特集

GLP六甲Ⅲプロジェクト 完成 [2019年10月16日]


 日本GLPが、神戸市東灘区の六甲アイランドで建設を進めていた「GLP六甲Ⅲ」が待望の竣工を迎えた。六甲アイランド北ICに近接し、大阪や神戸へのアクセス性に優れるほか、将来的に大阪湾岸道路の西伸により、さらなる輸送ポテンシャルの向上が見込まれる。施設にはアパレル商品のサードパーティー・ロジスティクス(3PL)企業である水岩運送が入居する。構造監修をデロイトトーマツPRS、意匠・構造・設備...続きを読む

建設技術フェア2019in中部 開幕 [2019年10月16日]

 産学官の技術交流の場を提供して技術開発や新技術導入を促進し、学生や一般にも建設業の魅力を広く伝えることを目的とした「建設技術フェア2019in中部」が16日、開幕する。今回は「防災・安全安心」「維持管理・予防保全」「環境・リサイクル」「設計・施工」「ロボット・AI技術」の5分野と、「建設業の未来を支えるi-Construction関連技術」について243企業・団体が出展する。建設キャリアアップシ...続きを読む

2019提言特集 人がつなぐ国土づくり ~建設生産の転換点~ [2019年10月15日]

 国土や人々の暮らしの安心・安全を支える建設産業を維持・発展させていく上で、その根幹である人材の確保・育成は待ったなしの状況だ。少子高齢化、人口減少などに伴い、建設分野を含め社会全体で人材不足が深刻化し、官民挙げて対応を急いでいる。本年度から本格運用を開始した建設キャリアアップシステム(CCUS)をはじめ、働き方改革関連法の施行、新・担い手3法の成立など、法制度や従来システムを見直す動きが活発化。...続きを読む

第26回 鉄道の日 [2019年10月11日]


 日本初の鉄道が新橋~横浜間で開業したのは1872(明治5)年。それから150年近く経過した今、鉄道は交通の大動脈かつ、産業・経済・社会などの発展を支える社会資本となった。安全で快適、環境負荷が少ない鉄道の重要性は一層高まっている。「鉄道の日」特集では、相鉄・JR直通線と相鉄・東急直通線事業や、鉄道各社の安全対策、2020年東京五輪・パラリンピックへの対応などを紹介する。


...続きを読む

Dタワー豊洲 完成 [2019年10月9日]


 大和ハウス工業が東京都江東区で建設を進めていた「Dタワー豊洲」が完成し、きょう9日、オープニングセレモニーが開かれる。1階は飲食店やコンビニ、2・3階は低酸素環境下トレーニングを取り入れたジム、6~17階には宿泊施設が入居する複合施設となっている。設計・監理を伊藤喜三郎建築研究所、施工を熊谷組が担当した。

◆建築概要◆

◆工事名:(仮称)Dタワー豊洲新築工事...続きを読む

三井ショッピングパーク ららぽーと沼津 完成 [2019年10月4日]


 三井不動産が静岡県沼津市で建設を進めてきた「三井ショッピングパーク ららぽーと沼津」(運営・三井不動産商業マネジメント)が完成した。全国の人気店や地元の名店など全217店の多彩な店舗ラインナップを揃えた県東部最大級のショッピングモールであり、沼津市に新たな賑わいを生むまちづくり拠点としての役割も期待されている。設計・監理・施工は大林組が担当。きょう4日に待望のグランドオープンを迎える。...続きを読む

MFLP船橋Ⅱ 完成 [2019年10月3日]


 三井不動産が千葉県船橋市で建設を進めていた「三井不動産ロジスティクスパーク船橋II(MFLP船橋II)」が完成し、きょう10月3日竣工式が開かれる。ハイグレードなオフィスや見晴らしの良いラウンジなど働き手を顧慮した魅力ある空間を創出。16年に竣工したI期棟、21年竣工予定のIII期棟とともに、街づくり型ロジスティクスパークを生み出していく。

◆建築概要◆

◆工事...続きを読む

ニッセイロジスティクスセンター横浜町田 完成 [2019年10月1日]

 日本生命保険が神奈川県大和市で建設を進めていた大型物流施設「ニッセイロジスティクスセンター横浜町田」が完成した。東名高速横浜町田インターチェンジから約3キロ、東京・横浜という二大消費地にも至近という抜群の立地を誇る。物流施設への投資を加速させている日本生命保険が首都圏で手掛ける最大規模の施設だ。

 建物は、大型トレーラー対応のダブルランプウェイ、中央車路方式を採用した効率的な動線が特...続きを読む

久米川病院・介護老人保健施設久米川 完成 [2019年10月1日]

 愛有会が東京都東村山市で建設を進めていた久米川病院・介護老人保健施設久米川が完成し、きょう10月1日開院・開設する。同市内で運営していた久米川病院を移転し、地域包括ケアの需要の高まりに応じて、新たに介護老人保健施設として転換整備。また、大規模災害など発生時に地域と連携して被災者支援活動に取り組める設備が設置されているほか、自家発電機や災害用井水利用などのインフラバックアップを充実させ、BCP(事...続きを読む

10月は「建設業退職金共済制度加入促進強化月間」 [2019年10月1日]

 「建設業退職金共済制度(建退共)加入促進強化月間」がきょう10月1日に始まる。同制度を運営する独立行政法人勤労者退職金共済機構建設業退職金共済事業本部が1カ月間にわたって、厚生労働省、国土交通省の後援のもと関係機関、協賛団体の協力を得て、より多くの事業主へ同制度の目的や魅力を周知し、加入を働きかけるとともに、履行確保活動を重点的に実施する。加入促進強化月間のスタートに当たり、同制度の概要と実際に...続きを読む

有明テニスの森公園テニス施設主要施設整備完了 [2019年9月30日]

 東京都財務局が整備していた有明テニスの森公園・テニス施設改修事業の整備が、屋外コートなど一部を除き完了した。既存施設の老朽化に伴う改修と2020東京オリンピック・パラリンピックの競技会場としての整備が行われていた。国産の木材を多く使った建物や、アクセシビリティの向上、自然・環境への配慮などが特徴だ。30日開催の国際大会での再スタートを、施工に携わった建設関係各社と祝う。

■建築概要■...続きを読む

MCUD八千代 完成 [2019年9月30日]

 三菱商事都市開発が千葉県八千代市で開発を進めていた物流施設「MCUD八千代」が完成した。千葉県内陸部と首都圏を環状に結ぶ国道16号線内の内側に位置し、東関東自動車道、京葉道路のICにも近く、物流利便性に優れた立地。1階には南北2面同時に60台以上が接車できるトラックバースを備え、2階は有効天井高を7・5メートルとすることで多様な貨物の保管需要に対応する。設計は梓設計・新日本建設JV、施工は新日本...続きを読む

一般社団法人東京空調衛生工業会 創立70周年 [2019年9月30日]

 東京空調衛生工業会(東空衛、黒田英彦会長)が9月30日に創立70周年を迎える。1949年9月30日に東京暖房衛生工事業会(暖衛会)として設立以降、複数回の団体名の改称を経て、2011年4月に現在の団体名となった。脱炭素社会の実現に向け、安全・安心な生活環境の創造に貢献する空調衛生工事業界が、より社会から評価され、将来の担い手となる若者が長期にわたり活躍できる「魅力のある業界」となるよう、人材確保...続きを読む

2019大阪支社提言企画 [2019年9月30日]

 2018年11月に官民で誘致活動に取り組んだ2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の大阪開催が決まり、カジノを含む統合型リゾート(IR)施設の誘致に向けた活動も本格化しつつある。関西圏の成長を支えるインフラ整備の事業化も相次ぐ。「2019年大阪支社提言企画」では、2025年日本国際博覧会協会の石毛博行事務総長に万博の開催意義などを、大阪府の田中清剛副知事にインフラ・都市拠点整備の展望などを聞...続きを読む

国土交通省関東地方整備局優良工事等表彰 [2019年9月27日]

国土交通省関東地方整備局と同局出先事務所は平成30年度に完成した工事、業務の中で特に優れた成績を収めた工事、業務、技術者等を讃える「優良工事等表彰」が今年の7月中旬から順次行われた。局長表彰は優良工事・優秀工事技術者、安全管理優良受注者、優良業務・優秀技術者、工事成績優秀企業認定の4部門。事務所長表彰は優良工事・優秀工事技術者、難工事功労・工事功労・工事功労者、優良下請企業・優秀下請技術者、建設業...続きを読む
1 2 3 4 5 44