論説・コラム

回転窓/もやしが危ない [2017年3月30日1面]

 尿酸値が上がってしまい、食生活を変えざるを得ない。思うように食べられない中で着目したのが「もやし」。そこからもやしの素晴らしさに目覚め、栽培セットを持参しながら旅をする-。椎名誠さんの小説『モヤシ』のストーリーだ▼いつでも手軽に食べられるもやしは食卓には欠かせない。お気に入りは、カレーマヨネーズあえ。ゆでる、掛ける、混ぜる。たった三つの動作で、うまいつまみに仕上がる▼出会った中では、青森県大鰐町...続きを読む

回転窓/スナイパーの安全指南 [2017年3月29日1面]

 狙った標的を決して外さないプロのスナイパー(狙撃手)が企業に向けて安全対策を指南するというアイデアが面白い。そのスナイパーの名が〈デューク東郷〉と聞けば、知っている方は多いだろう▼外務省はこのほど、人気漫画「ゴルゴ13」の主人公デューク東郷が登場する中堅・中小企業向けの安全対策マニュアルを作成し、同省のホームページに掲載した。外相が在外邦人の安全対策のためにデューク東郷に協力を要請する-。こんな...続きを読む

回転窓/スマホ片手に西へ東へ [2017年3月28日1面]

 初めは熱中して取り組むが飽きやすい傾向あり。頃合いを見て新しいイベントを用意し、飽きさせないような注意が必要…▼日本生産性本部の職業のあり方研究会が、間もなく社会人生活をスタートする今春入社の新入社員の特徴をこう分析し、「キャラクター捕獲ゲーム型」と命名した。昨年、爆発的にヒットしたスマートフォン向けゲームアプリからのインスピレーションだろう▼就職戦線が氷河期から売り手市場に変化し、企業や行政機...続きを読む

回転窓/別れと出会いの季節 [2017年3月27日1面]

 東京の桜の開花に続いて、各地の公園などがポピーの花摘みでにぎわうニュースも目立ってきた。薄紅、赤、白、黄などの色とりどり。本格的な春がすぐそこまで来ている▼関東では温暖な南房総、千葉県館山市にあるテーマパークの花畑には、関東最大級といわれる10万株、100万本のポピーが咲く。ここのポピーには白、黄、オレンジが多いが、0・1%の割合でピンクの花が混じり、花畑に華やかな彩りを添えてくれる▼年度末を迎...続きを読む

回転窓/働き方改革の鍵握るのは [2017年3月24日1面]

 「仕事の量は昔の倍になったのに給与は変わらない」。建設コンサルタントの関係者がそんな愚痴をこぼすのを聞いた▼パソコンや携帯端末の普及と情報通信環境の急速な発展によって文書作成や情報収集、連絡などの作業が効率的になったと実感する人は多かろう。では業務効率化で生み出された余裕時間は何に充てられているのか▼企業の関係者に聞くと、品質に関する発注者からの要求事項の増加が仕事が増える一因だという。業務が効...続きを読む

回転窓/ロックの創始者死去 [2017年3月23日1面]

 日頃の取材でお付き合いのある業界や役所の方の中にも、いろいろな趣味をお持ちの方がいる。仕事を離れて趣味の話などをすると、いつもの相手の別の面が見えて面白い▼音楽の趣味などもその一つだろう。学生時代にロックやジャズのバンドを組んでいたり、今も仲間と演奏に興じていたりといった話を聞くことも。普段の堅いお役人の表情とロックンロールの組み合わせに驚かされたこともある▼そんな音楽好きの間を駆け巡ったのが、...続きを読む

回転窓/求められる賢い選択 [2017年3月22日1面]

 地球温暖化防止に向けた国際社会の足並みの乱れを懸念せざるを得ないニュースが報じられた▼時事通信によると、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が18日採択した共同声明から、地球温暖化への対応を促す文言が削除されたというのだ。米高官が削除を求めたと認めている。トランプ米大統領の意向が反映されたのは明らかであろう▼昨年11月に地球温暖化対策の新たな国際的枠組みとなる「パリ協定」が発効した意...続きを読む

回転窓/トイレ快適化の効果 [2017年3月21日1面]

 外出先でトイレの利用をためらった経験がある人は多いのでは。国土交通省の調査では、駅や公園などの公共トイレに対し男女とも6割以上が「清潔感がない」と感じ、衛生面の不満を持っていることが分かった▼トイレは年齢や性別を問わず誰もが利用するもの。その良しあしは女性の社会参加にも影響を与えるだろう。建設現場に設置される仮設トイレも例外ではない▼国交省は16年8月に男女とも快適に使える「快適トイレ」の標準仕...続きを読む

回転窓/職人育成に志ある資金を [2017年3月17日1面]

 ふるさと納税やクラウドファンディングは、特定の地域の発展や個々の活動を期待する志ある資金を呼び込むという意味で同様の趣旨を持つ。成長に期待を込めるという側面では、株式投資も似ていよう▼個人に対する投資で分かりやすいものに、プロスポーツ選手とのスポンサー契約がある。選手は、自分に投資してくれる企業のためにも一生懸命練習に励み、試合に臨む。選手が活躍すればするほどスポンサーの露出頻度も高まるウイン・...続きを読む

回転窓/インフラを造るということ [2017年3月16日1面]

 地方自治体で助役を務めていた親戚に、「特に思い入れがあった仕事は」と尋ねたら、「ダム事業」という答えが返ってきた。「文句を言われたり、恨まれたりもした。でも、必要だと思ったから、一生懸命、地元を説得して回ったよ」▼そのダムはかつての集中豪雨をきっかけに計画された。反対運動や方針転換など紆余(うよ)曲折を経てようやく工事がスタート。完成が見えてきている▼地域の人たちも、危険な状況があったことを忘れ...続きを読む

回転窓/急増続く書店の倒産 [2017年3月15日1面]

 昨年は企業の倒産件数が8年連続で前年を下回り、1990年以来の低水準だった。90年といえばあのバブル景気の頃である。そんな中で、倒産や廃業の急増が続いている業種がある。それは書店▼東京商工リサーチが集計したところ、昨年の書店の倒産は前年の1・5倍以上の25件、休廃業・解散も1・6倍の41件に上ったという。かつてはどこの街にもあった中小の書店が消えていく。そうした実感を裏付けるデータといえる▼書店...続きを読む

回転窓/ブームで終わらせずに [2017年3月14日1面]

 子どものころ、バレンタインデーほどの盛り上がりはないものの、3月14日がホワイトデーだということは、いつの間にか定着した▼チョコレートをくれた女性に男性が返礼のプレゼントをする。このイベントをお菓子の業界団体が始めたのは40年近く前の1980年だそうだ▼全国飴菓子工業協同組合が運営するホワイトデー公式サイトにその経緯が詳しく紹介されている。「どうすればキャンディーの需要拡大を図れるか」。この課題...続きを読む

回転窓/東日本大震災から7年目 [2017年3月13日1面]

 〈休憩所の日向に手袋干しならべ除染の人らしばし昼寝す〉。福島市在住の菊地イネさんが詠んだ歌で、16年1月14日に皇居で催された「歌会始の儀」で入選した▼題は「人」。東日本大震災の原発事故による放射性物質の除染に取り組む作業員を詠んだ。被災者と向き合いながら、汚染土壌などを除去・運搬する地道な仕事に汗を流す作業員が体を休めている姿を見て歌が浮かんだと聞いた▼来月に大部分の避難指示が解除される福島県...続きを読む

回転窓/政局より政策を [2017年3月10日1面]

 「男は1回勝負する」。1968年の自民党総裁選に出馬表明した三木武夫(後に首相)の言葉だ。この時に敗れた三木は70年の総裁選にも「男は何度でも勝負する」と出馬した▼三木の演説のうまさには定評があったが、この時に派閥の議員を前に行った演説も語り草の一つ。会場を見回した三木は「われわれは国会の中で少数派だ。戦えば負けるだろう。しかし、国会の外では決して少数派ではない。われわれが恐れるのは大衆の声のみ...続きを読む

廃炉への道程-福島第1原発の6年・1/「野戦病院抜け出した」 [2017年3月9日1面]

 ◇軽装・簡易マスクで作業可能に/協力企業と連携環境も改善
 東北の太平洋沿岸を中心に甚大な被害が発生した2011年3月11日の東日本大震災。東京電力の福島第1原子力発電所(福島県大熊町・双葉町)は津波に襲われて全電源を失い、稼働していた1~3号機が炉心溶融(メルトダウン)を起こした。以来6年、現地では事故の収束、廃炉に向けた対策など懸命の作業が関連メーカーや建設会社も加わって続けられてきた。事...続きを読む
1 2 3 4 5 48
(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む