特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

四国総局暑中企画  [2021年8月4日]

 「平成30年7月豪雨」で大きな被害に見舞われた四国。南海トラフ巨大地震への備えも待ったなしの状況だ。政府の「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」(2021~25年度)を契機に、各地でインフラ整備と一体となった災害に強い街づくりの機運が高まりつつある。四国地方整備局の森本輝企画部長にインフラ整備の現状や推進・計画中の施策を聞くとともに、4県の主要プロジェクトを紹介する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。