行事

東京都下水道局/江東幹線3工事(江東区)でシールド機発進/施工は大豊建設 [2019年6月14日4面]

 東京都下水道局が発注した「江東幹線その3工事」のシールド発進式が5日、東京都江東区の発進基地内で開かれた。
 近隣エリアの浸水被害の軽減に向け、同局が進めている江東幹線と江東ポンプ所の整備プロジェクトの一環。豪雨発生時に下水道管の雨水が江東幹線に流れ込むよう、既存の下水道管と江東幹線の既設区間を接続する。施工は大豊建設が担当する。
 式典には同局や大豊建設の関係者ら約70人が参加。同局の清水...続きを読む

三井不/三井本館(東京都中央区)が竣工90周年/6月8日から記念イベント [2019年6月6日1面]

 三井不動産は8日から東京都中央区にある「三井本館」の竣工90周年を記念したイベントを開く。写真家のホンマタカシ氏が撮影・編集した作品の展示や、三井本館外観のライトアップなどを予定する。イベント期間は7月21日まで。
 三井本館(日本橋室町2の1の1)は1929年に竣工した。竣工当時の外観など過去の写真をホンマ氏が再撮影。編集した写真を大理石の重厚なインテリアなど開館当時の姿を残す三井本館のエン...続きを読む

JSPO、JOC/新会館(東京都新宿区)が完成/五輪ムーブメントの発信拠点に [2019年5月17日4面]

 日本スポーツ協会(JSPO)と日本オリンピック委員会(JOC)が共同で建設していた両団体の新会館「JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE」が完成した。設計は三菱地所設計、施工は大林組が担当した。
 所在地は新国立競技場建設地に隣接する東京都新宿区霞ケ丘4の2。建物の規模は地下1階地上14階建て延べ1万9062平方メートル。両団体や各種スポーツ関連団体の事務所などが入居する。1、2...続きを読む

南小岩六丁目地区再開発(東京都江戸川区)/初弾の商業施設棟が起工/組合 [2019年5月14日4面]

 東京都江戸川区の南小岩六丁目地区市街地再開発組合(都築毅理事長)は12日、再開発ビルの建設工事に着手し、現地で起工式を開いた。事業区域を三つに分け、総延べ約8・9万平方メートルの施設群を整備する。設計・施工は清水建設、監理を梓設計が担当する。2026年1月の全体完成を目指す。
 神事では都築理事長が鍬、清水建設の石水功一常務執行役員東京支店長が鋤を入れ、施設の無事完成を祈願した。計画地はJR小...続きを読む

東京都/夢の島公園アーチェリー場(江東区)が完成/東京五輪の準備着々 [2019年5月8日4面]

 東京都が2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場として整備していた「夢の島公園アーチェリー場」(江東区)が4月28日から供用を開始した。完成披露式典が同日開かれ、関係者によるテープカットや競技デモンストレーションで施設の完成を祝った。6月には「海の森水上競技場」(同)、7月に「カヌー・スラロームセンター」(江戸川区)が供用開始を予定。来年に迫る五輪本番に向け、新設競技会場が次々と完成する見通...続きを読む

大和リース/仙台市の複合商業施設が全面開業/施工は橋本店 [2019年4月26日6面]

 大和リースが仙台市で建設を進めていた複合商業施設「BRANCH(ブランチ)仙台」が25日、全面開業した。昨年11月にオープンしたイースト棟(青葉区)に続き、ウエスト棟(泉区)が完成。敷地の中央に小川が流れる広場を設けるなど買い物だけでなく、地域住民が集えるコミュニティーの場を提供する。設計はプランテック総合計画事務所、施工は橋本店が担当した。
 青葉区と泉区にまたがる1万8664平方メートルの...続きを読む

Jヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)/8年ぶり全面再開/高円宮妃ら出席し記念式典 [2019年4月23日4面]

 福島第1原発の事故対応で前線基地になった「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)が20日、約8年ぶりに全面再開した。現地で同日に記念式典が行われ、日本サッカー協会(JFA)名誉総裁の高円宮妃久子さまをはじめ、Jヴィレッジの社長を務める内堀雅雄福島県知事や渡辺博道復興相、松本幸英楢葉町長、遠藤智広野町長、田嶋幸三JFA会長らが出席し、新たな門出を祝った。=1面参照
 久子さまは「事故収束の拠点と...続きを読む

福島県大熊町/大川原地区の復興拠点内に新庁舎開庁/設計・施工は鹿島JV [2019年4月16日6面]

 福島県大熊町が大川原地区の復興拠点内で建設を進めていた新役場庁舎が完成し、14日に開庁式が開かれた。同拠点内で最初の建物となり、復興に向けた新たなまちづくりが本格的にスタートする。5月7日に業務を開始する。設計・施工は鹿島・永山建築設計事務所JVが担当した。=1面参照
 式典には町や国、県の関係者をはじめ、多くの町民が参加。渡辺利綱町長は「ただいま帰りました。たとえ長い歳月を要してもすべての町...続きを読む

神奈川県小田原市/市民ホールが起工/設計・施工は鹿島JV、21年3月竣工めざす [2019年4月10日5面]

 神奈川県小田原市は9日、小田原城の隣接地で市民ホールの建設に着手した。現地で関係者による起工式が行われた。整備は設計・施工一括(DB)方式で鹿島・環境デザイン研究所JVが担当。完成は2021年3月末、同秋のオープンを予定している。建設工事費は61億3439万円(税込み)。
 建設地は本町1の138の6ほか。敷地面積は9720平方メートル。建築面積は4498平方メートル。建物はRC一部S造地下1...続きを読む

日本キャタピラー/油圧シャベルで書道パフォーマンス/都内で開催中の企画展で [2019年4月9日1面]

 日本キャタピラー(東京都中野区、本田博人社長兼最高経営責任者〈CEO〉)が、ミニ油圧ショベルに取り付けた筆で新元号「令和」の文字を書くパフォーマンスを5日、日本科学未来館(東京都江東区)で行った。開催中の企画展「『工事中』~立ち入り禁止?重機の現場~」の一環。
 同社の総合研修施設「D-Tech Center」で建機のデモンストレーションやICT(情報通信技術)セミナー講師を務める中理絵さんが...続きを読む

鈴木組(東京都文京区)/自社運営の職業訓練校で入校式開く/5人、一流のとび職人へ [2019年4月4日3面]

 とび・土工工事業の鈴木組(東京都文京区、鈴木央社長)は3日、自社運営している訓練施設「鈴木職業訓練校」(東京都足立区)で、第25期生の入校式を開いた=写真。本年度の新入社員4人と聴講生1人の計5人が入校。学長を務める鈴木社長が辞令を交付し、教育訓練をスタートさせた。
 同校は「建築施工系とび科」の企業内訓練校。1994年に東京都知事の認定を受けた。社員を対象に学科や実技の教育を1年間行う。総訓...続きを読む

安井建築設計事務所が創業95周年/本社で木管五重奏コンサート開く [2019年4月3日1面]

 安井建築設計事務所が1日、1924年の創業から95周年を迎えた。記念事業のキックオフイベントとして同日、大阪市中央区の本社ロビーで関西フィルハーモニー管弦楽団の木管五重奏コンサートを開催。役職員や取引先関係者らが美しい音色に酔いしれた=写真。
 コンサートに先立ち、佐野吉彦社長が「きょう、95周年を迎えられた。建築も音楽も歴史は長く、一緒に歩んできた。コンサートの空間は演奏者と聴く者が一緒につ...続きを読む

三菱地所ら/みやこ下地島空港ターミナル(沖縄県宮古島市)が開業/現地で式典開く [2019年4月2日1面]

 三菱地所らによる沖縄・下地島空港のターミナル運営事業が本格始動した。下地島空港(沖縄県宮古島市)の新旅客ターミナル「みやこ下地島空港ターミナル」が3月30日に開業し、現地で式典が開かれた。
 ターミナルの運営を担う下地島エアポートマネジメント(沖縄県宮古島市)の伴野賢太郎社長は「運営会社にとってスタートの日となる。より多くの人にご利用いただけるよう社員一同研さんしていく」とあいさつ。玉城デニー...続きを読む

大豊建設/本社で創立70周年記念式典開く/社屋リニューアルし新たな出発 [2019年4月1日3面]

 大豊建設は3月29日、東京都中央区の本社で創立70周年記念式典を開いた。大隅健一社長をはじめ幹部らが出席し節目を祝うとともに、100年企業に向けて決意を新たにした。
 大隅社長は「激動の中で生き残っているのは、他社がまねできない独自の技術があったからだ。新しい技術開発にも注力し、なおかつ若い技術者をしっかり育てていかないといけない」と述べた。その上で「今は完工高1500億円だが、近い将来200...続きを読む

故大本榮一氏(大本組名誉会長)のお別れの会開く/岡山市で、関係者が多数参列 [2019年3月29日1面]

 大本組の代表取締役名誉会長で日本建設業連合会(日建連)理事などを務め、2月10日に100歳で死去した大本榮一氏のお別れの会が28日、岡山市中区の岡山プラザホテルで開かれた。建設業界や地元経済界など関係者が多数参列。遺影に献花し別れを惜しんだ=写真。
 大本氏は1946年大本組に入社し、61年から社長を務めた。99年の代表取締役会長兼社長を経て、2011年代表取締役名誉会長に就いた。堅実経営で長...続きを読む