特集

日本設計-技術の系譜と建築- [2017年9月4日]

時代の変化を先見し、未来価値を共創



このたび日本設計は、本年9月1日をもって創立50周年を迎えました。クライアントをはじめ関係の皆さまから温かいご理解とご支援をいただき、深く感謝申し上げます。

 私たちは、その地域や時代を反映する文化的、社会的資産として時の経過に耐え、後世に残る価値ある建築の創造に資することを使命と考え、創立時の「組織された高度な建築家と技術...続きを読む

南三陸町役場本庁舎 2017年9月3日 開庁記念式典 [2017年9月1日]

 宮城県南三陸町の震災復興をけん引する新庁舎が完成し、本年6月に先行開庁した同町歌津総合支所とともに新たな町政を展開する。新庁舎は地産の木材を生産地・品質などにわたって認証するFSCRを全面的に取り入れるなど、公共施設では全国初の建築を実現させた。設計・監理は久米設計、施工を錢高組・山庄建設JVが担当した。9月3日、本庁舎で開庁式が行われる。

■建築概要■

■件名=南三陸町...続きを読む

2017年度優良工事施工者等表彰 国土交通省中部地方整備局 [2017年9月1日]

中部地方整備局は7月19日、請負工事や業務の成績などが優秀で顕著な成績を収めた企業や技術者をたたえる優良工事等局長表彰式を、名古屋市中区のKKRホテル名古屋で開いた。局長表彰には110件(企業68件、技術者42人)が選ばれ、塚原浩一局長から表彰状が贈られた。内訳は優良工事37件、優良工事技術者22人、優良業務28件、優良業務技術者20人、安全工事3件。このほか、事務所長表彰は270件、下請企業(協...続きを読む

防災特集2017 [2017年9月1日]

 災害は前触れ無くわたしたちの住む場所を襲い、時には命さえ奪う。

 去年末の糸魚川市大規模火災(新潟県)、ことし7月の九州北部、秋田県の記録的豪雨など、毎年のように日本のどこかで災害が起きている。しかし、建物やインフラの質を高め、個々が防災意識を強固にすれば被害を防いだり抑圧したりすることは可能だ。
本特集では、防災に対する行政の取り組みや専門家からの提言、各企業の技術を紹介す...続きを読む

国土交通省 近畿地方整備局 国土交通行政関係功労者表彰 [2017年8月31日]

 近畿地方整備局における17年度国土交通行政関係功労者表彰は、局長表彰が工事45者52件、技術開発5者5件、安全対策12者14件、現場環境向上2者2件、業務25者35件で、優秀建設技術者表彰は計57人(工事22人、業務35人)となった。部長表彰は業務5者5件で、優秀建設技術者表彰は3人。事務所長表彰は179件(工事90件、業務89件)で、優秀建設技術者として108人(工事20人、業務88人)が表彰...続きを読む

東京大学国際学術総合研究棟 完成 [2017年8月30日]

 東京大学が東京都文京区の本郷キャンパスで建設を進めていた「国際学術総合研究棟」が完成した。文系の各学部の総合的な研究拠点として、数百人規模の大教室をはじめ、大小さまざまな講義室や研究室で構成。日本を代表する教育研究機関にふさわしく、世界的に見ても高いレベルを誇る充実の教育研究機能を配した。設計は香山壽夫建築研究所、施工は大成建設が担当。きょう30日に竣工式が行われる。

■建築概要■<...続きを読む

国立医薬品食品衛生研究所 完成 [2017年8月30日]

 ライフサイエンス関連の先端企業や研究機関が集積する川崎臨海部のキングスカイフロントで建設が進められていた「国立医薬品食品衛生研究所」が完成した。明治7年に発足した東京司薬場をルーツに、国民の健康維持と生活環境の向上に貢献してきた同研究所が、川崎市の誘致により移転・新築したもので、医薬品や食品をはじめとする化学物質の安全性、有効性などを評価する新たな拠点となる。設計を日建設計、施工を五洋建設、関電...続きを読む

浅川ダム完成 [2017年8月25日]

 浅川は長野県北部の市街地を流れる延長17kmの一級河川。流れが急であることなどから、この地域では水害が頻発していた。さらに、流域は都市化が進んでおり、河川が氾濫した時の被害は甚大だと予想された。そこで、長野県は浅川にダムを設けることを計画。1977年に実施計画調査を行い、大林組・守谷商会・川中島建設JV施工により2010年3月から工事に着手し、2017年3月から運用が開始された。

北里大学 臨床教育研究棟(IPE棟)完成 [2017年8月24日]

 学校法人北里研究所が北里大学相模原キャンパスで建設を進めていた北里大学臨床教育研究棟(通称・IPE棟)が完成、29日に竣工記念式典が開かれる。病院本館と2本の連絡通路でつながれたIPE棟は、既存校舎とも連携し、学部を超えた学生同士や医療従事者との〝対話と交流〟をはぐくむチーム医療教育の拠点となる。建物の中心には、授業や学会など多目的に利用できるIPEホールが配置された。設計・監理は日建設計、施工...続きを読む

道の日 [2017年8月10日]

 8月10日は「道の日」。道の日を含む8月1~31日は「道路ふれあい月間」として、国土交通省では道路の役割や重要性をあらためて認識してもらう活動を展開している。道路は国民生活に欠かせられない貴重な社会資本だが、身近すぎる存在のためか、その重要性が忘れられがちでもある。「道の日」「道路ふれあい月間」を機に、私たちの豊かで安全・安心な暮らしに役立つ道路を、見つめ直してみよう。

2017 北陸総局 暑中企画 [2017年8月10日]

 北陸地方整備局が16年度(16年4月1日~17年3月31日)に土工部分についてICT(情報通信技術)活用工事であることを公告文に記載して参加者を募った工事は日刊建設工業新聞北陸総局の調査によると88件。完成を含めすべての工事の落札者が決まった。落札者と、ICT施工(施工中も含む)の選択の有無をまとめた。

2017横浜支社暑中企画 [2017年8月9日]

 神奈川県内の鉄道・道路網整備が大きく動いている。リニア中央新幹線整備事業では3月に梶ケ谷非常口新設工事、5月には神奈川県駅隣接工区準備工事が相次いでスタート。27年の東京~名古屋間開業に向けて、総工費5.5兆円規模の国家的プロジェクトが始動した。幹線道路網では圏央道の整備が進み、横浜湘南道路、高速横浜環状南線、高速横浜環状北西線が完成すれば東北道、関越道、中央道、東名高速と首都高横羽線、第三京浜...続きを読む

2017九州支社暑中企画 [2017年8月9日]

 わが国は本格的な人口減少社会に突入し、生産年齢人口の減少に伴う担い手の確保が社会問題となっている。特に建設業界では労働者の高齢化が進む一方で若手入職者は少なく、労働力不足を補うための「生産性の向上」と担い手の確保に向けた「働き方改革」は喫緊の課題だ。

 九州支社暑中企画では九州地方整備局らが設置する「産学官連携会議(ICT・標準化作業部会)」の座長を務める三谷泰浩九州大学大学院工学研...続きを読む

2017四国総局暑中企画 [2017年8月9日]

 四国は厳しい自然条件や脆弱(ぜいじゃく)な地質、高い確率発生が危惧されている南海トラフ地震など多くの課題を抱えている。安心・安全で活力のある四国を築くためには、担い手不足を解消し、必要な社会資本整備を確実に進める必要がある。そこで四国地方整備局の野﨑智文企画部長に働き方改革への取り組みを聞くとともに、同局の本年度の主要事業を紹介する。

2017第65回日建設計優秀工事 [2017年8月9日]

 日建設計は、7月11日に「第65回優秀工事感謝の会」を東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントで開いた。今年は2015年7月から2016年6月までに完成した473件から出来栄えが優れた23件を選定し、工事を担当した27人の作業所長らに感謝状を贈呈した。優秀工事は、同社が設計・監理し、品質、工期、安全、環境の各面で他の模範となる工事を行った作業所長らに感謝状を贈っている。
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む