サイト内検索

検索結果:9401件

鹿島/アジア統括現法がシンガポールのエンジ会社買収/事業領域拡大へ [2018年1月18日3面]

 鹿島は17日、アジア統括現地法人のカジマ・オーバーシーズ・アジア(KOA、越島啓介社長)が医薬品関連施設の設計などで豊富な実績を持つシンガポールのインターナショナル・ファシリティ・エンジニアリング(IFE)を買収したと発表した。エンジニアリング事業でプロジェクトの上流段階を幅広くカバーできる協業体制を早期に確立。既存の建築・開発部門とのシナジー(相乗効果)を発揮し、経営基盤の強化・拡大につなげる...続きを読む

BIMのその先を目指して・36/樋口一希/積水ハウスの先駆的BIM最新情報 [2018年1月18日]

 年明け早々に、「BIMの課題と可能性」第82~84回で報告した「積水ハウスの先駆的BIM」の究極の到達点ともいえる最新情報を入手した。ここに至る変遷も振り返り概説する。


 □独自開発のCADシステムとの連動で邸別自由設計のオリジナルプランごとに短時間でVR構築□



 82年中頃、積水ハウスにおいて汎用大型コンピュータ...続きを読む

刀剣博物館竣工 あす1月19日オープン [2018年1月18日]

 日本美術刀剣保存協会が東京都墨田区で建設を進めていた「新刀剣博物館新築工事」が竣工し、あす1月19日にオープンする。建設されたのは旧安田庭園内の一画。館内の窓からは豊かな緑と、大きな池が広がる。旧両国公会堂と同様、頂部は丸みを帯びた屋根が架けられ、建物の高さを抑え庭園との調和を図っている。1階にはミュージアムショップや展示・情報コーナー、2階には日本刀の審査や展示の企画を行う管理、学芸の諸室、3...続きを読む

日鳶連/国交省で「祝い木遣り」披露 [2018年1月17日1面]

 日本鳶工業連合会(日鳶連、清水武会長)は16日、牧野たかお国土交通副大臣を新年のあいさつで訪ね、伝統の労働唄「祝い木遣り」を披露した。日鳶連の地方組織に当たる東京都鳶工業会に所属する木遣り師が張りのある伸びやかな声でうたい上げた。
 木遣りは建設機械がなかった時代、大勢の労働者が資材を人力で運ぶ際に力を一つに結集させ、士気を高めるための「呼び声」としてうたわれた。始まりは鎌倉時代の1200年代...続きを読む

応用地質/地質リスク対策を強化へ/4月に専門組織設置、技術開発も加速 [2018年1月17日3面]

 応用地質は、地質リスク対策に関連する事業執行体制を強化する。4月に地盤分野の設計部門「ジオデザインセンター」に地質リスクの把握を専門とする組織を新設。地質や土質、土木設計の各分野から選抜した技術者20~25人を配置する。CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)を導入し、深層・表層崩壊などの斜面リスク、トンネル分野の地質リスクなどを3次元(3D)で把握。施工前段階でリスクの芽を...続きを読む

回転窓/趣ある字を万年筆で [2018年1月17日1面]

 哲学者で詩人の串田孫一(1915~2005年)に、仕事場に泥棒が入った時のことを書いたエッセーがある。盗られたのは万年筆とたばこの箱だけ。〈持っていくものが他になかったらしく…〉と振り返っている(『文房具56話』〈ちくま文庫〉の「萬年筆」)▼よその家に2度ほど忘れた時も〈仕事が出来ないので〉とすぐに引き返して取りに行ったというから、万年筆は欠かすことのできない商売道具であったらしい。まさに罪深い...続きを読む

国交省・青木由行建流審/人材確保に安定的な売り手市場必要/事業量・適正利潤不可欠 [2018年1月17日1面]

 国土交通省の青木由行建設流通政策審議官は、社会環境の変化を踏まえ建設産業が10年後の危機を乗り切るため、「買い手(発注者)の理解を得た安定的な売り手(受注者)市場が必要」との考えを示した。継続的な売り手市場の間に「担い手確保や生産性向上に関するさまざまな施策を講じたい」と表明。その上で「安定的・持続的な事業量と適正な利潤の確保が重要」と述べた。
 16日に東京都内で開かれた全国建設産業団体連合...続きを読む

明治/埼玉・坂戸工場に新製造棟、奥村組で7月着工/チョコ生産増強に270億円投入 [2018年1月17日4面]

 明治は、チョコレート関連商品の生産増強に乗りだす。総額約270億円を投じて坂戸工場(埼玉県坂戸市)に新製造棟を建設するほか、大阪工場(大阪府高槻市)に生産ラインを増設する計画。新製造棟の設計は日建設計、施工は奥村組が担当し、7月の着工を予定している。
 投資計画によると、坂戸工場には約210億円を投じて、新製造棟(6階建て延べ約3万平方メートル)を建設する。チョコレート以外の生産を行っている既...続きを読む

17年の建設業倒産/1・6%減1579件、27年ぶり低水準/東京商工リサーチ [2018年1月17日2面]

 東京商工リサーチが16日まとめた17年(1~12月)の建設業の倒産件数は、前年比1・6%減の1579件と9年連続で前年を下回り、1990年(1469件)以来の低水準にとどまった。負債総額は13・5%減の1535億6900万円と4年連続で前年を下回り、過去20年で最少。負債1億円未満の倒産が1176件(前年比3・2%増)と7割を占め、平均負債額も9700万円(11・8%減)と大きく下がった。
 ...続きを読む

五洋建設/桟橋調査診断システム開発/無線LANボート導入、劣化度を自動判定 [2018年1月17日3面]

 五洋建設は16日、沿岸部にある桟橋の下に無人の遠隔操作ボートを航行させて、桟橋下面の劣化や変状を調査診断するシステムを開発したと発表した。ボートに搭載したカメラで状況を撮影し、画像を3次元(3D)モデルで視覚化。ひび割れや剥離など欠陥位置の正確な把握や劣化度の自動診断が可能だ。小型船に調査員が乗って行う従来の目視点検と同等のコストながら、2・5倍の速度で調査できるという。
 「無線式LANボー...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む