特集

WATERS takeshiba まちびらき/JR東日本四季劇場[秋]あす24日開場 [2020年10月23日]


 JR東日本が東京都港区で建設していた「WATERS takeshiba」が完成し、シアター棟に入居するJR東日本四季劇場〔秋〕が明日24日まちびらきを迎える。同施設はタワー棟、シアター棟、自由劇場、パーキングで構成。タワー棟に入居するラグジュアリーホテル「メズム東京、オートグラフコレクション」や両棟にまたがる商業施設「アトレ竹芝」は既に開業している。棟間には広場やテラスが設置され、都心...続きを読む

2020(第68回) 日建設計 優秀工事 [2020年10月19日]

 日建設計は、2018年7月1日から19年6月30日までに完成した、同社とグループ会社が設計・監理を手がける352件の案件から優秀工事を18件選定し、工事を担当した作業所長らに感謝状と記念品を贈呈した。本優秀工事は1953年に始まり、今年で68回目となる。

サニーライフ台東橋場 完成 [2020年10月16日]


 首都圏を中心に総合不動産事業を展開するグランイーグル(東京都大田区)が東京都台東区で開発を進めていた有料老人ホーム「サニーライフ台東橋場」が完成し、11月1日にオープンする。都心のにぎわいや東側を流れる隅田川の景観を享受できる立地で、川島コーポレーション(千葉県君津市)が、同社の有料老人ホーム「サニーライフシリーズ」として運営する。設計は三互一級建築士事務所(大田区)、施工はピーエス三...続きを読む

2万号特集号第1集-国のかたちを考える 新時代に示す建設産業の羅針盤 [2020年10月15日]


10月15日付で本紙は2万号に到達しました。

読者の皆さまの多大なるご支援とご厚情によって成し得たことであると深く感謝し、心から厚くお礼を申し上げます。

1928年に「鉄道新聞」を創刊し、戦中には政府の情報統制下で「土木建築新聞」「勤労新聞」に名称を変更して新聞を作り続けました。

戦後間もない1945年10月15日には、建設専門紙ではいち早く「建設工業...続きを読む

第27回鉄道の日 [2020年10月14日]

 近年、老朽化や安全面から駅改修工事が各鉄道会社で行われている。駅は、鉄道交通拠点としての機能だけではなく、景観形成や地域の歴史を継承する要素の一つとなっている。本ページでは2020年に供用開始した首都圏の駅舎のほか、新自由通路やホームを紹介する。

建設技術フェア2020in中部 開幕 [2020年10月14日]


 最新の技術などが一堂に会する建設技術フェア2020in中部が14日、開幕する。24回目となる今回は初出展企業も含め、i-Constructionや防災・安全安心など5分野に216の企業・団体が自社の技術を展示。産学官の技術交流の場を提供し、学生との交流や一般へのPRなどさまざまなイベントも企画する。今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策にも配慮。セミナーなどの同時配信も行うなど、時...続きを読む

神奈川県立体育センター等特定事業 神奈川県立スポーツセンター 完成 [2020年10月8日]


 神奈川県藤沢市で建設が進められていた「神奈川県立スポーツセンター」と「神奈川県立総合教育センター」が完成した。スポーツを通した未病改善の取り組みや競技力向上を図るスポーツ医科学・栄養面でのサポート、国内屈指のパラスポーツを推進する拠点となる。PFI事業として神奈川スポーツコミュニケーションズが運営。「健康・生涯スポーツ」「競技スポーツ」「障がい者スポーツ」を柱とした取り組みが行われる。...続きを読む

ふふ日光 完成 10月2日オープン [2020年10月2日]


 ヒューリックが建設を進める「ふふ」シリーズの新しいホテル「ふふ日光」が10月2日、栃木県日光市にオープンする。日光田母沢御用邸記念公園に隣接した森の中の施設は、永い歴史を刻む日光の自然と環境をそのまま享受する豊かなリゾート空間となる。設計を久米設計が、施工を東武建設が担当した。

■建築概要■

■工事名称:(仮称)ふふ日光新築工事

■工事場所:栃木県日...続きを読む

10月は「建設業退職金共済制度加入促進強化月間」 [2020年10月1日]


 「建設業退職金共済制度(建退共)加入促進強化月間」がきょう10月1日に始まる。同制度を運営する独立行政法人勤労者退職金共済機構建設業退職金共済事業本部が厚生労働省、国土交通省の後援、関係機関、協賛団体の協力のもと、1カ月間にわたって、より多くの事業主へ同制度の目的や魅力を周知し、加入を働き掛けるとともに、履行確保活動を重点的に実施する。加入促進強化月間開始に当たり、同制度の概要と実際に...続きを読む

2020大阪支社提言企画-インフラ整備加速し大阪・関西万博成功へ [2020年10月1日]


 関西圏も社会経済状況の激変に見舞われた。とはいえ、大阪・関西には経済活動を維持・発展させる明確な目標がある。2025年日本国際博覧会だ。このナショナル・プロジェクトの成功と、関西圏の再構築に欠かせないのがインフラ整備と拠点開発。「2020年大阪支社提言企画」(8~10面)では、2025年日本国際博覧会協会の梅村宏尚整備局長に大阪・関西万博の会場整備の計画などを、関西経済連合会の神田彰理...続きを読む

現場の変貌 [2020年9月30日]


 日本では、少子高齢化により生産年齢人口の減少が問題となっている。建設業界も3K(きつい、汚い、危険)の職場というイメージからか、若年者の入職者が減少し、担い手不足が課題だ。業界は新3K(給与が高い、休暇が取れる、希望が持てる)をスローガンに掲げ、ICT(情報通信技術)やロボットの適用、国土交通省が推奨するi-Constructionの推進により現場環境の改善を図り、人材確保に向けた取り...続きを読む

ALOFT TOKYO GINZA 10月1日開業 [2020年9月30日]


 サンケイビルとマリオット・インターナショナルが東京・銀座で開発を進めていたライフスタイルホテル「ALOFT TOKYO GINZA(アロフト東京銀座)」が、10月1日に開業する。アロフトは、大胆で活気あふれるデザインや人々の交流を促すオープンスペース、最先端のテクノロジー、館内での定期的なライブ・コンサートなどを採り入れたマリオット・インターナショナルのホテルブランドで、今回が日本初進...続きを読む

栃木地方合同庁舎 完成 [2020年9月30日]


 国土交通省関東地方整備局が栃木県栃木市で建設していた「栃木地方合同庁舎」が完成した。2004年に市が策定したシビックコア地区整備計画の一つで、国公有財産の有効活用と耐震安全性の確保などを目的に、行政サービスを集約立体化した。設計は東畑建築事務所、工事監理は本澤建築設計事務所、施工は青木あすなろ建設が手がけた。


◆建築概要◆

◆工事名:栃木地方合同庁舎(18)...続きを読む

国土交通省関東地方整備局優良工事等表彰 [2020年9月29日]


 国土交通省関東地方整備局と同局出先事務所は、令和元年度に完成した工事、業務の中で、特に優れた成績を収めた工事、業務、技術者等、また、新技術の活用と普及等に積極的に取り組んだ組織及び職員を讃える「優良工事等表彰」が今年の7月中旬から順次行われた。局長表彰は優良工事表彰・優秀工事技術者、安全管理優良受注者、優良業務・優秀技術者、工事成績優秀企業認定、新技術推進技術者表彰の5部門。事務所長表...続きを読む

新たな働き方を実践ーLIXIL WINGビル [2020年9月29日]

 LIXILは、東京都江東区のWINGビルに新棟「HOSHI」が完成したのにあわせ本社機能を集約し、新しいアイデアの創出や職場活性化を促すワークスペースを整備した。新棟は、自然換気と空調制御を組み合わせた〝呼吸するオフィス〟を実現。国内初のLow-e複層ガラスをカーテンウォールユニットに直接接着する「4辺SSG構法」の採用により、外観の美しさや断熱性能の向上も図っている。新棟の設計・監理は三...続きを読む

1 2 3 4 5 59