内ケ谷ダム定礎

2022年7月28日 特集

文字サイズ

 実施計画調査の開始から43年-。岐阜県が建設を進めている「内ケ谷ダム」が、待望の“定礎”を迎えた。5月30日に行われた式典には、同県の河合孝憲副知事、国土交通省中部地方整備局の堀田治局長(現在の国土交通省港湾局長)、地元郡上市の日置敏明市長、工事関係者ら約80人が出席。ダム建設の大きな節目を喜び合うとともに、これから先の“悠久の安泰”を祈願した。施工は前田建設・大日本土木・市川工務店・TSUCHIYAJVが担当しており、万全の態勢で2025年度内の完成を目指す。

同一ジャンルの最新記事


2022年8月5日