論説・コラム

回転窓/子どもから需要喚起 [2021年12月3日1面]

 子どもは50円でどこまでも--。東京の新宿駅を起点に神奈川方面へ路線を延ばす小田急電鉄が、来春からICカード利用時の小児運賃を一律にする。大人運賃の半分以下に抑えるのは全国初▼親にはありがたい取り組み。若い子育て世帯が沿線で増えれば将来的な安定利用者の呼び込みにつながる。子ども連れの利用者が乗車できる車両の常設も検討中だ▼JR東海は新幹線の一部で子ども連れ専用車両を設定し土日に運行している。年末...続きを読む

回転窓/ライバルの成長 [2021年12月2日1面]

 何かをなす時、競い合うライバルの存在は大きい。好敵手に負けないよう力を高める努力をする。互いに切磋琢磨(せっさたくま)することが全体の底上げにつながり、周囲にも好影響を与える▼ライバルを邪魔な存在と捉えれば、負のスパイラルに陥る。自身の成長・発展を妨げる相手を排除しようと、時には憎悪の対象にもなる。戦後の米国と旧ソ連の冷戦は最たるものだろう。大国同士の緊張関係が高まり一触即発の事態になれば、世界...続きを読む

回転窓/コロナ禍の鍋料理 [2021年12月1日1面]

 なじみの料理屋から案内が届いた。「あったか~いお鍋でお待ちしています」。寒さとともに鍋料理が恋しい季節になった▼鍋料理にはふぐやカモ、あんこう、カキなどちょっとぜいたくなものから、湯豆腐やもつなど安価なものまで種々ある。最近ではキムチや豆乳など新味も人気という。テーブルに鍋を置き、食材を入れてゆでるだけ。こんなに簡単でおいしい庶民料理はない▼鍋料理が一般に普及し始めたのは江戸時代の頃から。調理器...続きを読む

回転窓/備えあれば憂いなし [2021年11月30日1面]

 南アフリカなどで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に対する警戒が世界規模で高まっている▼ギリシャ文字のアルファベットで15番目に当たる「ο」。世界保健機関(WHO)はこれまで変異株が見つかるとアルファ(α)、ベータ(β)とギリシャ文字のアルファベット順に命名してきた。最新の変異株はミュー(μ)だったので、なぜニュー(ν)とクサイ(ξ)が飛ばされたのか。ソーシャルメディアで...続きを読む

回転窓/次の獲物 [2021年11月29日1面]

 朝晩に冷え込む日が増えて、東京湾の海釣り公園はアジの釣果がだいぶ落ちたという。「小さなお子さんが満足してくれるイワシは爆釣なのだけれど」と施設の管理担当者が話していた▼それでも房総半島の南の漁港は、地元の常連さんが20センチを超えるアジを連日釣っている。こつを聞くと、仕掛けと狙い場所、餌の配合を丁寧に教えてくれた。「たくさんいるよ、みんなで釣ろう」。温かい善意を別の誰かにつなげたい▼味覚の多い時...続きを読む

建設技術展2021関東が開幕/111の企業・団体出展/本社主催 [2021年11月26日1面]

 日刊建設工業新聞社が主催する「Construction Xross 2021 建設技術展2021関東(CーXross2021)」が25日、東京・池袋のサンシャインシティ展示ホールC・Dで開幕した。建設会社やメーカーなど111の企業・団体が出展し、先進的な建設関連技術を紹介。特設ステージで有識者による講演やトークショーも行っている。会期は26日まで。入場無料。=4面に関連記事
 開会式では、主催...続きを読む

回転窓/宇宙貢献で魅力アップも [2021年11月26日1面]

 リーダーシップがあって適応能力が高く、極限環境でも柔軟な思考と着眼点から適時的確な判断と行動ができる。明確な目的意識を持ち、達成意欲が強い--▼そんな人材は、どこの世界でも引く手あまただろう。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、13年ぶりとなる宇宙飛行士の募集に向けて発表した求める人物像のイメージだ▼将来を担う後継者の育成は宇宙分野でも喫緊の課題。「国際宇宙ステーション(ISS)への単身赴任や、...続きを読む

回転窓/現場と一期一会 [2021年11月25日1面]

 紅葉が見頃を迎えた近所の庭園を散策してきた。対策効果で新型コロナウイルスの感染者数が低水準で推移していることもあってか、多くの人でにぎわっていた。敷地内の茶室で一服した際、お客をもてなせる喜びにあふれた亭主の笑顔が印象的だった▼茶道の精神性を言い表した「一期一会」。たとえ同じ主客だとしてもこの日の会は一生に一度の会なのだから心を込めてもてなす。今では人との出会いを大切にするという意味で用いられる...続きを読む

回転窓/どうなる黄金色のトンネル [2021年11月24日1面]

 秋の深まりが感じられるようになり、朝晩の冷え込みが身に染みる季節になった。東京の都心部でもイチョウの葉が黄金色に色づき、東京・明治神宮外苑のイチョウ並木は先週末、美しい景色をめでる人でにぎわった▼新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除され、行楽地を訪れる人も増えているそう。歴史を感じさせるたたずまいの神社仏閣と赤や黄色に色づいた紅葉。京都市内では日本の秋らしい幻想的な景色が来月初旬まで楽しめる▼...続きを読む

回転窓/旅の思い出を集めに行こう [2021年11月22日1面]

 ふるさとの道の駅で「マンホールカード」を配布していることを知り、帰省時に立ち寄った。その時に係の人から同時に勧められたのが「LOGet!CARD(ロゲットカード)」▼初めて見るカードで調べてみたら、全国の観光スポットを統一フォーマットで紹介する、いわゆる“ご当地カード”だった。発行する自治体や企業などが厳選した写真、公認の解説文で観光スポットの魅力を伝えている▼2020年7月に52種類の配布が始...続きを読む

回転窓/その連絡、本当に急ぎですか? [2021年11月19日1面]

 1週間の中での業務上のやりとりをルール化する「ウイークリースタンス」。設計業務などを対象に、自治体など公的発注者で導入が広がる。月曜日を依頼の期限にしない「マンデー・ノーピリオド」などが代表例だ▼首都圏では建設コンサルタントの業務改善を後押ししようと関東甲信1都8県すべてが導入済み。業務で実施していた仙台市は本年度、工事も対象に加えた▼仕事を頼む側からすれば、金曜日に声を掛け週明けに仕上がってい...続きを読む

回転窓/努力と天才 [2021年11月18日1面]

 天才とは1%のひらめきと99%の努力である--。「発明王」で知られるトーマス・エジソンの言葉だ。失敗をネガティブに考えず学びと捉え、絶え間なく努力することが成功につながる▼天才の定義に異論もあろうが、一般の人にはまねのできない技能や優れた才能の持ち主であることは間違いない。将棋界では10代の天才棋士が注目を集める。竜王のタイトルを獲得した藤井聡太四冠は天才と呼ばれた先人たちの最年少記録を次々と更...続きを読む

回転窓/紅葉と生き物のさが [2021年11月17日1面]

 紅葉前線はどの辺りだろうか。北海道や東北の山間部は既に落葉したようだが、首都圏や西日本などの平野部はこれから紅葉シーズンの本番を迎える▼モミジやケヤキ、イチョウなどが赤や黄色に色づき、美しいコントラストを織りなす。四季の中で最もあでやかな季節。紅葉狩りという言葉の「狩り」は狩猟でなく、探し求めるという意。自然をめでながら、色づく草木を探すのは心が弾む▼植物の葉が色づくのは葉についている細い茎、葉...続きを読む

回転窓/存在感の発揮を [2021年11月16日1面]

 英グラスゴーで開かれていた国連気候変動枠組み条約第26回締結国会議(COP26)が13日に閉幕した。地球規模の温暖化をどう食い止めるのか。気候変動対策を巡る各国の思惑が改めて浮き彫りになったのではないか▼会議は石炭火力発電の削減を各国に呼び掛ける文言を盛り込んだ文書「グラスゴー気候合意」を採択。焦点だった石炭火力発電の扱いは当初の「廃止」から表現が「削減」に後退したものの、石炭や石油など化石燃料...続きを読む

回転窓/七五三の善意と感謝 [2021年11月15日1面]

 11月に入って晴れ着姿の子どもたちを見掛けることが多くなった。きょうは暦の七五三。子どもの健やかな成長を願い周囲に感謝の気持ちを示す機会とされる▼平安時代の公家や江戸時代の武家のお祝いが由来と聞いた。陽気が良くて農産物の収穫を祝う機会も少なくない。11月15日という暦の合計が縁起の良い8になるからといういわれもある▼コロナ禍の七五三。さまざまな新しい様式が広がっている。写真館の混雑を避けようと閑...続きを読む
1 2 3 4 5 132