特集

IPU・環太平洋大学新施設 [2019年6月17日]

安藤忠雄氏(東京大学名誉教授 安藤忠雄建築研究所)設計の「IPU・環太平洋大学新施設」が完成し、3月28日盛大な竣工式・記念式典が行われた。新たな教育の取り組みを想像した「DISCOVERY」、中四国地区の大学では初となる、スポーツ科学センター「INSPIRE」。

安藤氏は「世界も日本もさまざまなことが起きているなかで、いかに学ぶか。次代を担う学生にとって、大学がその拠り所になってほし...続きを読む

土砂災害防止月間 [2019年6月17日]

 6月は土砂災害防止月間。国土交通省と都道府県は、梅雨や台風襲来のシーズン入りに合わせ、土砂災害に関する防災知識の普及や警戒避難体制整備の促進を通じて、人命・財産の被害防止・軽減を図る取り組みを各地で行っている。今年は「みんなで防ごう土砂災害」を運動テーマに設定して、行政・自治体・住民・関係機関が連携して、地域防災力の向上、土砂災害防止意識の普及を目指す。本特集では、土砂災害防止・軽減につながる関...続きを読む

民間都市開発推進機構特集 [2019年6月12日]

 良好な市街地の形成に金融面から支えてきた民間都市開発推進機構。1987年の発足以来、めまぐるしく変化する金融・社会・経済情勢に的確に対応した支援メニューを通じて、民間金融を補完しながら全国各地のまちづくりを後押ししてきた。民間都市開発推進機構のこれまでの実績をふりかえるとともに、今後の方向性について、原田保夫理事長に話を聞いた。

2019 電気設備学会賞 [2019年6月7日]

 2019年度電気設備学会賞の贈呈式がきょう、東京都千代田区の如水会館で開かれる。会長賞に松村年郎氏(愛知工業大学)、星野賞に李起弘氏(韓国土地住宅公社土地住宅研究院)、学会功績賞に大貫悟氏(大貫技術士事務所)、櫻野仁志氏(石川工業高等専門学校)、中島廣一氏(元東芝ソシアルファシリティーズ)を選出。学術部門では論文賞1件、論文奨励賞2件、学術奨励賞1件、資料・総説賞1件、資料・総説奨励賞1件、調査...続きを読む

国土交通省 中部地方整備局 企画特集 [2019年6月7日]

 中部圏は、日本経済を牽引するものづくり産業の集積地であり、文化・歴史・観光面のポテンシャルも高い。中部圏のさらなる発展に向け、信頼性の高い道路ネットワークや豊かで住みやすい地域づくりなどが求められている。発生の可能性が高まっている南海トラフ巨大地震や近年多発する災害への対応も急がれ、施設の耐震化や総合的な治水対策、津波・高潮対策も重要だ。一方、建設業界を取り巻く環境をみると、働き方改革や生産性向...続きを読む

北川総合開発事業 河内川ダム竣工 [2019年6月7日]

 福井県が若狭町熊川の1級河川北川水系河内川に建設を進めてきた「河内川ダム」が9日に竣工を迎える。洪水調節や流水の正常な機能の維持、特定かんがい用水、水道用水、工業用水の供給を目的とした重力式コンクリートダムで、若狭地方の治水安全度の向上、地域の発展に大きく貢献する。施工を担当した西松建設・竹中土木・キハラコーポレーション・長﨑組JVは、地域とのコミュニケーションを重視しながら創意工夫と技術力を結...続きを読む

[2019年6月6日]

 グッドマンジャパン株式会社が神戸市北区赤松台1丁目1番8で建設を進めていた物流施設「グッドマン赤松台2」が完成した。2017年に完成した「グッドマン赤松台」に続くプロジェクトで、デザイン性と機能性に優れた倉庫施設を実現。施工を担当したJFEシビル株式会社は高品質・高精度な物流施設を完成させた。


□建築概要□

□工事名称/(仮称)グッドマン赤松台2新築工事

...続きを読む

2019 環境特集 [2019年6月5日]

 6月28日、29日に開かれるG20大阪サミットでは、経済問題に加え、深刻化する気候変動や海洋プラスチックごみなど地球的課題に対する対応が議題として予定されている。サミットに先駆け、15日、16日には長野県軽井沢町で持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合も開催。SDGs(持続可能な開発目標)達成、脱炭素化の実現に向けた日本のリーダーシップが期待されている。本特集では、政...続きを読む

ダイヤゲート池袋 完成 [2019年6月3日]

 西武グループが建設を進めていた「ダイヤゲート池袋」が今年3月に完成した。基準階貸室面積は池袋エリア最大の2100平方メートル。大地震時に建物の機能維持を図る中間免震構造を採用し、安全を確保している。防災備蓄倉庫や帰宅困難者の一時滞在スペースを設置するなど「帰宅困難者対策の連携協力に関する協定」を東京都豊島区と締結し、地域の防災機能向上を図る。

◇建築概要◇

◇工事名/西武...続きを読む

第31回測量の日 [2019年6月3日]

 きょう6月3日、第31回「測量の日」を迎える。新元号初年の今年は、平成に改元された1989年の制定から30年、1869年に政府が「近代測量」に着手してから150年の節目の年。測量技術の150年にわたる変遷、進歩とともに安全で快適な暮らしの実現に不可欠な測量の重要性などを紹介する多彩なイベントが、11月にかけて全国各地で開催される。

リバーテラス仙台支倉 完成 [2019年5月30日]

 ピーエス三菱が、同社初のストック事業として仙台市青葉区で建設を進めていた複合施設「リバーテラス仙台支倉」が完成した。1~2階が店舗、3階以上が144室の学生寮で構成。学生寮は3月末に引き渡しを終え、きょう30日にドラッグストアの「ツルハドラッグ」がオープンする。厳しい工期の中で、工程の調整や作業員の増員など創意工夫しながら工事を展開。全工期無事故・無災害を達成し、高品質・高精度の建物に仕上げた。...続きを読む

2019 近畿の総合エネルギー企画 [2019年5月30日]

 我が国では自給エネルギーの確保、低炭素社会の実現などの観点から再生可能エネルギーの普及・拡大が大きな課題となっている。近畿の自治体などでは太陽光や風力発電に加え、地熱やバイオマス発電といった新たな再生可能エネルギーの電源確保に向けた動きも加速しつつある。

 2019年の「近畿の総合エネルギー企画」では、大阪市や市立大学、関西電力など産学官連携による実証事業で高い省エネ効果が確認された...続きを読む

進化するオフィス空間 [2019年5月27日]

 4月1日に働き方改革関連法案が施行された。働き方改革は、少子高齢社会を迎え働き方のニーズが多様化している中で、長時間労働の是正とともに、投資やイノベーションによる生産性向上、就業機会の拡大、オフィスや工場などでの意欲・能力を発揮しやすい環境整備を目的としている。働きがいのある職場を創造し、企業が新たな価値を生み出せるオフィス環境の普及に取り組むニューオフィス推進協会の三栖邦博会長に、同協会の活動...続きを読む

Hareza池袋 ホール棟 5月24日竣工式 11月オープンへ [2019年5月24日]

 東京建物とサンケイビルが東京都豊島区の旧豊島区庁舎・公会堂跡地で推進する開発プロジェクト「Hareza(ハレザ)池袋」のホール棟が24日竣工式を迎える。豊島区立芸術文化劇場の愛称は「東京建物 Brillia HALL」。設計・施工は鹿島が担当。11月に開業する。

■建築概要■

■計画名=(仮称)豊島プロジェクト/豊島区旧庁舎跡地活用事業・新ホール棟(B棟)

...続きを読む

2019大阪支社 建設技術者育成企画 [2019年5月24日]

 2025年日本国際博覧会の大阪開催が決まり、統合型リゾート(IR)の誘致が本格化し、高速道路や鉄道の計画も決定するなど建設投資が拡大基調にある。鉄建建設大阪支店JR宇治作業所所長の中山善文氏と鹿島・南海辰村JV千里浄水池新2号池JV工事事務所所長の藤井信宏氏に建設技術者育成の展望などを聞いた。
1 2 3 4 5 39