特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鹿児島徳洲会病院移転新築 完成  [2021年12月1日]

 医療法人徳洲会が老朽化に伴い鹿児島市内で移転改築を計画した鹿児島徳洲会病院の新病院が完成し、1日に開院する。設計を梓設計、施工を熊谷組が担当した。加速化する高齢化に対応して地域住民からも要望が強い救急医療に一段と力を入れる。建物の耐震性能を生かして大震災が起きた際の防災拠点にもなるなど、地域に無くてはならない存在としてその役割を果たしていくことを目指す。
■建築概要■
■名称/医療法人徳洲会鹿児島徳洲会病院
■所在地/鹿児島県鹿児島市南栄5丁目10
■建築主/医療法人徳洲会
■設計・監理/株式会社梓設計
■施工/株式会社熊谷組
■敷地面積/1万8,818.73m2
■構造・規模/SRC造(耐震構造)8階建て延べ2万8,415.89m2(付属棟など含む)
■病床数/310床(許可病床数)
■駐車台数/約380台(敷地内の患者・職員用合計)
■設計期間/2018年10月~2019年9月
■工事期間/2020年1月~2021年10月(契約工期)

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。