サイト内検索

検索結果:12096件

大林組/BIM活用しクレーン操作ガイド/死角も含め現場状況の確認可能 [2019年1月17日3面]

 大林組は、安全で効率的なクレーン操作を支援するマシン・ガイダンス・システム(MGS)を開発した。BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)で作成した建設現場の3次元モデルを活用。死角も含めて任意の視点から現場の状況が確認できるようにした。安全に運搬するために必要な操作量を表示する機能も登載している。安全性が高まるとともに、経験が浅いオペレーターでも効率的で正確な作業が可能になる。
...続きを読む

建築家・六角鬼丈氏が死去/代表作に東京武道館/1月22日に告別式 [2019年1月17日2面]

 建築家で東京芸術大学名誉教授の六角鬼丈(ろっかく・きじょう)氏が12日午後7時55分に死去した。77歳だった。通夜は21日午後6時、葬儀・告別式は22日正午から東京都台東区上野公園14の5の寛永寺輪王殿第2会場で。喪主は次女の美瑠(みる)さん。
 1941年東京都生まれ。65年に東京芸大美術学部建築科を卒業した。磯崎新氏のアトリエを経て、ポストモダンの建築家として注目を集めた。69年に六角鬼丈...続きを読む

BIMのその先を目指して・83/樋口一希/加速するベンダーとの協働 [2019年1月17日]

 ◇昇降機のBIMモデル活用と構造BIM連携の動向

 BIMの普及が進む中でベンダーとステークホルダーとの協働が加速化している。オートデスクと東芝エレベータ、大林組などゼネコン3社との提携について報告する。


 □昇降機のBIMモデルをクラウド上で一元管理し設計事務所や施工会社との協働環境を構築□


 東芝エレベ...続きを読む

大成ロテック/アジア照準に海外事業拡大へ/4月にもベトナムに現法設立 [2019年1月16日3面]

 大成ロテックは、アジア圏をターゲットに海外事業を強化する。2000年代初頭から取り組んできた中国での事業展開に加え、「プラスワンで東南アジアに進出する」(西田義則社長)としている。初弾はベトナムで、昨年首都ハノイに設けた駐在員事務所で必要な手続きを行いながら、4月をめどに現地法人も立ち上げる計画だ。成長市場で環境技術を生かした事業を展する。
 海外事業を強化するために同社は昨年11月、統括組織...続きを読む

2040年の鉱業・建設業就業者数/最大221万人減見込む/厚労省研究会推計 [2019年1月16日2面]

 中長期的な労働政策を話し合う厚生労働省の雇用政策研究会(座長・樋口美雄労働政策研究・研修機構理事長)は15日、労働力人口の将来推計を公表した。女性や高齢者の就労と経済成長が進まない前提で算出したところ、「鉱業・建設業」の就業者数は2025年時点で直近の17年(493万人)と比べ54万人少ない439万人になる。40年時点は221万人減の272万人を見込む。
 労働力人口の実績値と将来推計は、総務...続きを読む

キャリアアップシステム/都内の建築2現場で限定運用開始/本運用に向け利用状況検証 [2019年1月16日1面]

 「建設キャリアアップシステム」(CCUS)の限定運用が始まった。安心・円滑な利用に向けた検証のため、建築・土木・住宅の新築や改修など24現場を選定。うち東京都内の建築工事2現場で15日、CCUSが初めて運用された。限定運用は3月まで選定された現場で順次実施。検証結果をシステム運用やマニュアルに反映させ、19年度から本運用に移行する。
 CCUSは建設技能者の就業履歴や保有資格などを、業界横断的...続きを読む

回転窓/ゴールデン・スポーツイヤーズ到来 [2019年1月16日1面]

 国内で大規模な国際スポーツイベントの開催が相次ぐ。今年のラグビーワールドカップ、2020年東京五輪・パラリンピックに続き、21年には生涯スポーツの国際大会であるワールドマスターズゲームズ(WMG)が関西エリアで開かれる▼WMGは五輪と同じく4年ごとに開催され、アジア初の次期大会は10回目の記念大会でもある。競技種目の中には綱引きやゲートボールなどもあり、おおむね30歳以上のスポーツ愛好者であれば...続きを読む

大阪府貝塚市/せんごくの杜開発事業/大本組ら2社グループに、流通加工工場整備計画 [2019年1月16日10面]

 大阪府貝塚市は、「せんごくの杜(千石荘病院跡地)開発事業」の事業者を決める公募で、大本組・PALTACグループを優先交渉権者として選定した。未利用地などの活用区域「せんごくの杜」(名越ほか)の産業・流通エリア(千石荘病院跡地、8万6500平方メートル)への企業立地促進に向けて、開発・誘致を行う。次点交渉権者はりそな銀行・矢作建設工業グループだった。
 優先交渉権者グループの提案によれば対象地に...続きを読む

18年の建設業倒産/10年連続減の1431件、過去30年で最少/東京商工リサーチ [2019年1月16日2面]

 東京商工リサーチが15日まとめた建設業の18年(1~12月)倒産件数は、前年比9・3%減の1431件と10年連続で前年を下回り、1989年以降の過去30年間で最少だった。負債総額は14・1%増の1753億3400万円と5年ぶりに前年を上回った。エム・テック(さいたま市、向山照愛社長)の大型倒産(負債253億4900万円)を含め、負債10億円以上の大型倒産が前年から2件多い19件になったことが影響...続きを読む

セイレイ興産/ヤンマー東京支社ビル建替(東京都中央区)/20年2月に本体着工 [2019年1月16日4面]

 ヤンマーグループのセイレイ興産(大阪市北区、山岡健人社長)は、JR東京駅八重洲中央口前で計画するヤンマーの東京支社ビル(東京都中央区)の建て替えについて、本体工事を20年2月に開始する。既存の地下躯体を活用しながら、延べ2・2万平方メートル規模のビルを新築する。設計は日建設計が担当。施工者は決まっていない。地上解体は竹中工務店の施工で昨年12月末に完了している。22年1月末の竣工を目指す。
 ...続きを読む
インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む