新生「光硬化工法協会」始動

2021年6月29日 特集

文字サイズ

 5月11日、下水道管路更生分野を代表する光硬化工法(LCR)協会とFRP工法協会が統合し、新生「光硬化工法協会」が発足した。正会員は689社、賛助会員6社で、会長は旧光硬化工法協会会長の大岡太郎氏(東亜グラウト工業代表取締役常務執行役員)が選任された。人口減少に伴う自治体税収が減少する中での老朽下水道管路の増加、他工法との競争激化など管路更生市場の変化を見据えた協会活動、技術開発の体制を整え、大口径から取付管までの下水道管路更生について総合的な工法を提案を行っていく。

同一ジャンルの最新記事


2022年8月5日