人事・動静

土木学会/21年度会長に谷口博昭氏内定/6月12日正式決定 [2020年3月16日1面]

 土木学会(林康雄会長)の第109代会長候補に、谷口博昭氏(全国土木施工管理技士会連合会会長、日本トンネル技術協会会長、CE財団理事長)が内定した。第108代会長となる2020年度の家田仁政策研究大学院大学教授の後任として、21年度の会長となる。6月12日に開く総会で正式決定する。
 谷口 博昭氏(たにぐち・ひろあき)1972年東京大学工学部土木工学科卒、建設省(現国土交通省)入省。近畿地方整備...続きを読む

凜/国土交通省鉄道局鉄道事業課JR担当室企画係長・櫻井芽衣さん [2020年3月9日12面]

 ◇“居心地の良さ”組織に浸透
 国土交通省に入って5年目。鉄道局に籍を置きJR北海道、四国の経営改善や地域交通の在り方などを担当する仕事に携わっている。生活に欠かせないインフラ整備を担う国交省の仕事は「世の中の役に立っていることが実感できる」というのが入省の決め手だった。自動車局に配属され2年目には長野県軽井沢町で発生したスキーバス事故の対応に奔走した。
 その後、都市局に異動し企業の方々と...続きを読む

コベルコ建機/社長に尾上善則氏(神戸製鋼所副社長)内定/6月下旬就任 [2020年3月2日1面]

 コベルコ建機は2月28日、神戸製鋼所の尾上善則代表取締役副社長が社長兼最高経営責任者(CEO)に就任する人事を内定した。6月末に開催予定の定時株主総会後の取締役会で正式に決定する。楢木一秀社長は相談役に退く。
 尾上 善則氏(おのえ・よしのり)1980年京都大学大学院工学研究科修了、神戸製鋼所入社。2008年執行役員、10年常務執行役員、12年専務執行役員、14年代表取締役副社長、16年代表取...続きを読む

凜/東日本高速関東支社6代目渋滞予報士・小宮奈保子さん/予測で行動変化を促す [2020年3月2日12面]

 高速道路の渋滞に関する情報発信の広告塔を担っている。いつ・どこで・どのくらいの渋滞が発生するかを予測し、混雑する日やルートを避けてもらう「行動変化」を促すのが使命と考えている。
 渋滞の原因は工事や事故が少なく、全体の75%は交通の集中とされる。過去の渋滞や道路の開通、料金の変化、曜日の配列など渋滞予測のポイントは数多い。「アンテナを高くして情報を収集しないと」。潮干狩りに影響する潮の干満、花...続きを読む

宇部三菱セメント/社長に井本充彦副社長昇格/4月1日就任 [2020年2月28日1面]

 宇部三菱セメントは27日、井本充彦副社長が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。森千年社長は退任する。
 井本 充彦氏(いもと・みつひこ)1980年大阪市立大学商学部商学科卒、宇部興産入社。2013年執行役員、15年宇部三菱セメント常務、18年副社長。奈良県出身、62歳。

ライト工業/社長に阿久津和浩専務昇格/6月下旬就任 [2020年2月28日1面]

 ライト工業は27日、阿久津和浩専務が社長に昇格する人事を内定した。6月下旬開催予定の株主総会後の取締役会で正式決定する。さらなる経営基盤の強化と企業価値の向上を目指し、経営体制の一層の強化・充実を図る。鈴木和夫社長は代表権のない会長に就く。
 阿久津 和浩氏(あくつ・かずひろ)1983年日本大学理工学部土木工学科卒、ライト工業入社。2010年執行役員、13年常務執行役員、15年取締役、16年常...続きを読む

九電工/社長に佐藤尚文会長、6月下旬就任 [2020年2月27日1面]

 九電工は26日、佐藤尚文会長が社長に就く人事を内定した。6月下旬開催予定の株主総会後の取締役会で正式決定する。西村松次社長は代表権のない会長に就く。
 佐藤 尚文氏(さとう・なおふみ)1976年慶応大学商学部卒、九州電力入社。2011年上席執行役員、12年取締役兼常務執行役員、14年代表取締役副社長、18年九電工会長。福岡県出身、68歳。

IHI/社長に井手博常務執行役員昇格/4月1日COO就任 [2020年2月26日1面]

 IHIは25日、井手博常務執行役員が社長に昇格する人事を内定した。4月1日付で最高執行責任者(COO)に就いた後、6月下旬開催予定の株主総会後の取締役会を経て社長に就任する。満岡次郎社長兼最高経営責任者(CEO)は4月1日付で代表取締役会長を兼務。6月下旬の人事で代表取締役会長兼CEOとなる。斎藤保代表取締役会長は4月1日付で取締役となり、6月下旬に相談役に就く。
 井手 博氏(いで・ひろし)...続きを読む

凛/東芝エレベータプロジェクトエンジニアリング統括部・下川原恵子さん [2020年2月17日12面]

 ◇地元に貢献できる仕事を
 約600人の聴衆を前に話す機会があった。昨年11月に都内で開かれたビジネスイベントで東芝エレベータのBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の取り組みを紹介した。これだけの大人数を前に話すのは初。講演を聞いてくれた男性から「うちの会社でもやってみたい」と声を掛けられた。自分の話が営業につながった気がしてうれしかった。
 宮城県名取市出身。子どものころ...続きを読む

長谷工コーポレーション/社長に池上一夫取締役兼専務執行役員昇格/4月1日就任 [2020年2月10日1面]

 長谷工コーポレーションは7日、池上一夫取締役兼専務執行役員が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。新しい経営体制で次期中期経営計画を強力に推進する。辻範明社長は代表権のある会長、大栗育夫代表取締役会長は取締役相談役に就く。6月26日付で大栗氏は取締役を退任、辻氏は取締役会議長に就任する予定。
 池上 一夫氏(いけがみ・かずお)1980年早稲田大学理工学部建築学科卒、長谷川工務店(現長谷工コ...続きを読む

三機工業/社長に石田博一取締役兼専務執行役員昇格/4月1日就任 [2020年2月10日1面]

 三機工業は7日、石田博一取締役兼専務執行役員が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。長谷川勉社長は代表権のある会長に就任する。
 石田 博一氏(いしだ・ひろかず)1983年室蘭工業大学大学院工学研究科修了、三機工業入社。2012年執行役員営業統括副本部長、13年北海道支店長、16年常務執行役員建築設備事業本部営業統括本部長、17年取締役、18年同兼専務執行役員経営企画室長。北海道出身、61...続きを読む

高砂熱学工業/社長に小島和人取締役兼執行役員昇格/4月1日就任 [2020年2月10日1面]

 高砂熱学工業は7日、小島和人取締役兼執行役員が4月1日付で社長兼最高執行責任者(COO)に昇格する人事を発表した。大内厚代表取締役会長兼社長は代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)に就任する。同社の社長交代は10年ぶりとなる。
 小島 和人氏(こじま・かずひと)1984年山梨大学工学部環境整備工学科卒、高砂熱学工業入社。2015年理事東日本事業本部横浜支店長、17年執行役員、18年大阪支店長...続きを読む

凜/全国建設業協会総務部広報課係長・高野安代さん/女性の活躍を積極的にPR [2020年2月10日12面]

 全国建設業協会(全建)が毎月発行する広報誌『全建ジャーナル』の編集や各種パンフレット作成など、広報業務を幅広く担当する。活動状況を協会全体に周知したり、建設業界の役割を内外に発信したりする仕事にやりがいを感じている。「広報になってから、全建や業界のことをより深く知るようになった」という。
 新卒で全建に入り、初めは労働部に配属された。団体の略称や専門用語に慣れるのに時間は掛かったが、「和気あい...続きを読む

ピーエス三菱/社長に森拓也副社長昇格/4月1日就任 [2020年2月10日1面]

 ピーエス三菱は7日に開いた取締役会で、森拓也代表取締役副社長が4月1日付で社長に昇格する人事を内定した。経営トップの交代で企業価値のさらなる向上を目指す。藤井敏道社長は取締役相談役に就く予定だ。
 森 拓也氏(もり・たくや)1979年京都大学工学部卒、ピー・エス・コンクリート(現ピーエス三菱)入社。2007年執行役員名古屋支店長、10年取締役兼執行役員技術本部長兼工務監督室長、12年常務執行役...続きを読む

大末建設/社長に村尾和則取締役昇格/4月1日就任 [2020年2月5日1面]

 大末建設は4日、村尾和則取締役兼常務執行役員が4月1日付で社長に昇格する人事を決めた。日高光彰社長は代表権のない会長に就任する。4月に新中期経営計画が始まるタイミングで、経営トップの若返りを図る。2011年に就任した日高社長は、財務体質の改善を図り、14年3月期に黒字転換を実現。15年3月期には19期ぶりとなる復配を実施した。
 村尾 和則氏(むらお・かずのり)1988年近畿大学理工学部建築学...続きを読む
1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 44