企業・経営

大日本コンサル/「プレミアムフライデー」導入検討開始/業界初、4月から試行 [2017年2月6日1面]

 大日本コンサルタントは、政府と経済界が推奨している毎月月末の金曜日の終業時刻を繰り上げて社員が自由な時間を確保できるようにする国民運動「プレミアムフライデー」の取り組みを開始する検討に着手した。官民で組織する「プレミアムフライデー推進協議会」が企業に提供する統一ロゴマークの使用許可を申請した。
 新井伸博社長が経営の最重要施策に掲げる「働き方改革」の一環で、プレミアムフライデーの実施を表明する...続きを読む

三井不/ホテル新ブランド展開へ/将来的な9000室運営にめど [2017年2月6日4面]

 三井不動産は3日、新たなホテルブランド「ザ セレスティンホテルズ」の初弾プロジェクトとなる京都・祇園と東京・銀座のホテル2物件を今秋に開業すると発表した。同社は、主力ブランドとして展開する「三井ガーデンホテルズ」などとともに今後もホテル開発を推進する方針。現時点で、既存施設(20物件、約5300室)に工事・計画中の物件を合わせ、約9000室のホテル展開にめどが付いているという。
 京都・祇園に...続きを読む

IHI/横浜事業所に新実験棟建設/延べ1・6万平米、17年8月着工へ [2017年2月3日3面]

 IHIは、生産・技術開発拠点の横浜事業所(横浜市磯子区新中原町1)にある技術開発本部の敷地(面積11・3万平方メートル)に新実験棟=完成イメージ=を建設する。技術開発の中核を担う技術開発本部が執務するエンジニアリングセンターと28棟の実験棟のうち、10棟を解体し、S造5階建て延べ1万6000平方メートル規模の建物を建設する。同事業所内での新たな実験棟の建設は16年ぶり。建設費や設計者・施工者は非...続きを読む

JR東日本/ホテル事業積極展開/20年めどに1万室体制へ、新規出店でエリア拡大も [2017年2月3日4面]

 JR東日本は、東京五輪が開催される2020年をめどにグループで運営するホテルの客室数を現在の約6300室から1万室に増やす。現時点の公表ベースのホテル開発計画5件で7000室程度に増える見通し。目標への残り3000室の整備に向け、十数件の事業を具体化していく。従来の首都圏の自社用地での開発を主軸としつつ、今後は東日本エリアに限定せず、全国規模で事業化の検討を進める。
 JR東日本グループが展開...続きを読む

主要ゼネコン各社/17年新卒採用6年連続拡大、18年春も同規模見込む/本社調査 [2017年2月3日1面]

 ゼネコンの新卒採用の拡大が続いている。日刊建設工業新聞社が主要33社を対象に実施したアンケートによると、今春(17年4月)の新卒採用人数が前年を上回ったのは21社。来春(18年4月)の採用計画人数を回答した30社も大半が今春と同規模の採用数を確保する方針を打ち出している。
 33社が今春採用する新卒者は最大で合計3486人と16年より83人多く、6年連続の増加となる。うち技術職が2944人と全...続きを読む

長谷工コーポ/東京都多摩市にテクニカルセンター建設/グループの開発・研究機能集約 [2017年2月2日3面]

 長谷工コーポレーションは1日、東京都多摩市で「長谷工テクニカルセンター」の建設に着手した。埼玉県越谷市の技術研究所、東京都大田区の長谷工コミュニティ技術研修センターと長谷工コミュニティアウル24センターを集約する施設を建設する。自社で設計、同社・不二建設JVが施工を担当する。投資額は約100億円で、18年6月の運用開始を目指す。
 同センターは、同社の創業80周年記念事業の一環として新設される...続きを読む

東京鉄骨橋梁/「日本ファブテック」に社名変更/4月1日付、経営統合の最終段階 [2017年2月2日1面]

 東京鉄骨橋梁(坂本眞社長)は、4月1日付で社名を「日本ファブテック」に変更する。片山ストラテックとの経営統合の最終段階と位置付けており、統合の効果を最大限発揮し、企業価値の向上を目指す考えだ。
 新社名に入れた「ファブテック」は、ファブリケーター(製造・加工業)とテクノロジー(技術)を組み合わせた造語。「ファブ(Fab)」には、鉄骨と橋梁(Frame and Bridge)という事業の2本柱を...続きを読む

オートデスク、JR東日本コンサル/鉄道分野BIM・CIM構築で連携 [2017年2月1日3面]

 オートデスクとジェイアール東日本コンサルタンツは、鉄道関連施設の計画・設計、施工から運営、維持管理までのライフサイクル全体で計画・設計情報を活用するBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)・CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の構築と、BIM・CIMのデータを活用した新たなサービスの開発に向けて連携する。
 両社は鉄道建設プロジェクトを対象にBIM・CIM...続きを読む

鹿島/シンガポール国立公園デザインコンペで最優秀/環境技術に高評価 [2017年2月1日1面]

 鹿島は1月31日、シンガポール国立公園庁が主催する「ジュロンレイクガーデン」の再整備に向けた国際デザインコンペで最優秀賞に選ばれたと発表した。グループのランドスケープデザイン(東京都港区、植野糾社長)らを中心に編成したチームで応募。各社の総力を挙げた提案が高く評価された。グループ会社が主導してシンガポールのデザインコンペに臨んだのは今回が初という。
 主要経済特区のジュロンレイク地区にあるジュ...続きを読む

鹿島/溶接技能工不足に対応/建築現場に汎用ロボ導入、グループ企業でオペレータ育成 [2017年1月26日1面]

 鹿島は、建築現場の溶接技能工の不足や高齢化に備えた対策に乗りだした。横河ブリッジ(千葉県船橋市、名取暢社長)と共同で、造船や橋梁工事で使われる溶接ロボットを建築で利用する手法を確立。人材派遣や施工管理業務を手掛けるグループの鹿島クレス(東京都港区、柏倉正人社長)に溶接事業部を新設し、同社の社員をオペレーターとして育成する取り組みも始めた。

 鉄骨の現場溶接作業を担う技能工は、高度な技能が要求...続きを読む

JFEスチール/東日本製鉄所千葉・京浜地区で生産設備更新推進/発電所更新・整備も [2017年1月26日5面]

 JFEスチールが、東日本製鉄所の「千葉地区」(千葉市中央区川崎町1)と「京浜地区」(川崎市川崎区扇島1の1)で老朽化した設備の更新に力を入れている。生産性の向上やコスト削減が主な狙い。千葉地区では、東工場にある「6コークス(石炭)炉」の全面更新を実施中。両地区で敷地内の発電所の更新・新築計画も進んでいる。
 日下修一専務執行役員東日本製鉄所京浜地区所長は「施設の老朽化は全国の製鉄会社共通の問題...続きを読む

エア・ウォーター、鹿島ら4社/家畜バイオマスで水素製造・供給/北海道で実証事業 [2017年1月25日1面]

 エア・ウォーター、鹿島、日鉄住金パイプライン&エンジニアリング(東京都品川区、浅井武社長)、日本エアープロダクツ(川崎市幸区、ウィルバー・モック社長)は24日、北海道鹿追町に家畜バイオマス由来の水素製造供給施設を共同で開設した。水素を精製、製造、貯蔵、輸送、供給、利用するという一連のサプライチェーンを実証し、地産地消の水素エネルギー社会の実現につなげる。
 水素製造供給施設は「しかおい水素ファ...続きを読む

東急不・植村仁社長/住宅は再開発案件に軸足/都心部の木密地域や山手線外側に注力 [2017年1月20日4面]

 東急不動産の植村仁社長は19日、東京都内で記者会見し、今後の事業展開の方向性を明らかにした。住宅開発については、用地購入などによる従来型のマンション開発に代わり、「再開発案件に軸足を置いていきたい」と表明した。
 近年上昇している地価や建築コストの影響で、短いサイクルでの分譲事業は今後も展開しにくい状況が続くと判断している。再開発事業は、計画段階から必要とする期間が長く、その分の手間もかかる。...続きを読む

トランプ米大統領就任/建設業界、期待と不安交錯/インフラ投資・防衛関連注視 [2017年1月20日1面]

 ◇保護主義政策には警戒も
 新たな米大統領の就任式が20日(日本時間21日未明)にワシントンで行われ、ドナルド・トランプ氏が第45代大統領に就任する。過激な発言に世界の注目が集まる中、どのような政権運営をするのか。日本の建設産業界も、「米国事業を拡大できる」「メキシコはブレーキがかかる」など期待と不安が交錯する。
 ゼネコンや設備工事各社の多くは「インフラ投資には期待できるが、まだどうなるか...続きを読む

鹿島/海外土木事業部を新設/4月1日付、中長期的に事業推進 [2017年1月19日1面]

 鹿島は18日、4月1日付で海外土木支店を廃止し、本社直轄の「海外土木事業部」を新設すると発表した。中長期的な経営判断の下で事業を推進するのが狙い。実績のあるエリアを中心に、国や工種の絞り込みを行っていく。現地に根差した事業推進体制を構築するため、ローカル企業との協力・連携に加え、将来的には現地法人化も視野に入れているという。
 新設する海外土木事業部は、工事の受注や施工管理に対応する「土木部」...続きを読む
(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む