特集


2023年12月20日

関西の教育施設整備2023

 わが国の教育現場では、少子化の進展で学校の存続が困難となるケースが増えつつあり、施設の統合・再編や、変化する教育ニーズに沿った教育環境の構築など、持続可能な変革が求められている。関西の教育施設特集では、2023~28年度の6カ年で県立学校施設の教育環境整備に総額300億円の投資を決めた兵庫県教育委員会の取り組み事例や、関西圏の自治体で進む学校施設整備の動向を紹介する。

2023年12月19日

中央自動車道園原IC橋他4橋耐震補強 完成

 中日本高速道路名古屋支社飯田保全・サービスセンターが進めてきた「中央自動車道園原IC橋他4橋耐震補強工事」が完成した。伊那IC~園原IC間にある園原IC橋、園原通過路橋、南大島川橋、前沢川橋、藤沢川橋で橋脚巻き立てや段差防止構造設置、落橋防止構造設置、支承取り換えを行い、耐震性を確保。大規模地震発生時も道路ネットワーク機能を維持し、強靱な国土形成に貢献する。施工は熊谷組が担当した。

2023年12月19日

2023 中部 防災企画特集

 ものづくり産業が集積する中部圏は日本経済の一翼を担っているが、背後にはわが国最大のゼロメートル地帯である濃尾平野が存在し、地震や津波などで被災した場合は、速やかに総合啓開(道路啓開、航路啓開、排水対策計画)を展開する必要がある。その活動を支えるのが建設業であり、南海トラフ巨大地震の発生確率が高まる中、地域の安全・安心を守る地域建設業の役割はますます重要になっている。しかし、建設会社自体が被災し機…

2023年12月15日

横浜ヴェールスクエアCeeU 12月15日 グランドオープン

 横浜市西区の横浜駅西口地区で開発が進められていた商業・住宅の複合施設「CeeU Yokohama」の商業ゾーン「横浜ヴェールスクエアCeeU」がきょう15日、グランドオープンを迎える。同事業は権田金属工業が商業施設、都市再生機構が賃貸住宅を建築する共同事業。「横浜ヴェールスクエアCeeU」はイオンモールが賃借し、運営する。設計、施工はともに大林組が担当。住宅は2025年春の竣工を予定している。

2023年12月15日

2023港湾特集

 海洋立国であるわが国の経済や私たちの暮らしを支える港湾は、極めて重要な社会資本だ。にもかかわらず、コンテナ船の大型化や世界的な物流再編、脱炭素社会の構築など、わが国港湾を巡る環境は一段と厳しさを増している。加えて、物流の2024年問題や改正労働基準法の完全施行を控え、港湾工事従事者不足の深刻化も問題となっている。「2023港湾特集」では、国土交通省の稲田雅裕港湾局長や、東京工業大学の岩波光保教授…

2023年12月15日

ESR名古屋南ディストリビューションセンター2 完成

 ESRが名古屋市港区で開発を進めていたマルチテナント型物流施設「ESR名古屋南ディストリビューションセンター2」が完成した。耐震構造のボックス型で、1階にトラックバースを23台分配置し、敷地内には海上コンテナトレーラーにも対応できるエリアを含め、計19台のトラック待機場を備えている。名古屋都市圏にとどまらず中部圏、西日本、東日本への広域配送、輸出入貨物など幅広い物流ニーズに対応する中京圏屈指の物…

2023年12月14日

ジオ高松常磐町J.CRESTタワー 完成 

 阪急阪神不動産とJR四国が高松市で整備を進めていた「ジオ高松常磐町J.CRESTタワー」が完成した。阪急阪神不動産が香川県内で手掛ける初の分譲マンションとなる。常磐町商店街に直結し、快適な都心ライフを提供する。設計・監理はユーデーコンサルタンツ、施工は合田工務店が手掛けた。

2023年12月13日

創刊95周年記念特集号第3集/国のかたちを考える-建設産業が描く未来ビジョン

 社会構造の変化とデジタル技術の進展に合わせて、多種多様な業界が異分野との結びつきを強めている。そうした潮流の中で、新たな事業展開を模索する建設産業の取り組みも活発化、ロボットや生成AIの実装など、先端技術の開発・実用化に向けて各社が戦略を巡らせる。  インフラ分野ではDXによって施設の整備や維持管理、街づくりなどで生産性の向上、公共サービスの高度化を図る動きが各地に広がる。先端技術の社会実装を主…

2023年12月12日

2023 建設産業のグローバル展開

 わが国だけでなく相手国の経済成長にもつながる「質の高いインフラ輸出」。本邦建設産業の得意な分野であり、各国が抱える社会課題の解決という国際貢献にもつながる。本特集「2023建設産業のグローバル展開」では、官民識者のインタビューや寄稿、わが国設計事務所の海外建築作品を紹介する。

2023年12月12日

西日本高速道路関西支社管内安全協議会/2023年度優良事業所表彰

 西日本高速道路関西支社は11月14日、大阪市北区のホテルエルセラーン大阪で2023年度「関西支社管内安全協議会」(会長・安達雅人西日本高速道路関西支社長)の総会を開き、保全関係工事40者、建設工事11者をそれぞれ表彰した。新名神高速道路など新設工事が本格化する一方、中国自動車道や阪和自動車道など各地でリニューアルプロジェクトが始まっており、総会では工事中の事故防止に向けて一丸となって取り組むこと…

1 2 3 4 5 6 162