特集

2021暑中特集 カーボンニュートラルへの挑戦-建設・脱炭素宣言 [2021年7月30日]


 2050年にカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量の実質ゼロ)を実現するため、社会全体で脱炭素化の流れが加速している。二酸化炭素(CO₂)など温室効果ガスが起因とされる地球環境への影響は各地に広がり、気候変動に伴う自然災害の激甚化や頻発化が深刻になっている。脱炭素化は人類共通の課題として、重要度や緊急性が増している。

 環境問題への社会的責務が一段と問われる中、SDGs(...続きを読む

シティタワー武蔵小山 完成 [2021年7月26日]


 武蔵小山駅前通り地区市街地再開発組合が進めていた「武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業」が完了した。住居・商業・公益施設一体の複合施設「シティタワー武蔵小山」を建設したほか、道路の拡幅や歩行者空間の整備を行った。シティタワー武蔵小山は高さ145m地下2階地上41階建て、総戸数506戸。東急目黒線武蔵小山駅から徒歩1分の立地。当地区には、完成当時「東洋一」と呼ばれたアーケードがあり...続きを読む

GLP北本完成 7月21日竣工式 [2021年7月21日]


 日本GLPが埼玉県北本市に建設していた先進的物流施設「GLP北本」が完成した。圏央道桶川加納IC、同桶川北本ICからのアクセス性が良く、液状化などの地震被害度も極めて少ない安定した地盤に立地する。設計・施工は矢作建設工業が担当した。



■建築概要■

■工事名称:GLP北本プロジェクト

■工事場所:埼玉県北本市下石戸6丁目316番2他

■発注者:北本ロ...続きを読む

2021海の日 [2021年7月21日]

 四海に囲まれたわが国にとって、私たちの暮らしは、海とともに歩んできた。陸地と海をつなぐ大切な施設である港湾は、他国との貿易窓口として重要な働きを展開するとともに、訪日外客の玄関口の役割を担ってきた。7月22日の「海の日」を前に、今年4月に開港450周年を迎えた長崎港と、地域振興を目的に配布が始まった「離島カード」を紹介する。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発北街区「パークコート文京小石川 ザ タワー」完成 [2021年7月19日]

 東京都文京区小石川1丁目エリアで進められていた春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業「北街区」のタワーマンション「パークコート文京小石川 ザ タワー」が、日本設計の設計・監理、清水建設の施工で竣工した。南北を貫く中央広場の「グリーンバレー」、低層棟の「文京ガーデン ノーステラス」を合わせて整備。先駆けて完成した西街区、南街区(一部施工中)とあわせ、災害に強く、新たなにぎわいと活力をもた...続きを読む

ESR茅ヶ崎ディストリビューションセンター 完成 [2021年7月19日]


 首都圏中央連絡自動車道・寒川南インターチェンジの至近距離にマルチテナント型物流施設「ESR茅ヶ崎ディストリビューションセンター」が完成した。首都圏全域、東海・関西地方などへの配送を想定し、e-コマースや小売業界の商品物流ニーズに対応できる立地条件だ。設計を上野山都市設計、施工を東急・小島JVが担当した。

■建築概要■

■所在地:神奈川県茅ヶ崎市萩園字上ノ前地区土地区画整...続きを読む

MT葛西A棟 完成 [2021年7月19日]


 日本自動車ターミナルが東京都江戸川区の葛西トラックターミナル内で開発を進めていたBTS(ビルド・トゥ・スーツ)型の先進的物流施設「JMT葛西A棟」が完成した。首都高速湾岸線や環状7号線に直結するほか、JR京葉線の葛西臨海公園駅が徒歩圏内と都心部へのアクセス、労働力確保に優れた好立地で、事務用品通信販売会社のアスクルの専用施設として建設された。免震構造の採用、72時間対応の非常用自家発電...続きを読む

国土交通Day 北陸総局企画特集 [2021年7月16日]

 7月16日は、日本の国土交通行政の意識・目的、重要性を広く国民に周知するために制定された記念日(国土交通Day)。記念の日にちなんで、北陸地方整備局が国土強靱化を目指して取り組む防災、減災事業と、老朽化対策事業を紹介する。

TOKYO TORCH初弾プロジェクト 常盤橋タワー完成 [2021年7月15日]


三菱地所が東京駅日本橋口前で進める複合開発「TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)」の初弾プロジェクトとなる「常盤橋タワー」が完成した。地下1階~地上3階が商業ゾーンTOKYO TORCH Terrace(トウキョウトーチテラス)」、9~37階はオフィスとなる。あわせて整備した大規模広場「TOKYO TORCH Park(トウキョウトーチパーク)」も順次開業予定。設計・監理は三菱地...続きを読む

日比谷フォートタワー竣工 [2021年7月15日]


 新橋田村町地区市街地再開発組合が、東京都港区西新橋で開発を進めていた超高層オフィスビル「日比谷フォートタワー」が竣工した。再開発ビルは、新橋、日比谷、霞ケ関、虎ノ門のそれぞれ特長的な文化を有する4エリアの結節点に立地。元々は旧江戸城敷地内に位置し、フォート(とりで)という言葉から、盤石な体制の下で革新的なビジネスの起動点となることを目指して建設された。本再開発事業には三井物産都市開発ら...続きを読む

開成学園創立150周年記念事業 第1期 A棟 完成 [2021年7月12日]


 中高一貫教育を行う私立学校の名門、開成学園(東京都荒川区)が創立150周年記念事業として、段階的に進めている高校校舎建て替えプロジェクト第1弾事業のA棟が完成した。大体育館、普通教室、特別教室で構成され、9月の2学期から使用を開始する。多様化する授業形態に対応した教室空間や生徒の自主的な活動を促すオープンスペースなど、「開成の未来を創る」という記念事業のコンセプトに応えた教育空間を提供...続きを読む

ワタキューセイモア八戸工場 完成 [2021年7月2日]


 青森県八戸市の八戸港近くで建設してきた「ワタキューセイモア株式会社八戸工場」が竣工し、2日に待望の引き渡しを迎える。前工場の老朽化に伴い、北東北地域の新たな拠点として建設。主に青森、岩手両県の病院やホテルなどに高い品質のリネンサプライサービスを提供するための基盤を強化する。設計・施工は古久根建設が担当した。

■建築概要■

■工事名称:ワタキューセイモア株式会社八戸工場新...続きを読む

2021全国安全週間中部地区企画特集 [2021年7月2日]


 7月1日から第94回全国安全週間がスタートした。労働災害防止活動を推進し、安全に対する意識と職場の安全活動のさらなる向上を図ることが目的で、建設業の将来を担う人材を確保・育成するためにも安全な職場環境づくりは不可欠だ。今年のスローガンは「持続可能な安全管理 未来へつなぐ安全職場」。安全に対する取り組みが継続的に行われ、安心して働くことができる職場を将来にわたって維持するためには、事業者...続きを読む

2021大阪支社 労務と安全企画 [2021年7月2日]


 今年で94回目となる「全国安全週間」が1日から始まった。担い手の確保・育成や働き方改革が大きな課題となる中、建設業界が魅力ある産業として認識されるためにも、われわれは全力を挙げて「誰もが安心して安全に働ける快適な職場環境の形成」を進めなければならない。本年の大阪支社「労務と安全」企画では、労働災害防止と労働環境改善に力を注ぐ行政・団体の長に重点施策などを語ってもらうとともに、建設生産の...続きを読む

三井不動産ロジスティクスパーク船橋III 完成 [2021年7月1日]


 三井不動産が千葉県船橋市で建設していたマルチテナント型物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク(MFLP船橋III)」が完成した。同社が手がけるMFLPシリーズのフラッグシップで街づくり型ロジスティクスパークの「MFLP船橋」はIIIの完成をもってグランドオープンを迎える。MFLP船橋はI~III総延べ約70万m2。2万m2超の広大な緑地空間「MFLP船橋・&PARK」の開放やIIで整...続きを読む