特集

アトラス日暮里イーストレジデンス 完成 [2017年11月13日]

 旭化成不動産レジデンスが東京都荒川区で建設を進めていた分譲マンション「アトラス日暮里イーストレジデンス」が完成した。同社が展開する都市型マンションブランド「ATLAS(アトラス)」シリーズのコンセプトを体現する建物として、落ち着きを感じさせながらスタイリッシュな仕上がりとなっている。JR山手線の日暮里駅エリアに集積する同シリーズの他物件とともに、新たな都心住宅地を形成する。設計・監理は核建築設計...続きを読む

昭和設計創立60年 [2017年11月10日]

11月11日は公共建築の日 [2017年11月10日]

 11月11日は「公共建築の日」。建物の基本的な構造を象徴する4本の柱をイメージして、2003(平成15)年に定められた。公共建築の代表格、国会議事堂の完成年月が昭和11年11月であることにも由来しており、毎年11月は「公共建築月間」となっている。「公共建築の日」「公共建築月間」を契機に、ことしも全国各地でさまざまな催しものが予定されている。

京王プレッソイン浜松町 完成 [2017年11月9日]

 京王電鉄が東京都港区で建設していたホテル「京王プレッソイン浜松町」が完成し、きょう竣工式が行われる。同社グループが展開する京王プレッソインチェーンの中でも指折りの大型ホテルで、使い勝手にこだわった339室を配置。国内外のビジネス・観光客の利用が期待できる東京都心にありながら、周囲の街並みにマッチした落ち着いたたたずまいを見せる。設計・施工は前田建設が担当。いよいよ12月20日にはオープンを迎える...続きを読む

千葉県香取合同庁舎 完成 [2017年11月6日]

 千葉県香取市で建設が進められていた「千葉県香取合同庁舎」が完成した。千葉県が東日本大震災による被害や老朽化で対応が急がれていた香取地域の県施設を集約したもので、今後進める出先機関の合同庁舎化のリーディングプロジェクトとなる。新庁舎は防災活動拠点として、また佐原駅に隣接する立地を活かした新たなまちづくりの起爆剤としても期待されている施設だ。設計をアール・アイ・エー、施工を阿部・石井JVが担当。洗練...続きを読む

医療法人社団健育会 湘南慶育病院 完成 [2017年11月2日]

 医療法人社団健育会が藤沢市が掲げる「健康と文化の森」で建設を進めていた湘南慶育病院が完成し、4日に落成式を迎える。230床の病床を備え、二次救急に対応するほか、慢性期の療養や、回復期のリハビリテーションとして高齢化が進む藤沢市西北部エリアの医療を担う。また、隣接する慶應義塾大学の看護医療学部とも連携し、両者の持つ知見を生かした看護および介護・医療に関する教育研究連携や訪問看護などの地域医療サービ...続きを読む

津波防災特集 [2017年11月1日]

 毎年11月5日は「津波防災の日」。東日本大震災を教訓とした「津波対策の推進に関する法律」が11年6月に制定された際、同日を「津波防災の日」に定めた。これは、嘉永7(1854)年11月5日の安政南海地震(M8・4)で和歌山県を津波が襲った際に、収穫したばかりの穂を積み上げた「稲むら」に火を放って、暗闇の中で逃げ遅れた村人を高台に避難誘導して多くの人命を救った「稲むらの火」の逸話にちなんでいる。...続きを読む

神奈川歯科大学附属病院 完成 [2017年10月31日]

 学校法人神奈川歯科大学が同校の創立100周年記念事業の一環として横須賀市小川町で建設を進めていた附属病院が完成、1日に竣工記念式典が開かれる。高度先進口腔医療病院として、より地域から信頼され必要とされる医療サービスの提供が期待される。PM・設計・監理は日揮、施工は五洋建設が担当した。

■建築概要■

■工事名称/神奈川歯科大学附属病院建設工事

■建設地/神奈川県...続きを読む

所沢中央病院新棟・既存棟改築 完成 [2017年10月31日]

 埼玉県所沢市で進められていた、所沢中央病院のリニューアル工事が完成した。地域の健康を支える手厚い医療を展開している和風会が、老朽・狭隘化した施設を更新したもので、高度な医療機能と従前の2倍の病床を確保した。設計を大日本土木・田中建築事務所JV、施工を大日本土木が担当、新棟の建設と既存棟の改築を連続して実施、安全で効率的な施工を行った。この8月から全面的に診療を開始、地域住民の安心の拠り所として評...続きを読む

2017 近畿の下水道企画 [2017年10月30日]

 近畿でも老朽化が進む下水道施設の更新と整備が急務となっている。「2017年近畿の下水道企画」では、国土交通省の森岡泰裕水管理・国土保全局下水道部長の寄稿や日本下水道事業団の矢野知宏西日本本部副本部長近畿・中国総合事務所長のインタビューで重点施策などを探り、近畿2府5県の下水道施策を紹介する。

[2017年10月27日]

 東京都中野区で進められていた、明治大学付属中野中学・高等学校建替計画の主要施設が完成した。同校が2009年に迎えた創立80周年の記念事業の一環として実施したもので、2012年の着工以来、中学棟、高校棟、共用棟、第二体育館と順次建設を進め、5年の歳月を経て竣工させた。設計を日建設計、施工を鹿島建設が担当。施主、設計、施工が三位一体となり、運用中の学校内での工事を安全、円滑に遂行した。引き続き隣接す...続きを読む

[2017年10月24日]

 東京都杉並区で建設が進められていた、「高千穂大学7号館」が完成した。新体育館として計画された施設は同大が行っていた杉並キャンパス再編を締め括るもので、球技室、競技室、ラウンジなどで構成された同キャンパスの新たなシンボルとなる。入学式や卒業式などの式典には1200人収容の講堂としても活用できる高い機能を持っているのが特徴だ。設計を佐藤総合計画、施工を前田建設工業が担当。ハイセンスで精度の高さを感じ...続きを読む

建設技術フェア 2017 in 中部 [2017年10月18日]

 産学官の技術交流の場を提供し、技術開発や新技術導入の促進を図ることを目的に開催している「建設技術フェア2017in中部」が18日、開幕する。21回目を迎える今回は、「効率化・省力化・安全向上につながるロボット技術」「防災・災害対策」「維持管理・長寿命化」「環境・リサイクル」「i-Construction・設計・施工」の5分野に272社が出展する。初開催の建設ICT推進セミナーをはじめ、各種の講演...続きを読む

i-Construction 2017 東北地方整備局が進めるICT工事のフロンティア [2017年10月17日]

 東北地方整備局は、震災復興という待った無しの社会資本整備を背景に、ICT活用工事を全国に先駆けて導入した。16年度に契約したICT土工実施工事299件のうち、実に124件がICT全面活用工事だった。本年度のICT活用工事は契約済み、発注準備あわせて189件にのぼり、工種を舗装、浚渫工事にも広げる。生産性の向上とは単なる工期短縮ではなく、工事の安全性を高め、減少していく就労人口に対して次代を担う一...続きを読む

西日本高速道路関西支社管内安全協議会 17年度優良事業所表彰 [2017年10月16日]

 西日本高速道路関西支社と同支社管内安全協議会(会長∥村尾光弘関西支社長)は9月25日、大阪府茨木市の茨木市福祉文化会館で17年度の「関西支社管内安全協議会総会」を開いた。優良事業所表彰では、全工期無事故・無災害竣工工事34件と途中工事10件の施工者が表彰された。
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む