特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

関西の地質・土質と地盤工学企画  [2021年3月24日]

複雑な地層の中で建設工事を展開するには、地盤情報を的確に把握し、それを施工計画に反映させることが求められる。しかしながら、地盤情報は不確定要素が多く、地盤リスクが生じる。それを最小限に食い止めるものとして地盤のリスクアセスメントが注目されている。関西の地質・土質と地盤工学企画では、京都大学名誉教授の大西有三氏、近畿地方整備局の増田安弘技術調整管理官に地盤リスクアセスメントに取り組みについて聞いた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。