特集

2020年度空気調和・衛生工学会賞 [2021年5月17日]


 空気調和・衛生工学会(空衛学会、大塚雅之会長)は17日、2020年度受賞者に表彰状を授与する。第59回学会賞は論文賞5件、技術賞2件。第21回特別賞十年賞と第9回特別賞リニューアル賞は各1件、第35回振興賞技術振興賞は10件が受賞した。第30回篠原記念賞は岩本靜男氏(神奈川大学)、村田和也氏(鹿島)、嶌田成二氏(ユニ設備設計)が受賞。第11回井上宇市記念賞は羽山広文氏(北海道大学大学院...続きを読む

夢と誇りある漁港建設業へ [2021年5月13日]


 全日本漁港建設協会(全漁建)は13日、2015年に策定した「漁港建設将来ビジョン」を改定する。策定から年月を経る中で変化した、日本の水産業や漁港漁場整備、漁港建設業をとりまく環境に対応すべく、漁港建設業が抱える課題をさまざまな角度から分析し、国と地域社会に貢献する漁港建設業の理念と将来のあるべき姿を明確化。その実現と持続的発展のためにとるべき方策をビジョンとして取りまとめた計画である。...続きを読む

横浜市港南公会堂 完成 [2021年5月10日]


 横浜市が同市港南区で建設を進めていた「港南公会堂」が完成した。区民活動支援センターと港南土木事務所を一体化した複合施設で、区民の地域活動や文化芸術活動を支える拠点となる。充実した舞台機構や音響設備を備え、音楽や演劇をはじめ多様な演目に対応した利用が可能なほか、区民の作品を展示するギャラリーなどが設置されているのが特徴だ。設計を新居千秋都市建築設計、施工を松尾・大洋・安藤JVが担当。ハイ...続きを読む

和泉市新庁舎 完成 [2021年5月10日]


 大阪府和泉市が現在地で建設を進めてきた新庁舎が待望の竣工を迎えた。市民交流スペースとなる飲食・物販デッキなど附帯施設の工事を進めながら、メイン施設の新庁舎を先行して供用開始する。実施設計・施工を手掛ける淺沼組・深阪工務店・綜企画設計JVは、来庁者の動線計画や安全対策などを綿密に立案。建築工事と並行し進入口の交差点改良・道路拡幅工事も実施、現場一丸で工程管理に努め、高品質・高精度な新たな...続きを読む

小山市役所新庁舎 2021年5月6日開庁 [2021年5月6日]


 栃木県小山市本庁舎が57年ぶりの新築を果たし、完成した。防災上の安全性を高め、省エネルギー機能を導入するなど、職場としての環境や来庁者への配慮を行き届かせている。戸田建設・久米設計・大森一級建築士事務所・板橋組・斉藤組・保坂建築事務所・荒川電気工業・ヒタチ設備JVによる設計施工、久米設計・大森一級建築士事務所JVが監理を担当した。


◇工事名称:小山市役所新庁舎整備事業
...続きを読む

2021土質・地質と基礎、地下空間 [2021年4月27日]


 感染症拡大の先行きが不透明な昨今、「新たな日常」を通じた質の高い経済社会の実現を模索する日々が続いている。近年、激甚化・頻発化している自然災害への対応となる防災・減災、国土強靱化もその一環であり、安全・安心に暮らせる社会の実現に寄与する建設産業界への期待は膨らむ一方だ。地盤や基礎、地中利用、砂防などの分野に精通する建設産業界各社・各協会の最新技術や取り組みを紹介する。


...続きを読む

2021年 近畿の医療・高齢者施設企画 [2021年4月27日]

 新型コロナウイルス感染症との闘いが続く。治療を担う医療従事者らと専用病床の確保は厳しい状況にある。「2021年近畿の医療・高齢者施設企画」では、大阪府が感染拡大期に備え、早期に実現した重症患者治療の臨時施設「大阪コロナ重症センター」の取り組みを探るとともに、主要医療・高齢者施設プロジェクトを紹介する。

ふふ京都 きょう開業 [2021年4月26日]


 ヒューリックが京都市左京区で開発を進める高級温泉旅館「ふふ京都」がきょう4月26日に開業を迎えた。同施設は南禅寺や無鄰菴、京セラ美術館に近接。ふふ奈良に続いて関西地方で2件目のふふシリーズとなる。全8タイプ、40室の客室にはひのき風呂を完備するほか、敷地内に残されていた日本庭園を保存し、純木造平屋の離れを新設。古き良き日本の美意識を感じられるリゾート施設となった。設計は日建設計、施工は...続きを読む

2021予算特集 [2021年4月26日]


 政府の2021年度一般会計予算は106兆6097億円。新型コロナウイルスの感染防止対策などで膨らみ、9年連続で過去最大となった。公共事業関係費は6兆0695億円。20年度までの「臨時・特別の措置」を除く通常分で比較すると、前年度を26億円上回る。一体で編成した20年度第3次補正予算に盛り込んだ「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」(21~25年度)の初年度分(公共事業関係費...続きを読む

越谷市役所本庁舎 完成 [2021年4月19日]


 埼玉県越谷市が、現市庁舎敷地内で建て替えを進めていた新本庁舎が完成した。基礎免震構造の採用により地震時の安全性を確保しながら、可変性に優れたロングスパンの執務空間を実現。日射遮蔽庇(ひさし)やLED照明、BEMS(ビルエネルギー管理システム)など環境負荷技術も随所に採り入れ、埼玉県の中核市にふさわしいシンボリックな行政拠点を創出した。設計・監理は梓設計・越谷建築設計監理事業協同組合JV...続きを読む

日建連表彰2020 第1回土木賞 第61回BCS賞 [2021年4月19日]


 日本建設業連合会(日建連)が主催する日建連表彰2020の表彰式が19日、東京都港区のThe Okura Tokyoで開かれる。同表彰は、今回で第61回を迎える建築部門・BCS賞と初選考となる土木部門・土木賞の2部門で構成する新たな表彰制度。2011年の新日建連発足以降、土木・建築の両分野に活動の場が広がっていることから、一体となって創設された。土木賞11件(うち特別賞1件)、BCS賞1...続きを読む

JCHO仙台病院 完成 [2021年4月16日]


 独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)が仙台市泉区の泉パークタウン紫山地区で建設してきた「JCHO仙台病院」が完成した。宅地開発が集中して進められてきたエリアで、「地域が誇りとする病院」を目指す。設計は山下設計、施工は鹿島(建築)、ユアテック・サンテック共同企業体(電気設備)、斎久工業(機械設備)がそれぞれ担当した。


■建築概要■

■工事名称/独立行政法人地域...続きを読む

エトモ池上 完成 [2021年4月14日]


 東急池上線池上駅で建設が進められていたエトモ池上が3月30日に開業した。エトモ池上は2020年7月に供用開始した新しい池上駅舎直結の商業施設で、駅舎を含む施設規模はS造5階建て延べ9525平方メートル(うち店舗面積4955平方メートル)。内装の一部には旧池上駅舎の木材を利用し、木造駅舎の歴史を伝える。設計は東急電鉄・東急設計コンサルタント、施工は東急建設がそれぞれ担当した。

...続きを読む

大浜体育館 大浜武道館 オープン [2021年4月12日]


 堺市が計画し、大和リースを代表とする特別目的会社(SPC)「つながリーナPFI株式会社」が設計・施工・維持管理を行う「大浜体育館建替整備運営事業」のメインプロジェクト「大浜体育館・大浜武道館」が完成した。SPCが維持管理を担う大浜公園などの機能と、隣接する堺旧港との連携にも配慮した、新たなスポーツ・武道の振興拠点となる。設計は梓設計と高橋建築設計事務所が担当。熊谷組・南海辰村建設・堺土...続きを読む

岐阜市新庁舎 完成 [2021年4月9日]


 岐阜市が岐阜市司町で建設を進めていた新庁舎が竣工し、きょう9日に完成式典が開かれる。新庁舎は利便性と快適性を追求するとともに、環境に配慮した持続可能な施設で、市の新しいシンボルとして周辺施設と一体になって賑わいを生んでいく。災害時には高度で複合的な防災機能を果たす。設計・監理は佐藤総合計画・司設計・Ai設計室設計共同体、建築施工を大日本土木・市川工務店・岐南興業・共栄土木建築特定建設工...続きを読む