特集

2017 東関東暑中企画 [2017年8月4日]

 千葉・茨城の両県で、大規模事業が活発化している。JR千葉駅や同水戸駅周辺といった市の顔となる場所では、再開発などの計画が進んでおり、これを契機に観光や都心居住などにつなげようという動きが目立つ。郊外部でも工場や物流施設の立地が盛んになっている。首都圏中央連絡自動車道(圏央道)などの道路インフラが充実したことにより、アクセスが飛躍的に向上しており、これからも注目を集めていきそうだ。

2017年 関東支社暑中企画 [2017年8月3日]

 人口減少や少子高齢化が進行する中で、地域の持続可能性が大きなテーマとなっている。課題の一つが、公共施設のあり方であり、適切な維持管理や、将来を見据えた施設の効率化などを検討する動きが出ている。それら社会基盤を支える建設産業が、地域に存在し続けることも欠かせない。こうした背景を踏まえ、埼玉、栃木、群馬、長野の4県全85市を対象に、公共施設政策と建設産業政策に関するアンケート調査を実施し、最新状況を...続きを読む

シティハイツ六本木等複合施設 竣工 [2017年8月1日]

 東京・港区が六本木6丁目で整備を進めていたシティハイツ六本木等複合施設が竣工した。建て替えられた区営住宅シティハイツ六本木のほか、同区初のサービス付き高齢者向け住宅、障害者グループホーム、機械式自転車駐車場、区民協働スペース、災害対策職員住宅、防災備蓄倉庫の計7施設が複合する2棟の建物で構成される。活気に満ちた商業・オフィス街と閑静な住宅・外国公館街を併せ持つ六本木エリアにふさわしいダイナミック...続きを読む

大阪支社提言企画2017 [2017年7月31日]

 関西は首都圏のバックアップ機能を担う上で最適な都市圏であり、今こそ経済活動や防災・減災対策、観光振興を下支えするインフラ強化を進めなければならない。関西の再浮揚は日本の景気拡大の大きな鍵を握り、とりわけ北陸新幹線やリニア中央新幹線の大阪までの早期開通をはじめとする高速鉄道網の整備、高速道路ミッシングリンクの解消による物流ネットワークの複線化といった社会基盤をスピーディーに整備する必要がある。...続きを読む

国土交通DAY 中国総局企画特集 [2017年7月31日]

 中国地方整備局の17年度予算は、直轄事業1730億5200万円(前年度比0・8%増)、補助2851億0100万円(4・3%減)の合計4581億5200万円(2・4%減)。直轄事業のうち、本省配分は1098億3200万円、一括配分は632億2000万円。水害・土砂災害や巨大地震等に備えるための防災・減災、老朽化対策、「成長と分配の好循環」による成長力の底上げと地方創生の実現など、直面する課題に緊急...続きを読む

JRさいたま新都心ビル 完成 [2017年7月28日]

 JR線さいたま新都心駅の西口で建設が進められていた、「JRさいたま新都心ビル」が完成した。東日本旅客鉄道が、埼玉県屈指の拠点エリアとして発展を続ける同駅周辺の賑わいを一層高める地域のランドマークとして建設したもので、保育所やホテル、ブライダル、商業、業務を複合した利便性の高い施設となっているのが特徴だ。設計を清水建設、施工を大和ハウス工業が担当。駅西口の新たな顔となるシンボリックな姿が行き交う人...続きを読む

北海道大学 土木工学研究棟 完成 [2017年7月27日]

 北海道大学が総合研究棟群再開発の一環として建設を進めていた総合研究棟(工学系)が完成した。施設には拡充した学生研究室に加え、海外から来る研究員用のオープンラボなども導入。主要機能である実験室の整備に当たっては実験室の配置や構造を工夫し、港湾やコンクリートに関する大規模実験も可能とする空間を実現した。外観の特徴である白黒のモノトーン調と、梁や柱を強調したデザインは既存の総合研究棟を踏襲。施設計画の...続きを読む

大阪港開港150年 [2017年7月27日]

 大阪港が7月15日に開港150年を迎えた。1868年の開港以降、本格的な築港工事により施設整備が進められ、現在ではわが国屈指の貿易港として、北米・欧州・地中海・豪州・アジアなど、世界約150の国と地域、約600の港とを結び、人口約2100万人を抱える近畿圏の生産消費活動を支えている。また、夢洲地区ではIR(統合型リゾート)や2025年日本万国博覧会の誘致が進められており、関西経済発展の起爆剤とし...続きを読む

「森の中の家 安野光雅館」が完成 [2017年7月26日]

安藤忠雄氏(東京大学名誉教授 安藤忠雄建築研究所)設計の「森の中の家 安野光雅館」が完成し、6月23日オープニングセレモニーが行われた。京都で料亭「和久傳」を営む桑村綾さんが収集している画家・安野光雅氏の作品を「和久傳」創業の地、丹後・久美浜につくったギャラリー。

植物生態学の宮脇昭氏の指導で広大な森「和久傳の森」をつくった。安藤氏は「〈森の中の家〉という名称は安野光雅さんの発案による...続きを読む

北海道総局企画特集 国土交通DAY [2017年7月26日]

 建設業の人手不足が全国的な問題となる中、全国平均を上回るスピードで少子高齢化が進行している北海道でも若い担い手の確保・育成は喫緊の課題だ。若年者の入職に向けては職場環境の改善を重点課題として各企業がさまざまな取り組みを進めており、建設現場の安全性向上もその一つ。北海道労働局を中心に、交通災害や冬季の転倒災害が多いという地域特有の課題への対応が進んでいる。一方で、建設機械との接触事故防止に向け、人...続きを読む

滋賀労働総合庁舎 完成 [2017年7月24日]

 厚生労働省の支出委任により、国土交通省近畿地方整備局が15年10月から進めてきた「滋賀労働総合庁舎建設工事」がこのほど竣工した。大津市内に点在する滋賀労働局、大津労働基準監督署、大津公共職業安定所(ハローワーク大津)を集約することで、利用者の利便性向上とともに、既存施設の老朽化・狭あい化といった課題の解消と行政効率の向上を図ることなどを目的に計画された同施設では、「環境とつながる」「人とつながる...続きを読む

東北地方整備局 2017年度事業展望 [2017年7月24日]

 測量・設計や施工にドローン(小型無人機)や3次元データを取り入れるICT(情報通信技術)施工は、東北地方でも大手企業を中心に〝標準〟になりつつある。復興道路などの大規模な土工現場にICTを取り入れる動きが広がり、小規模工事へのICT採用を模索する中小企業も増え始めた。東北整備局は大規模土工から舗装、港湾浚渫工事へとICT試行工事のステージを広げ、より少ない人数で多くを生産できるICT化を多工種に...続きを読む

石屋製菓 北広島工場 きょう竣工 [2017年7月21日]

 北海道土産の代名詞でもある石屋製菓の看板商品「白い恋人」の新たな生産拠点が7月21日、北海道北広島市にオープンする。新工場では石屋製菓のもう一つの主力商品「美冬」も生産予定だ。

 施工は清水・岩田地崎共同企業体が担当。施工に当たっては、食品工場の天敵である結露の対策や、生産に必要な大量の空気を調達する空調計画に努め、高品質な食品工場を実現した。

 JR千歳線の線路に面した...続きを読む

東京大学総合図書館別館 完成 [2017年7月18日]

 東京大学本郷キャンパスで建設が進められていた「総合図書館 別館」が完成した。東京大学が増え続ける蔵書に対応するため進めている新図書館計画(アカデミックコモンズ計画)の一環として本館の改修と合わせて建設したもので、本館前の地下に300万冊の収納が可能な施設を整備した。清水建設がニューマチックケーソン工法で施工した地下40mに及ぶ施設には、日本ファイリングの高効率で高機能な自動化書庫が備えられている...続きを読む

国家公務員共済組合連合会 立川病院 完成 [2017年7月18日]

 国家公務員共済組合連合会が東京都立川市で整備を進めていた立川病院の新棟が完成し、きょう7月18日に外来診療を開始する。既存病院に隣接する土地に、450床の病室や先進医療設備を備え、大地震の際も病院機能の維持が可能な免震構造を採用した新病院を建設するプロジェクトで、今後、立川市の急性期総合病院としてさらに充実した医療サービスの提供が期待されている。設計・監理は久米設計、施工は大林組で、引き続き既存...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む