特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

日比谷フォートタワー竣工  [2021年7月15日]

 新橋田村町地区市街地再開発組合が、東京都港区西新橋で開発を進めていた超高層オフィスビル「日比谷フォートタワー」が竣工した。再開発ビルは、新橋、日比谷、霞ケ関、虎ノ門のそれぞれ特長的な文化を有する4エリアの結節点に立地。元々は旧江戸城敷地内に位置し、フォート(とりで)という言葉から、盤石な体制の下で革新的なビジネスの起動点となることを目指して建設された。本再開発事業には三井物産都市開発らが参画。設計は清水建設・日建設計JV、施工は清水建設が担当した。
■建築概要■
■建物名称:日比谷フォートタワー(新橋田村町地区市街地再開発事業)
■事業者:新橋田村町地区市街地再開発組合
■所在地:東京都港区西新橋-丁目1番1号
■敷地面積:7,688.50m2
■建築面積:4,548.22m2
■延床面積:105,609.21m2
■階数:地下2階、地上27階、塔屋1階
■構造:SRC造、RC造、S造
■設計者:基本設計/株式会社日建設計、実施設計/清水建設・日建設計設計共同企業体
■監理者:清水建設株式会社
■施工者:清水建設株式会社
■工期:2018年4月18日~2021年6月30日

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。