論説・コラム

回転窓/新たな戦国時代? [2021年7月15日1面]

 平安中期の武将で関東に一大勢力を築いた平将門。将門を祭る神田明神の資料館(東京・外神田)で、今月から特別展「平将門公展2021」が開かれている▼武士のルーツとされる将門と、戦いのDNAを受け継いだ戦国武将たちに関わる資料などを展示。彫刻家・淺野健一氏が製作奉納した将門の御神像も特別公開している。多くの武将たちの生きざまをより深く知ることができる▼群雄割拠の戦国時代、神田明神は名だたる武将らが信仰...続きを読む

東京五輪選手村が開村/コロナ対策講じ1万8000人受け入れ/大会後は集合住宅に [2021年7月14日4面]

 東京五輪の開会式を23日に控え、大会中に選手が滞在する選手村(中央区晴海)が13日に開村を迎えた。居住棟は14~18階建ての21棟で、住戸数は計3850戸。五輪時に約1万8000人、パラリンピック時は約8000人を受け入れる。新型コロナウイルス対策として選手の入村は原則競技開始5日前からで、競技終了2日後に退去してもらう方針。居住棟はパラリンピック後、集合住宅に改修され「オリンピックレガシー」の...続きを読む

回転窓/災害復旧と利他行 [2021年7月14日1面]

 仏教に「利他行」という言葉がある。土木の原点という意味で使われることもあるので、ご存じの方も多かろう▼自分のことよりほかの人を助けることを優先する行いのこと。奈良や平安、鎌倉時代などに全国各地でため池などの土木事業を行った行基や空海、一遍などの活動はこの利他行の教えが背景にある▼瀬戸内寂聴さんは東日本大震災後に被災地で懸命に奉仕するボランティアを見て「忘己利他(もうこりた)」という言葉を思い浮か...続きを読む

回転窓/スポーツの力 [2021年7月13日1面]

 英国では先週末、テニスとサッカーの大きな大会が決勝戦を迎え大勢の観客がスタジアムに詰め掛けた。テニスのウィンブルドン選手権とサッカーの欧州選手権。同国政府は観客数を絞る規制をかけていたが集団感染の発生が確認されていないことから人数制限の解除を認めた▼新型コロナウイルスの感染拡大は続いているようだが、ワクチン接種の広がりで死者数などは減少傾向にあるよう。いずれはコロナ禍以前に戻るだろうが、戻し方を...続きを読む

回転窓/遠くからも被災地からも [2021年7月12日1面]

 取材で靴が泥だらけになったまま建設業団体の拠点に立ち寄ったところ、「ありがとうございました」と温かく迎えてくれたことがある。2014年8月の広島市。記録的な大雨で大規模な土石流が同時多発した被災地からの帰りだった▼公共工事を中断して応援に入った建設会社などが懸命に復旧作業に当たっていた。まもなく7年を迎える。被災地は治山治水施設の整備が進んだが、いまだ立ち入りが制限される地区もある▼静岡県熱海市...続きを読む

回転窓/リサイクルの未来 [2021年7月9日1面]

 宮本勝浩関西大学名誉教授とゲオホールディングス(HD)が、埋蔵携帯電話の価値(6月時点)で試算結果を発表した。総価値額は約3兆円で、使用されているレアメタルだけでも約671億円に上るそうだ▼宮本名誉教授は「使用されなくなった携帯電話はもっと市場に供出されるべきだ」と指摘。中古流通市場の拡大が必要と訴えている。家庭の中で置き去りにされたり廃棄されたりすれば邪魔者扱いだが、有効活用すれば金脈になる▼...続きを読む

回転窓/二刀流の今昔 [2021年7月8日1面]

 江戸時代初期の剣豪として名高い宮本武蔵。二刀流(二天一流)の開祖として小説や映画、テレビ、漫画などにたびたび登場。世界で最も知られた日本の剣術家・兵法家の一人だろう▼創作されたエピソードも少なくないようだが、生涯不敗は伝説となっている。60余りの決闘では一度も敗れることなく勝ち続け、最後の決闘の場は山口県下関市の船島。その後、敗れた佐々木小次郎の剣の流派である巌流が島の呼称となった▼両手に1本ず...続きを読む

回転窓/アクセントと七夕 [2021年7月7日1面]

 英語でも日本語でもアクセントによって意味が変わることがある。例えば英語の「レコード(record)」は頭の方を強く発音すれば名詞の「記録」、後ろを強く発音すれば動詞の「記録する」になる▼日本語も「橋」と「箸」のように発音の強弱で意味が異なる。以前、建設業で働く外国人研修生に日本語の難しさを尋ねた時、まず挙げたのが漢字と平仮名の表記だったが、次にアクセントの難しさと言っていた▼日本語の場合、アクセ...続きを読む

回転窓/土砂災害に厳重な警戒を [2021年7月6日1面]

 静岡県熱海市の伊豆山地区で3日午前に発生した土砂災害。市の調査によると被害地域は約12万平方メートルに達し、130棟余りの建物が土石流の被害を受けた▼週明けの5日も現地では行方不明者の捜索が続く。土石流の被害を受けたのは逢初川沿いの全長約1キロで、幅120メートルにわたり住宅などが押し流された。600人近い住民が避難先のホテルに身を寄せている。心からお見舞いを申し上げるとともに、1分、1秒でも早...続きを読む

中銀カプセルビル(東京都中央区)再活用へ/プロジェクト始動、宿泊施設転用など [2021年7月6日1面]

 建築家の黒川紀章氏(1934~2007年)が設計した「中銀カプセルタワービル」(東京都中央区、1972年竣工)の再活用プロジェクトが始動する。保存を訴えてきた「中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」(前田達之代表)が再活用プランを提案。着脱可能なカプセルの寄贈や宿泊施設への利用を呼び掛けている。
 再活用プランは、黒川紀章建築都市設計事務所(東京都千代田区、永田恭一代表取締役)の協力を...続きを読む

回転窓/eスポーツで五輪出場! [2021年7月5日1面]

 ゲームでの対戦をスポーツ競技として捉える「eスポーツ」。パソコンや家庭用ゲーム機、スマートフォンなどで参加でき、身近なものになりつつある▼先月末にはeスポーツ専用ジムが東京メトロ南北線赤羽岩淵駅にオープンし、初心者でも気軽に楽しめ、上級者が真剣にトレーニングできる新たなサービスが始まった。競技人口は現在、数億人とも言われ、世界中で拡大の一途をたどっている▼国際オリンピック委員会(IOC)がeスポ...続きを読む

回転窓/梅雨空への備え [2021年7月2日1面]

 梅雨前線が日本列島に張り付く時期。週末には雨となる地域が多そうだ。インフラ関係者には気の抜けない日々が続く▼水害の取材をするまで、溢水(いっすい)と越水の違いを知らなかった。堤防がない場所から河川の水があふれ出る現象は溢水。これに対し、堤防を越えてあふれ出るのが越水だ▼どちらも危険な状態には変わりない。ただ、溢水という言葉は、なじみの無い人にとっては状況をイメージしづらい。そうした懸念を踏まえ、...続きを読む

回転窓/五輪と大禍 [2021年7月1日1面]

 きょうから7月。2021年も半分が過ぎ1年延期になった東京五輪が開幕を迎えようとしている。パンデミック(世界的大流行)が長期化する中、五輪開催を巡る政府や専門家など関係者の発言にも苦悩の様子がうかがえる▼これまでに五輪が中止になったのは夏冬合わせて5回ある。いずれも中止の理由は戦争で、うち2回は日本で開催される予定だった▼夏季は1916年のベルリン大会が第1次世界大戦によって中止になった。40年...続きを読む

首都高速会社/都心環状線日本橋区間地下化事業/橋脚撤去へ足場設置進む [2021年7月1日4面]

 日本橋川に青空を戻すプロジェクトが動きだす--。首都高速道路会社が計画する都心環状線の「日本橋区間地下化事業(神田橋JCT~江戸橋JCT)」の工事が本格化。3年後のトンネル工事に向け地下埋設物の移設や出入り口の撤去が進む。周辺の街づくりと連携しながら2035年の高速道路の地下化、40年の高架撤去を目指す。
 事業区間は千代田区内神田二丁目~中央区日本橋小網町の延長約1・8キロ。トンネル約1・1...続きを読む

回転窓/UFOの扱い [2021年6月30日1面]

 1979年に創刊された雑誌『ムー』。未確認飛行物体(UFO)や超常現象などを掲載するこの雑誌は、オカルトファンから絶大な支持を得た▼最近は見掛けないと思っていたら先日、近所の書店に置いてあった。技術革新が進んでも科学的に解明されていないUFO現象などは、どんな時代でも人々の好奇心をくすぐる。根強いファンがきっといるのだろう▼25日、米国の国家情報長官室がUFOの報告書を発表した。米軍などが提供し...続きを読む