技術・商品

鹿島道路/地上移動体搭載型LSで作業効率向上/計測・解析時間3分の1に [2018年3月23日3面]

 鹿島道路は、自社開発した地上移動体搭載型レーザースキャナー(LS)を舗装工事の出来形管理に初適用した。従来の地上固定型LSと比較して計測時間などが3分の1に削減でき、計測精度も従来型と同等なことを確認。LSを移動させながら計測するため、従来型のように計測地点ごとに設置替えをする手間がない点も特長だ。直轄工事でのICT(情報通信技術)活用を視野に入れ、新たな計測方法の導入による作業効率の向上を目指...続きを読む

日立建機/双腕型建機に4脚クローラー装備/試作機開発、不整地でも安定作業 [2018年3月23日3面]

 日立建機は2本のアームと四つのクローラーを備え、ビルの解体や金属リサイクル、林業、産業廃棄物処理など多様な用途に対応できる「双腕型建機」の試作機を発表した。
 独立して動く4脚のクローラーを採用し、一般的な2クローラー方式の建機では困難だった傾斜地や不整地での走行や作業で、安定性を高めた。現時点で実用化の予定はないものの、試作機の製造技術や操縦ノウハウなどを新機種の開発に役立てるとしている。
...続きを読む

大林道路、ユナイト/舗装ローラー用の緊急停止装置開発/ミリ単位で危険範囲設定 [2018年3月22日3面]

 大林道路は20日、舗装工事用のローラーなどに搭載する緊急停止装置を開発したと発表した。タイヤローラーの自動運転による無人化施工技術の開発を進めており、緊急停止装置は開発過程で得た技術を転用した。重機周辺の危険範囲を1ミリ単位で任意に設定できるのが特長。タイヤローラーとマカダムローラー各50台への設置が完了し、全国の工事で活用している。
 道路建機レンタル会社のユナイト(東京都中央区、須郷洋一社...続きを読む

JR東日本/鉄道BIM・CIMの共有サーバーを本格導入/18年度から全工事で [2018年3月22日4面]

 JR東日本は鉄道施設を対象にしたBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)とCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)を活用した建設生産システム構築の一環で、鉄道BIM・CIMの共有サーバーを本格導入する。既に複数現場に試行導入し、遠隔地の営業線工事での列車運転に関する保安打合せなどで有効性を確認。機能改良を進め、18年度初めには建設工事部門の全工事で共有サーバーを...続きを読む

大林組/耐震・制震ダンパーをユニット化/設置数減らしコスト低減、熊本城復旧に採用 [2018年3月20日1面]

 大林組は、建物に取り付け耐震性能と制震効果を同時に発揮する「クロスダンパー」を開発した。梁と柱で囲まれた空間にブレーキダンパーとオイルダンパーを交差させた構造の装置を取り付ける。これまで別々の空間に設置していた二つのダンパーが同一空間に収められる。装置の設置箇所数が減らせるため、耐震改修工事のコスト低減と工期短縮が実現できる。熊本市中央区で施工中の「熊本城天守閣復旧整備工事」で採用が決まっている...続きを読む

鹿島、NECネッツエスアイ/入院患者睡眠環境最適化システム開発/音や光を自動制御 [2018年3月16日3面]

 鹿島とNECネッツエスアイは15日、多床室(相部屋)に入院する患者の睡眠環境などを自動的に最適化するシステムを開発したと発表した。音や光などの睡眠環境を構成する要素を各患者の生活リズムに合わせて自動制御することで、各患者にとって最適な療養環境を創出する。改修工事での導入も可能。18年度は改修を含め年間200床以上の受注を目指す。
 「NEM-AMORE(ネマモーレ)」は、鹿島が16年に開発した...続きを読む

鉄建建設ら/小水力発電装置を開発/農業用水路でも効率的に発電、茨城県で試験運転 [2018年3月16日3面]

 鉄建建設は15日、新型タービンを搭載した小水力発電装置を開発したと発表した。発電性能は1分当たり60回転(60rpm)で9・6ワット。小規模な農業用水路やトンネル湧水を排出する中央排水溝程度の水量で発電できる。害獣侵入を防ぐ電気柵を作動させたり、河川の水位計測データを観測所に送信できたりする。現在、茨城県石岡市の農業用水路で試験運転を実施している。
 水力発電は、装置の規模に関係なく水深の浅い...続きを読む

熊谷組/VR活用の風環境可視化システム開発/立体的に把握、ビル風対策に有効 [2018年3月15日3面]

 熊谷組は14日、VR(仮想現実)技術を活用したビル風の可視化システムを開発したと発表した。数値流体解析により建物周辺の風速や風向のデータを取得し、それを基にVR空間で風の流れを視覚化する。本来は見えない複雑な風の流れを立体的に捉えられ、ビル風の原因が正確に把握できるようになる。
 可視化システムは、頭部に装着して映像を映し出すウエアラブル端末を活用する。風が吹いている方向を視覚的に理解できる。...続きを読む

鹿島、コマツ/建機自動化システム開発体制強化/理研とAI導入促進チーム発足 [2018年3月14日3面]

 鹿島は、コマツと共同で進める建設機械の自動化システム「クワッドアクセル」の研究開発体制を強化する。両社の取り組みに理化学研究所(理研)の革新知能統合研究センターが加わり、3者による連携チームを発足。人工知能(AI)による自動化機械の自律性向上や自動化施工での生産計画・管理の合理化・最適化の実現に向け、アクセルを踏み込む。
 3者の研究テーマは「建設機械の自動化を核とした自動化施工システムの構築...続きを読む

東洋建設/クレーンカメラ映像検知システム開発/作業員の接近検知し警告 [2018年3月14日3面]

 東洋建設は13日、クレーンによるつり荷作業の安全性を高めるシステムを開発したと発表した。クレーンのブーム先端に設置するカメラの映像から画像認識技術で作業員を検出。つり荷付近に作業員が近づくと警告灯が点灯し、接近を知らせる。操縦者がつり下ろし場所を目視できない防波堤工事をはじめ、海上・陸上の土木現場に導入していく。
 「クレーンカメラ映像検知システム」は、作業員のヘルメットの色を登録しておき、設...続きを読む

戸田建設/2023年の超高層建築現場構想を発表/ロボや作業自動化で生産性向上 [2018年3月12日3面]

 戸田建設は9日、5年後を想定した超高層建築工事の現場構想「トダ・イノベーション・サイト~2023年の姿~」を発表した。現場の生産性を飛躍的に高めるため、最先端のロボット技術や作業の自動化など具体的な施工技術を盛り込んだ。23年までに各技術を実用化し、全国の作業所に積極的に導入していく。
 同社は、16年12月に「建設の未来像~2030年の姿~」と題した提言を発表。先端技術を活用した10~15年...続きを読む

戸田建設/タワークレーン2次元自動誘導システム開発/最短ルートで取り付け位置に [2018年3月9日3面]

 戸田建設は8日、タワークレーン向けの「2次元自動誘導システム」を開発したと発表した。操縦席のディスプレーに表示されたCAD図面で、オペレーターがつり荷の受け取り位置と取り付け位置を選択。運搬に必要なブームの起伏・旋回時間が自動演算され、最短ルートで取り付け位置まで自動誘導する。オペレーターの負担軽減と揚重作業の効率化が実現できる。
 タワークレーンによる荷物の揚重作業は、常に変化している現場の...続きを読む

竹中工務店/つり下げ式手術エリア免震システム開発/震災後の医療継続が可能に [2018年3月9日3面]

 竹中工務店は、病院向けの新しい免震技術を開発した。天井内蔵型の免震装置を使って手術エリア全体を構造躯体からつり下げる。手術室だけでなく、手術ロビーや医療器具などを置く器材室(中央材料室)を含めたエリアが、一体的に免震できる。医療機器の転倒や破損を防ぎ、地震直後の手術も可能になる。建物全体を免震化した場合よりコストが低く抑えられるといったメリットもある。
 「手術エリア免震システム」で使用する免...続きを読む

建設関連各社/災害対策に先端デジタル技術導入/避難計画立案や地形測量に新ツール [2018年3月9日3面]

 東日本大震災を教訓に事業継続計画(BCP)の重要性を認識する企業が増えた。建設関連業界でも数多くの企業が災害発生後、顧客の円滑な事業運営や社会インフラの迅速な復旧を支えるための技術開発を強化。最近ではVR(仮想現実)やAR(拡張現実)といった先端のデジタル技術を活用した災害対策ツールも実用化されつつある。
 地震だけなく風水害などの大規模災害が相次ぐ中、建築物にはこれまで以上に高い安全性が求め...続きを読む

日本道路/高強度の半たわみ性舗装を開発/静的荷重への強度が3倍に [2018年3月8日3面]

 日本道路と秩父コンクリート工業(東京都台東区、山口博司社長)は、静的荷重に対する強度を従来品の約3倍に高めた「高強度半たわみ性舗装」を共同開発した。従来品に比べて破損しにくく、トラックなどが長時間駐停車する場所での修繕工事に適用する予定。既に仙台市の工事1件に適用した。今後、年間10万平方メートル程度の採用を目指す。
 「ウルトラペーブH」は、これまでの半たわみ性舗装と比較し、静的荷重に対する...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む