特集


2017年3月30日

八ッ場ダム定礎

世紀をまたぐビッグプロジェクト「八ッ場ダム」建設事業が、新たな歴史を刻んだ。3月4日、ダム本体建設工事の"定礎式"が群馬県長野原町の現地で行われた。調査開始から65年の長い年月が流れている中、地元の人たちの理解と協力という礎の下、ダム建設にとって最大の"節目"を無事迎えることができた。施工は清水・鉄建・IHI異工種JVが担当。今回、定礎式のもようと、地元小学校の児童の皆さんから寄せてもらった作文を…

2017年3月29日

女性活躍を推進 ~日建連の取り組み~

 東日本大震災の復興需要や景気の回復、東京五輪開催を控えての関連施設整備など活況を呈する国内建設市場に加え、海外でも公共事業を中心とした建設投資は増加傾向にあり、久しぶりに明るいニュースの相次ぐわが国の建設業界。一見、順風満帆な経営環境だが、本格的な高齢社会の到来と生産年齢人口の減少を背景にした入職者数の低下に伴って、人材不足という大きな悩みを抱えている。その課題解決に向け官民が共同で取り組んでい…

2017年3月29日

近畿の予算企画2017

 近畿2府5県の17年度当初予算が出そろった。企業業績が回復し、法人関係税が増加するなど増収を見込む自治体が増えた一方、各種基金を取り崩すなど厳しい財政運営を強いられている自治体もまだまだ多い。わが国では昭和40年代から50年代にかけての高度経済成長期に集中的に整備された学校や住宅、文化施設などさまざまな公共建築物が更新時期を迎えようとしており、水道や下水道、道路、橋梁などインフラ施設の老朽化も進…

2017年3月28日

大妻女子大学 大学校舎G棟 完成

 東京都千代田区の大妻学院千代田キャンパスで建設が進められていた「大妻女子大学大学校舎G棟」が完成した。千代田キャンパス再開発の締め括りとなる施設は、キャンパスの中央に位置する同大のシンボルとして位置づけられているもので、社会で活躍する輝く女性達がかけがえのない時間を過ごす教育拠点となる。設計を日建設計、施工を前田建設工業が担当、都心の街並み形成をリードする品格のある姿が行き交う人の足を止めている…

2017年3月28日

山口郵便局 完成

 日本郵便が進める「郵便・物流ネットワーク再編」の地域区分局として新設する「山口郵便局」が、全国の施設に先駆けて完成した。郵便物やゆうパック、ゆうメールなどの地域区分業務を集約し、機械処理率を高めることで、ネットワーク全体の生産性を大幅に向上させるのが目的。山口市深溝の山口物流産業団地内に建設した山口郵便局は、山口県内の郵便・ゆうパックの区分業務を行う。設計は日本郵政、松田平田設計、施工は大成建設…

2017年3月28日

マンション再生 ~飛躍的に増加するマンションストック~

 わが国人口の12%に当たる約1530万人が暮らすマンション。そのストックは623万戸を超え、今後は新規の供給よりも既存物件の適切な維持・管理・修繕と、高経年物件の改修・建て替えが中心になるのは確実だ。増加する一方のマンションストックの再生をテーマに、国土交通省の由木文彦住宅局長に話を聞いた。

2017年3月27日

黒部市民病院増改築事業が完成

 富山県黒部市が2012年度から5カ年をかけて整備を進めてきた黒部市民病院の増改築事業が完成した。病院の営業を止めることなく、敷地内に外来診療棟などを新たに整備し、旧施設の機能を移転、その後旧施設の改築・解体などを行い、今月21日にグランドオープンした。新病院は医療進歩に対応した高度な医療を提供するとともに、新川医療圏の中核病院として地域住民が使いやすい病院として高い期待が寄せられている。設計は久…

2017年3月27日

糀谷駅前地区第一種市街地再開発事業 完成

 京浜急行鉄道・糀谷駅前で進められていた糀谷駅前地区第一種市街地再開発事業が完了した。約1.3haの敷地に、総延べ4.3万m2の複合ビル2棟、「ステーションツインタワーズ糀谷」が完成。335戸の住宅と商業施設、高齢者支援施設、認可保育園などが入り、地域の利便性を高めている。設計・監理は山下設計、施工は戸田建設がそれぞれ担当した。帆船の白い帆をイメージしたタワーが、糀谷のシンボルとして街に新しい価値…

2017年3月27日

新宮市新庁舎 完成

 和歌山県新宮市が、旧庁舎本館などの老朽化に伴い現在地(春日1の1)で建替えを進めていた新庁舎が完成、3月27日に一部業務を開始する。分散していた庁舎機能を集約し、防災拠点として基礎免震構造を採用。ユニバーサルデザインを取り入れ、わかりやすい動線計画など安心・安全な庁舎づくりを進めた。設計は佐藤総合計画、施工(建築)は東洋建設・海邊組〓が担当。高品質・高精度を徹底追求し、新たなシンボルを完成させた…

2017年3月27日

「開通」と「延伸」折り返す三陸沿岸道路整備事業

 復興道路として整備中の三陸沿岸道路(三陸縦貫自動車道、三陸北縦貫道路、八戸・久慈自動車道)は、主要構造物の着手率が9割を越え、今年度内で宮城県仙台市から青森県八戸市に至る総延長359キロのうち約170キロ分が部分的な開通を果たした。この間、各施工工区の建設現場は、地域に寄り添いながら復興の下支えとして地域の情報発信を続けてきたが、地元の活性化や産業活用といった視点で三沿道に期待する地元の声が聞け…

1 162 163 164 165 166 170