年4月20日]

 少子高齢化を伴う人口減少社会に突入したわが国は、社会・経済情勢の大きな変革期を迎えている。財政制約がさらに強まる中、膨大なインフラストックの更新や長寿命化、防災・減災・国土強靱(きょうじん)化のいっそうの充実、気候変動への対応など、社会全体で取り組まなければならない課題が山積している。本企画特集「2018年土質と基礎、地下空間」は、こうした国民的課題のうち、安全で安心な暮らしの実現に直結する地盤...続きを読む

大妻女子大学アトリウム改修工事・K棟改修工事 竣工 [2018年4月18日]




 大妻学院が千代田キャンパス内に新しい学生用カフェテリアを整備する「大妻女子大学アトリウム改修工事」と、部室や茶室を移設する「大妻女子大学K棟改修工事」の2つの改装プロジェクトが竣工した。多摩キャンパスから段階的に移転してくる学生数の増加に対応。上質で女子大らしいファッション性高い内装に仕上がっている。設計・施工とも前田建設が担...続きを読む

日本リーテック総合研修センター 完成 [2018年4月13日]




 日本リーテック(東京都千代田区)が、10周年記念プロジェクトとして茨城県取手市で建設を進めていた「日本リーテック総合研修センター」が竣工を迎えた。約2万平方メートルの広大で自然豊かな敷地に、鉄道を想起させるデザインの施設が駆けるように伸びている。技術を習得するための実習設備だけでなく、大小さまざまなラウンジや、スポーツなどを楽...続きを読む

臨港道路霞4号幹線 四日市・いなばポートラインが開通 [2018年4月11日]




 国土交通省中部地方整備局が四日市港(三重県)で整備を進めていた臨港道路霞4号幹線「四日市・いなばポートライン(愛称)」が1日、開通した。四日市港の霞ヶ浦地区南ふ頭と伊勢湾岸自動車道みえ川越IC付近を結ぶ延長約4.1キロの路線。ルートは海岸線などを通り、その大半が高架構造となる。開通により高速道路から四日市港までの所要時間が約4...続きを読む

二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業 コプレ二俣川 完成 [2018年4月6日]




 相模鉄道二俣川駅前で建設が進められていた二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業「コプレ二俣川」が完成し、明日7日に完成記念式典が開かれる。都市計画道路「鴨居上飯田線」の整備事業に合わせ二俣川駅南口地区市街地再開発組合が実施したもので、神奈川東部方面線の開業を控え注目が集まる相模鉄道沿線の主要な生活拠点として今後のまちづくりをリ...続きを読む

世田谷区立下北沢小学校 完成 [2018年4月6日]




 東京・世田谷区が、同区大原で建設を進めていた区立下北沢小学校の新校舎が完成した。同校は、2016年に統合済みの旧守山小学校、旧東大原小学校の2校と、新たに合流する北沢小学校との統合校として、旧東大原小学校敷地に整備された。計画にあたっては、集中して学習できる教育環境の確保、将来のクラス数の変動に対応した柔軟性、高い防犯性、省エ...続きを読む

名取市立閖上小中学校 完成 [2018年4月6日]




 宮城県名取市が整備してきた市立閖上小中学校が完成し、4月7日に開校式が挙行される。同校はこれまでの閖上小と閖上中を統合し、9年制の一貫教育校となる。東日本大震災で被災した閖上地区復興のシンボルであり、市の将来を担う子供たちを育成する新たな学び舎としての活用が期待される。設計・監理は桂設計、施工を西松建設が担当した。
<...続きを読む

国際医療福祉大学医学部WA棟 完成 [2018年4月5日]




 国際医療福祉大学が京成本線公津の杜駅前の成田キャンパスで建設を進めていた医学部WA棟(Ⅱ期棟)が完成した。昨年4月に開学した医学部の拠点となるこの施設は、WB棟(Ⅰ期棟)と一体となり国内最大のシミュレーションセンターなど最高水準の設備を備えているのが特徴で、高い総合的診療能力と国際性を兼ね備えた医師の養成に期待が寄せられている...続きを読む

NTTデータ 三鷹データセンターEAST完成 [2018年4月2日]




 NTTデータが東京都三鷹市で建設を進めていた三鷹データセンターEASTが完成した。災害に強い堅牢なインフラを有し、BCP(事業継続計画)やセキュリティーへの配慮も徹底。重要かつ大量のデータを扱うデータセンターに求められる最新鋭の設備を備えつつ、ライフサイクルコストも考慮したサステイナブルなデジタルビジネス拠点が誕生...続きを読む

ホテルインターゲート東京 京橋完成 [2018年4月2日]




 サンケイビルが建設を進めていた「ホテルインターゲート東京京橋」が完成し、1日にオープンした。同社グループのグランビスタホテル&リゾートが運営する新ブランドホテルの第2号物件。東京都心の希少な立地にあり、江戸切子をモチーフとしながら現代性も備えたデザインが目を引く。ビジネスやレジャーなど幅広い宿泊ニーズへの対応が期待...続きを読む

医療法人社団永生会 みなみ野病院 4月1日開院 [2018年3月30日]





東京都八王子市を中心に病院・クリニックや介護施設を展開する医療法人社団永生会が建設を進めていた「みなみ野病院」が完成した。主に回復期や慢性期に対応した約200床の入院専門病院で、充実したリハビリテーション機能が特徴だ。緩和ケアや通所・訪問によるリハビリも担い、地域の医療ニーズに応える。

建物はRC造4階建て延べ約9300...続きを読む

OSAKA・KANSAI JAPAN EXPO2025 誘致推進特集 [2018年3月30日]

2025年国際博覧会(万博)の大阪・関西への誘致活動が熱を帯びつつある。「OSAKA-KANSAI JAPAN EXPO2025誘致推進特集」では、万博開催の意義を改めて探り、博覧会国際事務局(BIE)調査団の日本訪問の状況、会場計画などを報告する。

MIMARU東京 赤坂 完成 4月1日オープン [2018年3月30日]




 大豊建設が赤坂に所有する土地に建設されるMIMARU東京赤坂。分譲住宅や投資用不動産の開発事業で培った経営資産を持つ不動産会社のコスモスイニシアが開発した。同ホテルは「旅先で暮らすように滞在する」をコンセプトに、ミニキッチンやリビング・ダイニングを備えており、特別感を味わいながらも、まるで家にいるかのように家族や友人同士でゆっ...続きを読む
1 2 3 4 5 38
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む