特集

高崎アリーナ 完成 [2017年3月24日]

 地方創生などに伴い都市間競争が激化する中、全国有数の交通拠点性を生かした新たな街づくりが進む〝高崎市〟。同市がスポーツの新しい殿堂として建設してきた新体育館「高崎アリーナ」が、完成した。JR高崎駅西口から徒歩圏内にある立地の良さだけでなく、自然採光を十分に取り入れるための〝のこぎり形状〟の屋根をはじめとする優れたデザイン性が、国内外から多くの人を引き寄せる賑わい空間となってくれるだろう。設計は山...続きを読む

国道357号 東京湾トンネル(東行き)貫通 [2017年3月23日]

国土交通省関東地方整備局が建設する国道357号「東京港トンネル(東行き)」が貫通した。泥土圧式シールド工法によるトンネル掘削は、日本経済にとって不可欠な物資の大動脈、東京港第一航路の下を最小土かぶり約7mで通過していかなければならない難工事だった。工期短縮、安全確保という施工の大命題に、発注者からの信頼がとりわけ厚い大林組と、土木施工技術の高さに定評のある鹿島の特定建設工事共同企業体(JV)がいど...続きを読む

関東学院大学金沢八景キャンパス3号館 完成 [2017年3月22日]

 横浜市金沢区で建設が進められていた、関東学院大学金沢八景キャンパス3号館が完成した。関東学院大学が法学部の小田原キャンパスからの全学年移転に伴い整備したもので、多様な学習ニーズに対応した高い機能を備えているほか、学生が長い時間を過ごせる居心地の良い環境が創り出されているのが特徴だ。設計を山下設計、施工を前田建設工業が担当した。きょう22日、献堂式が行われる。



...続きを読む

岩手郵便局 完成 [2017年3月21日]

 日本郵便が岩手県北上市相去町の北上南部工業団地内で建設を進めてきた「岩手郵便局」が完成し、21日に開局する。郵便・物流ネットワーク再編事業で計画された同施設は、S造3階建て延べ約2万5000平方メートルの規模で、岩手県全域の郵便やゆうパックを取り扱う拠点施設として建設。物流ソリューションセンターを東北で初めて併設しており、商品の保管、受注、梱包といった倉庫作業から配送までの物流サービス機能を充実...続きを読む

2017大阪支社 社会保険加入促進企画 [2017年3月21日]

 間もなく国土交通省が推進する社会保険未加入対策の目標年次を迎える。17年度中の社会保険の全許可業者加入と、労働者の製造業並み加入率達成を目指し建設業界と取り組みを急ぐ。日刊建設工業新聞社大阪支社では「2017社会保険加入促進企画」で、近畿地方整備局の寺本耕一建政部長に取り組みの成果や今後の展望を聞き、府県の取り組み状況を探った。

大泉学園複合施設 ねりま健育会病院 介護老人保健施設ライフサポートねりま 完成 [2017年3月17日]

 東京都練馬区で建設が進められていた大泉学園複合施設「ねりま健育会病院 介護老人保健施設ライフサポートねりま」が完成した。東日本で医療・介護サービスを展開する健育会がリハビリテーションを核とした病院と介護老人保健施設を複合した地域包括ケアモデルの中核を目指して建設したもので、『攻めのリハビリテーション』を実践する期待の施設だ。伊藤喜三郎建築研究所が設計、熊谷組が施工を担当。地域に融け込む落ち着きと...続きを読む

医療法人 浄光会 千葉みなと病院 竣工4月5日開院 [2017年3月17日]

 千葉市中央区に新築、移転する医療法人浄光会千葉みなと病院が完成し、明日18日に竣工式を迎える。海と空を見渡す眺望をぜいたくに採り入れた開放的な空間構成が特徴で、広々とした美しい眺めが外来・入院患者を癒やし、いち早い健康回復に寄与すると期待されている。高齢化社会の進行に伴う療養ニーズの高まりに応え、療養病棟を増床するとともに、診療機器や入院患者向けの浴室、ベッドなどの設備を充実。65年にわたり市民...続きを読む

栄光学園中学高等学校70周年事業 新校舎 完成 [2017年3月17日]

 首都圏屈指の名門校、栄光学園中学高等学校が、創立70周年事業として建て替えを進めていた新校舎が完成した。同校は1947年に横須賀市田浦で誕生し、1964年に鎌倉市玉縄の地へ移転。未来のリーダーをはぐくむ新校舎の完成が、新たな時代の始まりを告げる。新校舎は、本校舎棟と西棟の2棟で構成し、どちらもRCと木のハイブリッド構造を採用。広大な敷地を生かして低層化を図り、自然を感じられる理想的な教育環境を実...続きを読む

函館駅前若松地区第一種市街地再開発事業 キラリス函館 完成 [2017年3月17日]

 JR函館駅をバスターミナル側の出口に出ると、最初に視界に飛び込んでくる高層の建物が「キラリス函館」。北海道新幹線の開業に伴い、北海道の玄関口として再び注目を浴びている函館で、赤レンガ倉庫群や函館朝市とともに観光客を出迎える新たなランドマークが17日に誕生する。建物は商業施設や函館市の公益施設が入る低層階と分譲マンションが入る高層階で構成。設計は西松建設北日本支社一級建築士事務所、施工は西松建設札...続きを読む

国土交通省 東北地方整備局 (宮城県内)直轄4河川河口部震災復旧の展開 [2017年3月17日]

 東北地方整備局が宮城県内で津波被災した4河川河口部の復旧事業を進めている。そのうち石巻市の北上川、東松島市の鳴瀬川、岩沼市と亘理町の阿武隈川では堤防、水門の工事が完成し、仙台市と名取市の名取川でも復旧作業は大詰めとなった。多重防御と街づくり、ハードとソフトを組み合わせた河川防災の展開を紹介する。

近畿の港湾空港特集 南海トラフ地震に備えた防災・減災対策 [2017年3月16日]

 近い将来発生が予想される南海トラフ地震に備え、市民生活や経済活動を支える港湾・海岸施設の耐震化、津波対策が急務となっている。こうした中、和歌山県では「津波から『逃げ切る!』支援対策プログラム」を策定し、津波避難困難地域の解消に取り組んでいる。加茂年彦港湾空港局長に具体的対策を聞いた。近畿地方整備局和歌山港湾事務所が進めている「和歌山下津港海岸(海南地区)直轄海岸保全施設整備事業」の進ちょく状況も...続きを読む

国立大学法人電気通信大学100周年キャンパス完成 [2017年3月16日]

 東京都のほぼ中央に位置する調布市の要衝、京王線調布駅の西側で建設が進められていた電気通信大学100周年キャンパスが完成した。電気通信大学が2018年の創立100周年に向けた「UECビジョン2018」の取り組みの一つとして計画したもので、共同研究施設棟と2棟の学生宿舎、職員宿舎を整備した。三菱倉庫を代表とするグループがそのノウハウを活かして建設・運営を行う官民連携事業で、今後40年にわたり運営して...続きを読む

日本大学文理学部本館 竣工 [2017年3月10日]

 東京都世田谷区の日本大学文理学部キャンパスで建設が進められていた本館が竣工した。本館は社会系4学科、理学系3学科の研究施設、510人収容可能なセンターホール、学生同士がお互いに議論を進めながら学習できる「ラーニングコモンズ」などで構成。日本大学の教育理念「自主創造」を体現した新しい文理学部のシンボルとなり、学生や教職員の活発な交流、活動を生み出す中核拠点としての役割が期待されている。設計はNTT...続きを読む

日本大学櫻丘高等学校 生徒会館・体育館 竣工 [2017年3月10日]

 日本大学櫻丘高等学校(東京都世田谷区)の第2期キャンパス整備事業の初弾となる生徒会館・体育館が竣工した。日本大学の「自主創造」という教育理念に基づき、生徒が将来の夢に向かって自ら思考、学習できる教育環境と、前回の東京オリンピックで女子バレーボールチームの練習会場となった歴史を継承し充実したスポーツ環境を実現している。設計は安井建築設計事務所、監理は日本大学本部管財部営繕課、施工はフジタが手掛けた...続きを読む

芝浦工業大学製図室棟「アーキテクチャープラザ」竣工 [2017年3月6日]

 芝浦工業大学(五十嵐久也理事長)が、豊洲キャンパスに建設を進めていた製図室棟「アーキテクチャープラザ」が完成し、2月27日に竣工式が行われた。2017年4月の建築学部建築学科開設に合わせた教育環境の整備事業の一環であり、4年間を豊洲キャンパスで過ごす建築学部生の能動的な学びを支援する。90年の歴史と伝統を誇る芝浦工業大学の建築教育が基礎となる建築学部は、生活環境、都市などにおけるさまざまな問題に...続きを読む
(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む