特集

2018年 北陸総局暑中企画 [2018年8月10日]

 北陸地方整備局が17年度(17年4月1~18年3月31日)に土工と、新設舗装の路盤にICT(情報通信技術)活用工事であることを公告文に記載して参加者を募った工事は日刊建設工業新聞北陸総局の調査によると154件。完成を含めすべての工事の落札者が決まった。落札者と、ICT施工(施工中も含む)の選択の有無をまとめた。

2018年 中国総局暑中企画 [2018年8月10日]

 建設業は、「社会資本整備の担い手」であると同時に、安全・安心の確保を担う必要不可欠な「地域の守り手」であるという認識は深まってきた。しかし人口減少、技能労働者の高齢化などにより建設就業者の大幅な減少が見込まれ、将来にわたる社会資本の品質確保と適切な機能維持を図るためには、将来を担う若者の入職・定着を促進し人材を確保・育成することが最重要課題となっている。このため国土交通省では、調査・測量から設計...続きを読む

2018 第66回日建設計優秀工事 [2018年8月9日]

 日建設計は、7月11日に「第66回優秀工事感謝の会」を東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントで開いた。今回は2016年7月から2017年6月までに完成した389件から出来栄えが優れた26件を選定し、工事を担当した31人の作業所長らに感謝状を贈呈した。同社グループが設計・監理し、品質、工期、安全、環境の各面で他の模範となる工事を行った作業所長らに優秀工事として感謝状を贈っている。

道の日 [2018年8月8日]

 8月10日は「道の日」。道の日を含む8月1~31日は「道路ふれあい月間」として、国土交通省は道路の役割や重要性を改めて認識してもらう活動を展開している。道路は国民生活に欠かせられない貴重な社会資本であり、大規模災害時には被災地への緊急支援物資の迅速な輸送や、被災地の復旧・復興に大きな役割を果たしている。「道の日」「道路ふれあい月間」を機会に、私たちの豊かで安全・安心な暮らしを支える道路の重要性を...続きを読む

2018年九州支社暑中企画 [2018年8月8日]

 近年、わが国ではインバウンド(訪日外国人旅行者)が増加し、九州でもアジアを中心としたインバウンドが急増している。インバウンドをさらに獲得し観光振興や地域の活性化につなげるため、その受け入れ環境の整備は急務だ。2018年九州支社暑中企画では日本政策投資銀行九州支店の小川悠貴企画調査課長に受け入れ環境整備のポイントなどを聞くとともにハード関連の主な取り組みを紹介する。小川氏は今後も増加が見込まれるイ...続きを読む

2018大阪支社暑中特集 [2018年8月8日]

 国は建設工事の品質を今後も確保するため、15年度からいわゆる「担い手3法」を施行した。国土交通省は担い手3法のさらなる浸透を図るため、すべての都道府県に「適切なダンピング対策の実施」と「施工時期などの平準化」「建設業の働き方改革」「市区町村へのさらなる取り組みの浸透」を求めた。大阪支社では2018年暑中特集で近畿の大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、福井県と全市を対象にアンケートを...続きを読む

2018東北支社暑中企画 [2018年8月7日]

 東日本大震災からの「復興・創生期間」が折り返しの3年目に入り、東北地方では震災復興事業が急ピッチで進んでいる。一方で、復興・創生期間終了後、急速に建設投資が落ち込むことが懸念されており、公共事業をはじめとする建設事業を継続的に確保することが大きな課題となっている。東北を元気で明るいエリアにするためには高速道路ネットワークをはじめ、良質なインフラ整備を進めることが重要であり、それを実現してこそ東北...続きを読む

2018年横浜支社暑中企画 [2018年8月7日]

 神奈川県は県内全域が国家戦略特区に指定されているほか、横浜と川崎の臨海部を中心とした「京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区」と相模原や厚木などさがみ縦貫道路(圏央道の神奈川県内区間)沿線をエリアとする「さがみロボット産業特区」の3区域が東京圏国家戦略特区に位置付けられている。京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区では現在17区域が拠点に指定されている。川崎区殿町地区などを中心に...続きを読む

2018東関東暑中企画 [2018年8月6日]

 千葉・茨城の両県で、鉄道駅周辺の大規模開発の動きが加速している。沿線での交流人口の増加などを見込み、千葉市や茨城県ひたちなか市などで新駅の設置や路線延伸などのインフラを強化する構想が立ち上がっている。一方、駅周辺のにぎわい低下が課題となっている事例も目立つ。市街地の求心力回復を目指し、再開発などの大規模事業が計画されている自治体も多く、今後の開発需要が見込めそうだ。

2018中部暑中企画 [2018年8月6日]

 建設産業の担い手不足は全国的な課題だが、ものづくり産業が集積する中部地区では、他産業に勝る魅力ややりがいをPRしていく必要がある。このため、完全週休2日をはじめとした職場環境の改善や生産性向上による効率化は避けて通れない。建設ICTをはじめとしたi|Constructionは課題解決の一助となるもので、これらを普及・拡大し深化していくことが持続可能な建設業を実現し、将来にわたって国や地域の安全・...続きを読む

2018年四国総局暑中企画 [2018年8月6日]

 2018年7月豪雨では、西日本で大規模な災害が発生し、現在も懸命な復旧作業が続けられている。近年、自然災害は激甚化しており、大規模災害に対応した応急復旧や防災・減災対策が必要となっている。この企画では、四国地方整備局の野﨑智文企画部長に今回の豪雨災害への同局の対応などを聞くとともに、同局の防災対策を含む18年度事業概要を掲載する。

藤沢市民病院再整備事業 完成 [2018年8月3日]

 神奈川県藤沢市が建設を進めていた「藤沢市民病院再整備事業」が完了し、7月21日に竣工式典が開かれた。既存の病院を運営しながらのスクラップアンドビルド方式で建設された新病院は地域医療の中核を担う基幹病院として、市民の生命と健康を守り良質な医療サービスを永続的に提供する。設計は日本設計・大成建設、施工は大成建設横浜支店が担当した。

■建築概要■

■工事名称/藤沢市民病院再整備...続きを読む

2018年 関東支社暑中企画 [2018年8月3日]

 持続可能な地域づくりを推進し、将来にわたって豊かな暮らしを実現していくために、地方創生の推進が大きな課題となっている。埼玉、栃木、群馬、長野の4県の各市でも、さまざまな取り組みが展開されている。4県内の85市を対象に、アンケートを行い、地方創生に向けた対応状況などを探った。

橋の日特集 [2018年8月3日]

 8月4日は「橋の日」。語呂合わせから生まれた記念日だが、私たちの暮らしに密着し、豊かな経済社会を支える身近な橋に思いを巡らすよい機会でもある。橋は、河川や海などで隔てられていた地域を短時間に結び、両地域の交流を活発にする効果がある。国土の多くを山地が占め、多数の島々を領土に持つわが国では古来、橋を架けることによって地域交流の拡大と社会・経済活動を活発化させてきたとともに、架橋技術の向上・発展につ...続きを読む

中国総局企画特集 国土交通DAY [2018年7月31日]

中国地方整備局の18年度予算は、直轄事業費1736億7900万円、補助事業費3003億2700万円。前年度当初に比べ、直轄は0・4%増、補助は5・3%増を確保した。内訳は、治水384億8300万円、海岸15億7800万円、道路1417億7000万円、港湾整備148億6200万円、空港整備4億3700万円、住宅対策78億1600万円、市街地整備20億3400万円、都市水環境整備10億7300万円、...続きを読む
1 2 3 4 5 42
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む