2017年2月27日 月曜日

論説・コラム

回転窓/観光列車人気の背景は [2017年2月27日1面]

 JR九州が新しい観光列車の「かわせみ やませみ」の運行を3月4日に始める。鹿児島本線・肥薩線の熊本~人吉間を1日3往復する。車両の外観とインテリア、車内販売を通じて沿線の人吉・球磨地方の魅力を伝えるのが狙いという▼そのデザインは、人気の豪華寝台列車「ななつ星」などを担当した水戸岡鋭治氏。地元産の資材を内装に使い、地域の人々の意見も反映させた。熊本地震の復興にもつながるよう期待を寄せていると聞いた...続きを読む

回転窓/近代建築の価値伝えよ [2017年2月24日1面]

 建造物が国の重要文化財に指定される際の主な基準は、意匠や技術が優れ、歴史的、学術的に価値が高いこと。築年数の基準は特に定められていないそうだ▼米国の建築家フランク・ロイド・ライトが設計した「旧山邑家住宅」(兵庫県芦屋市)は完成から50年で重文指定された。今から50年前といえば1967年。身近にある建築がいつ重文になってもおかしくないということだろう▼ただし専門家はともかく、一般の人にとっては近代...続きを読む

回転窓/あすからプレミアムな週末 [2017年2月23日1面]

 国や経済界が推進する「プレミアムフライデー」があす始まる。月末の金曜日の終業時間を繰り上げ、買い物や観光などの時間に利用してもらうことで消費を喚起。経済の活性化につなげる狙いだ▼東京駅を中心とした日本橋、丸の内エリアでJR東日本、三井不動産、三菱地所などが連携。24日のキックオフイベントでは、一斉乾杯や各エリア間を回遊するリムジンの無料運行などで盛り上げる▼日本の新たなライフスタイルや働き方を発...続きを読む

回転窓/「忘れる」を忘れない [2017年2月22日1面]

 受験生時代、試験に出る頻度の高い英単語がまとめられた参考書を使い、一つでも多くの単語を覚えようと奮闘した。覚えたつもりが忘れ、また覚える。当時はこの繰り返しだったように思える▼ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが行った有名な実験がある。記憶と忘却の関係を実験すると、人間は記憶しても20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1カ月後に79%を忘れてしまうという結果だった▼先日開かれ...続きを読む

回転窓/食べ残し減らそう [2017年2月21日1面]

 年間632万トン。まだ食べられるのに捨てられる食品の量という。12月25日を過ぎたクリスマスケーキ、節分で売られた恵方巻き…。恐らくはかなり出たであろう売れ残りはどうなったのか、そんなことを考えさせる数字である▼山本公一環境相が先週、「30・10(さんまるいちまる)」運動への協力を経済界に呼び掛ける方針を表明した。宴会開始から30分は自席で料理を楽しみ、終了前10分も自席に戻って料理を食べる▼食...続きを読む

回転窓/近代建築を観光の目玉に [2017年2月20日1面]

 ル・コルビュジエに師事し、モダニズム建築の旗手として戦前・戦後の日本建築界をけん引した前川國男。建築家の出発点となった処女作「木村産業研究所」(1932年竣工)が青森県弘前市に現存している▼丸柱のピロティや水平の連装窓など師に学んだ手法を数多く用いた意欲作だ。35年に弘前を訪れたドイツの建築家ブルーノ・タウトは「辺境の地にコルビュジエ風の白亜の建物がある」と驚嘆したという▼前川と弘前の関係は深い...続きを読む

回転窓/幻の都市博と万博誘致 [2017年2月17日1面]

 1996年に東京の臨海副都心地域を舞台に計画されていた「世界都市博覧会」。無党派層の圧倒的な支持を受けて国政から都政に転身した当時の青島幸男都知事は、選挙で公約した通りに中止を決断した▼3年後に迫った五輪に向けて街づくりが進む今の東京で、幻の都市博について語られることは少ないが、あの博覧会が予定通り開かれていたら東京の街づくりはその後どうなっていただろうか、と考えることがある▼インターネット社会...続きを読む

インタビュー/自民党幹事長・二階俊博氏/糸魚川大火への対応は [2017年2月16日12面]

 ◇がれき処理負担ゼロ即決/災害時に全力尽くすのが政治
 被害家屋が144棟に及んだ昨年12月22日の新潟県糸魚川市での大規模火災。大みそかに現地を視察した自民党の二階俊博幹事長は、被災地の悲惨な状況を見て、「国を挙げて早期の復旧・復興に取り組まなければならない」と決意を固めたという。今回の大火を自然災害として位置付け、がれき処理の個人負担をゼロにすることを即決するなど、スピード感を持って対応に...続きを読む

安藤忠雄氏/兵庫県立美術館に模型とスケッチ寄贈/18年秋に展示室開設へ [2017年2月16日10面]

 建築家の安藤忠雄氏が手掛けた兵庫県立美術館(神戸市中央区)に、同氏が描いたスケッチや作品の模型を紹介する展示施設が新設されることになった。スケッチや模型に加え、展示室も安藤氏が寄贈し、18年秋のオープンを目指す。
 同美術館の常設展示室には、安藤氏から寄贈された建築模型や関連資料などを紹介する「安藤忠雄コーナー」があり、代表作の一つである「住吉の長屋」(大阪市住吉区)や小規模宗教建築「光の協会...続きを読む

回転窓/お金の新たな集め方 [2017年2月16日1面]

 終戦前の広島県呉市などを舞台にしたアニメ映画「この世界の片隅に」。丹念に取材し、空襲や原爆で消失した風景を映像の中に再現している。上映館がじわじわと拡大し、動員は150万人を超えた▼「あまちゃん」で知られる女優のんさんが主役の声優を務めたことが話題に。もう一つ注目されたのが、インターネットで出資を募るクラウドファンディングの採用だ。3374人から約3912万円の支援を得たという▼温泉で知られる大...続きを読む

回転窓/原発避難いじめの残酷 [2017年2月15日1面]

 東日本大震災から間もなく6年がたつ。このところ、福島第1原発事故で各地に避難している児童・生徒が学校でいじめに遭っているというニュースが相次いでいる▼住み慣れた土地を突然離れ、不安を抱えながら暮らす子をいじめでさらに追い詰めるとは、誠に嘆かわしいというほかない。明るみに出たいじめが氷山の一角でないことを祈りたい▼文部科学省の有識者会議が先週、いじめ防止対策推進法に基づく国の基本方針の改定案を了承...続きを読む

回転窓/まだまだインフルにご用心 [2017年2月14日1面]

 インフルエンザの患者数が、今シーズンの流行入り後、初めて減少に転じたが、まだまだ猛威を振るっている。「流行性感冒」とも呼ばれるこの感染症は急な発熱や関節痛、頭痛などを伴い、抵抗力の弱った高齢者や子どもは重篤化すると命にも関わる▼数年前、成人してから初めてインフルエンザにかかり、39度近い高熱と関節の痛みに2日間ほど苦しんだ。頭がグルグルしてベッドに沈み込んでしまうような感覚は二度と味わいたくない...続きを読む

回転窓/「保活」を不要にするには [2017年2月13日1面]

 近所の幼稚園に隣接する家屋の解体が終わった。住人との協議の結果、園が買い取り、住人は駅の近くのマンションに引っ越したという。園児の声が騒音問題になっていたそうだ▼この幼稚園は4月から保育所を兼ねた幼保一体運営に移行する。「良好な保育環境を維持するため購入しました」と園の責任者。住人とは円満解決だったというが、子どもの騒音が身近な問題だったことを初めて実感した保護者も多かったようだ▼保育所の受け入...続きを読む

回転窓/素材と使い方 [2017年2月10日1面]

 近所の食肉店が店頭で小売りしている焼き鳥がおいしく、どこかの地鶏だろうと思って店主に産地を聞くと、やんわりと否定された▼各地に地域ブランドの鶏がいる。うま味に優れ、脂肪が少なく、淡白で美味とは秋田の比内地鶏の売り文句。原種は国の天然記念物で料理には使えないため、比内地鶏の名で売られているのは他種と交配した一代雑種を固定化した鶏という。それでも貴重で値段も高い▼冒頭の店の焼き鳥はブロイラー。ブロイ...続きを読む

回転窓/成長続ける雪まつり [2017年2月9日1面]

 北海道の冬の風物詩「さっぽろ雪まつり」が始まった。会期中に重なった出張の合間を見計らい、大通公園内に製作された大小さまざまな雪像・氷像を見物し、その精巧さや迫力あふれる巨大さに驚かされた▼複数箇所にある大雪像では、プロジェクション・マッピングやハイレゾ音源対応の音響システムなど最新機器を導入したライティング・ショーを開催。ジャンプ台でスノーボーダーやスキーヤーが華麗なエアショーを披露する。飲食や...続きを読む
1 2 3 4 5 46
(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む