論説・コラム

回転窓/夕日と文学気まま旅 [2018年12月12日1面]

 冬型の気圧配置が強まり、ここ数日は全国各地で真冬並みの寒さとなっている。つい身を縮めてしまいがちだが、寒い季節ゆえの恩恵もある▼天候に恵まれた日は空気が澄み、夏とは違う夕日の美しさを見られるのも一つ。中でも日本海の夕日は美しく、夕方の早い時間から空と海が赤く染まり始める▼日本古典文学の研究者である浅見和彦成蹊大名誉教授が本紙連載で書いている。「日本海の夕景のすごいところは西から東、左から右、何一...続きを読む

回転窓/ネーミングは難しい [2018年12月11日1面]

 酒に溺れ自堕落な生活を送る怠け者の亭主を、やればできる男だと信じる妻の機転で立ち直らせ、改心した亭主が妻に感謝するという古典落語の名作「芝浜」は、クライマックスが大みそかということもあり年の瀬になると多く演じられる▼かつて江戸から品川にかけての海岸線のうち、芝付近の陸側は芝浜、海上が芝浦と呼ばれた。主人公がこの辺りで魚屋さんを営んでいたことから「芝浜」という題名が付けられたとされる▼夫婦の情愛を...続きを読む

回転窓/営繕さんの仕事 [2018年12月10日1面]

 建物を造ったり修理したりする-。「営繕」にはそのような意味がある。英訳はビルディング・アンド・リペアーズになるそうで、今の時代にぴったりな言葉だと思う▼その語源は1000年以上もさかのぼり、701年制定の大宝律令に営繕令という用語が使われている。当時は建物の営造と修繕だけでなく武器の製造、道路や橋梁、堤防、船などの営造と修繕を表し、現在よりも広い意味で用いられていたそうだ▼営繕の仕事を通して昔と...続きを読む

回転窓/必要なのは高いモラルと誠実さ [2018年12月7日1面]

 ヒット商品はいかに生まれるのか。どんな手法を使うにしても「決して偶然はない」という話を、先日取材した講演で聞いた▼マーケティングは「顧客が求める商品やサービスを作り、情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」のが基本。アイデアや技術がどんなに優れていても、顧客のニーズにかなうものでなければ意味がない。その価値を顧客が理解しなければサービスを得たり、購入したりしようとする行動にはつな...続きを読む

回転窓/伝統の継承 [2018年12月6日1面]

 秋田・男鹿半島に伝わる「ナマハゲ」など10行事が「来訪神 仮面・仮装の神々」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に選ばれた。仮装した人が神の使いとなって地域の家を回る行事で、無病息災などにつながるとされている▼男鹿半島ではナマハゲの後継者不足が深刻化していると聞いた。ナマハゲが回る家々も住民の高齢化が進む。「泣く子はいねが!」と大声で入っていくと、老夫婦から「よく来たな」と歓迎...続きを読む

回転窓/氷見の寒ぶり宣言 [2018年12月5日1面]

 富山湾に寒ブリのシーズンが到来し、1日に富山県氷見市の氷見魚市場で「ひみ寒ぶり」の出荷宣言が発表された。この時期が来るのを待ちわびた魚好きの方も多いだろう▼丸々と太って身が引き締まり、脂も乗り切っている寒ブリ。中でも氷見で水揚げされるのは高級ブランド魚として知られる。初日は695本が水揚げされ、多くの仲買人らでセリがにぎわったようだ▼氷見は定置網漁の発祥地であり、天正年間の1573年ころにワラが...続きを読む

回転窓/GDP25%減への危機感 [2018年12月4日1面]

 メディアが報じるさまざまなニュース。師走に入り、今年の産業界で注目が高かったキーワードは生産性の向上や労働力不足ではないか▼先月末に日本経済の年次審査報告書を発表した国際通貨基金(IMF)が、今後の経済動向で気になる予想をしていた。少子高齢化による人口減少で日本の「実質国内総生産(GDP)は今後40年で25%以上落ち込む恐れがある」。早急な改革を怠れば成長力が落ち込むとIMFは指摘する▼少子高齢...続きを読む

回転窓/生産性向上、一歩一歩着実に [2018年12月3日1面]

 自動車を修理に出した知人が「とても早く終わった」と喜んでいた。午前中になじみの工場へ持ち込んだところ、午後一番にメーカーから交換部品が届き、夕方には愛車に乗って帰ってきたそうだ▼メーカーの万全な在庫管理と部品の迅速な搬送、修理工の卓越した技能…。知人を満足させた要因は枚挙にいとまがない。日々の業務や作業の中で積み重ねてきた改善や鍛錬のたまもので、高度な物流システムと技術力の高さに改めて感心したと...続きを読む

回転窓/与太郎では話にならない [2018年11月30日1面]

 判断力には自信がある-。国会の委員会質疑でサイバーセキュリティー担当の閣僚による答弁を国民は一体どう感じただろう▼この閣僚、法案審議の前にパソコンを使えないと話し物議を醸した。東京五輪担当相も兼務し、質問者の名前や事業額など言い間違いを連発。落語に登場し、間の抜けた言動で失敗を繰り返す与太郎がつい頭に浮かんだ▼落語好きの小泉進次郎衆院議員の声掛けで、自民党に「落語を楽しみ、学ぶ国会議員の会」(落...続きを読む

回転窓/生活習慣の見直しは睡眠から [2018年11月29日1面]

 睡眠は疲労回復や健康維持に欠かせない体調管理の一つ。十分な睡眠時間を確保できていない人が多いからなのか、最近「睡眠負債」という言葉をよく耳にする▼経済協力開発機構(OECD)が14年に実施した国際比較調査によると、日本人の睡眠時間は7時間43分(15~64歳平均)。最も長かった南アフリカと比べ1時間30分以上も短い▼現在取り組んでいる働き方改革では「勤務間インターバルの確保」も重要事項に挙げられ...続きを読む

回転窓/「きみたちはどう生きるか」 [2018年11月28日1面]

 師走をにぎわすイベントの一つに「ユーキャン新語・流行語大賞」の発表がある。その年の世相をよく反映し、多くの話題に上った言葉を選ぶもので、今年は12月3日に大賞が発表される▼候補に挙がっているのは、平昌冬季五輪のカーリング女子日本代表メンバーが使った「そだねー」、サッカーワールドカップロシア大会で活躍した大迫勇也選手を称賛する「(大迫)半端ないって」など30語。今年は国際舞台で活躍する日本選手に関...続きを読む

回転窓/市場移転後の築地 [2018年11月27日1面]

 東京都中央卸売市場「豊洲市場」が開場して間もなく50日。市場移転正式決定から17年。土壌汚染問題など紆余(うよ)曲折を経ての開場だっただけに当初は種々の混乱も報じられたが、新しい物流システムが徐々に軌道に乗ってきたようだ▼市場移転後の築地はどんな様子かと、お昼時に合わせて足を運んでみた。休市日に当たる水曜は場外市場商店街が指定する自由営業日であったが、銀座に近い地の利もあって、平日ながらまっすぐ...続きを読む

回転窓/女性も活躍する業界に [2018年11月26日1面]

 体力では、どうしても男性にかなわない面がある。だからどうすれば良いか考えた-。まだまだ男社会な建設施工の分野で奮闘する女性職人の方からそんな話を聞いた▼鉄筋工として「建設マスター」に選ばれた小林美穂さん(関西スチールフォーム)。現場作業前に図面から必要な材料を調べる「拾い出し」作業を丹念に行い、現場作業ができるだけ少なくなるよう鉄筋加工の指示を出すという▼同じく鉄筋工として働く中村奈々さん(正栄...続きを読む

回転窓/インフラ整備での決断 [2018年11月22日1面]

 群馬県長野原町で建設中の八ツ場ダムには、ダイナミックな建設現場を一目見ようと多くの観光客が訪れている。ここ数年盛んになっているインフラツーリズムの舞台として代表的な存在だ▼国土交通省は「八ツ場ダムぷらっと見学会」を展開中。多い日には参会者が700人を超えることもあるそう。近くには名勝・吾妻渓谷もあり、今は多くの人が現場見学と紅葉を一緒に楽しんでいる▼渓谷の散歩道は地元にとって「貴重な観光資源」(...続きを読む

回転窓/日本人の歩き方と膝 [2018年11月21日1面]

 周囲を見ても膝の痛みに悩まされている人は意外と多い。さまざまな原因があろうが、日本人の歩き方は膝に負担がかかると、スポーツ医学の専門家が本に書いている▼日本人の多くがひざを曲げ、上体を揺らしながら進む「ひざ歩き」なのに対し、欧米では膝が伸び、腕を振って大股で進む「股関節歩き」の人が多いのだとか(『ひざのスポーツ障害を自分で治す本』マキノ出版)。昔からの生活様式に起因する違いらしい▼趣味でウオーキ...続きを読む
1 2 3 4 5 80
インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む