企業・経営

ピーエス三菱/定期借地権活用のストック事業に着手/仙台市で初弾の複合ビル新築着工 [2018年6月29日6面]

 ピーエス三菱の藤井敏道社長は28日に仙台市青葉区の宮城県建設産業会館で会見し、同社で全国初となるストック事業に本格的に着手することを明らかにした。長谷柳絮学園跡地(仙台市青葉区)の一部を定期借地権で50年間借り上げ、店舗と学生寮を備えた「(仮称)支倉複合ビル」を新築する。
 16年度から3カ年で実施している同社中期経営計画に基づいてストック事業を強化し、経営基盤の安定化を図る。計画ではストック...続きを読む

鉄建建設/バングラデシュで国際幹線道路橋受注/JVで受注額128億円 [2018年6月28日1面]

 鉄建建設は27日、バングラデシュで計画されている国際幹線道路橋の建設工事を、現地企業のアブドゥル・モネム、横河ブリッジとのJVで受注したと発表した。受注総額は約128億円。工期は36カ月。
 24日に発注者の道路交通橋梁省道路・国道部と契約した。鉄建建設が同国で受注するのは「ダッカ都市交通整備事業MRT6号線CP5工区」に続き2件目。
 工事名称は「バングラデシュ国クロスボーダー道路網整備事...続きを読む

建設関連各社/安全教育にVR技術を活用/疑似体験通じ安全意識向上へ [2018年6月27日3面]

 建設現場での労働災害防止を目的とした安全教育に、VR(仮想現実)技術を活用する建設関連企業が増えている。事故を疑似体験することで、実際の現場で不安全行動をとらないよう安全意識を身に付けさせることが狙いだ。VRの関連機器やコンテンツを扱う会社とゼネコンらが、システム開発などで連携するケースも増えており、商機は確実に広がっている。
 東急建設は4月、自社開発したVRコンテンツによる安全教育を実施し...続きを読む

佐藤工業/ミャンマーで建設工事初受注/ODAで総合病院整備、8月着工へ [2018年6月26日1面]

 佐藤工業は25日、ミャンマー・マグウェイ市で計画されている「マグウェイ総合病院整備計画」=完成イメージ=の建設工事を単独受注したと発表した。同国での工事受注は初めて。今回の実績を足掛かりに同国での事業拡大を目指す。
 工事は日本の政府開発援助(ODA)案件。発注者はミャンマー保健スポーツ省医療サービス局。マグウェイ総合病院敷地内に、RC造3階建て延べ6330m2の本棟と、RC造の渡り廊下・スロ...続きを読む

戸田建設/海外事業の将来像描いた冊子作成/2030年見据え、SDGs実現へ [2018年6月25日1面]

 戸田建設は2030年を見据え海外事業の将来像を描いた冊子を取りまとめた。事業活動を通じ同社が日本と世界をつなぐ架け橋になると想定。「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に向け課題や対応策などを示している。
 冊子の表題は「未来の歩き方 NAVIGATING THE FUTURE OF TODA CORPORATION IN 2030」。世界の都市を発展段階別に「発展途上の国々へのアプローチ(...続きを読む

戸田建設/フレックス制導入/作業所含む全社員対象、月単位の総実労働時間で管理 [2018年6月21日3面]

 戸田建設は働き方改革を一段と推進するため、21日からフレックスタイム制の運用を始める。作業所を含む全社員約4000人が対象。労働時間の管理を1日単位から1カ月単位の総実労働時間に移行し、計画的な働き方に対する意識を高める。年間の総実労働時間の減少と個人の自由時間の創出につなげる。
 フレックスタイム制では、勤務が必須のコアタイムを午前10時~午後3時、勤務時間が選べるフレキシブルタイムを午前6...続きを読む

鹿島/私募REITの運用開始/5年後に1000億円、建設会社単独で国内初 [2018年6月21日3面]

 鹿島は20日、機関投資家を対象とした非上場オープンエンド型の私募REIT(不動産投資信託)「鹿島プライベートリート投資法人」の運用を開始したと発表した。首都圏のオフィスを中心に、当初は約250億円規模で運用する。全国の政令指定都市の商業施設や住宅、ホテルなども対象に加え、5年後に資産規模を約1000億円に拡大することを目指す。建設会社が単独で運用する私募REITは国内初という。
 同社は200...続きを読む

ジェコス/創業50周年の節目迎える/馬越学社長「失敗恐れず挑戦する」 [2018年6月20日3面]

 ジェコスは20日に創業50周年を迎える。1968年に山本健材リースとして発足以来、現在に至るまでの半世紀の歴史のうち、最近の10年に焦点を当てた冊子「ジェコス50周年記念誌~10年の軌跡~」(A4判71ページ)を発行し、社員やOBに配布した。冊子には、会社の歴史や実績紹介のほか、顧客や協力企業などへの感謝を表し、会社の将来を見据えた決意なども盛り込んだ。
 創業50年の節目を迎えるに当たり、馬...続きを読む

戸田建設/本社仮移転先を決定/「自己発働型社員」育成視野に新しい働き方試行 [2018年6月20日3面]

 戸田建設は19日、東京・京橋にある本社ビル建て替えに伴う仮移転先を決定したと発表した。本社機能は東京都内に建設中の「八丁堀2丁目ビル」へ19年12月に移転予定。本社機能の一部と東京支店、首都圏土木支店は11月以降に順次、複数の賃貸ビルに移す計画だ。仮移転先では、同社が目指す「自己発働型社員」の育成に適したオフィス環境を構築し、効率的で知的生産性に優れた新しい働き方を試行する。
 仮移転前に現本...続きを読む

清水建設/東京・豊洲エリア、600億円投じ大規模複合開発/オフィスとホテル2棟 [2018年6月19日4面]

 ◇19年春着工めざす
 清水建設が約600億円を投じる東京・豊洲エリアの大規模複合開発計画が本格始動する。大型の賃貸オフィスビルとホテルの2棟(総延べ床面積11万6000平方メートル)を建設する計画で、18日に東京都が都市計画決定した。設計・施工は同社が担当。19年春ごろの着工、20年度内の竣工を目指す。同社単独の開発プロジェクトしては過去最大の投資規模となる。
 計画地は江東区豊洲6丁目に...続きを読む

ピーエス三菱/働き方改革の取り組み加速/アクションプラン作成、全国で順次説明会 [2018年6月19日3面]

 ピーエス三菱が働き方改革の取り組みを加速している。総労働時間の削減や週休2日推進などで具体的な目標やスケジュールを明示したアクションプランを作成。職員への周知とともに協力会社に理解を求めていくため、全国の拠点でアクションプランの説明会を開き、7月上旬に完了させる予定だ。
 森拓也代表取締役副社長が委員長を務める働き方改革実行委員会を17年9月に設置した。アクションプランのステップ1には▽総労働...続きを読む

鹿島・押味至一社長に聞く/中期経営計画の狙いは/生産性向上とESGに注力 [2018年6月18日3面]

 鹿島は本年度から3カ年の中期経営計画を本格始動した。押味至一社長は15日、日刊建設工業新聞などとのインタビューに応じ、「生産性の向上」と「ESG(環境・社会・企業統治)」を両輪に計画を立案したことを明かし、「相当力を入れないといけない」と強調した。
 --前中期経営計画を総括すると。
 「前計画の最大の課題は『単体建設事業の再生・強化』だった。受注前のフロントローディングやリスク管理、受注後...続きを読む

日本工営/7月に組織刷新/技術本部に「先端研究開発センター」新設 [2018年6月15日3面]

 日本工営は7月1日付で組織を見直す。技術本部に「先端研究開発センター」を新設するほか、中央研究所の「国際研究企画センター」を技術本部の傘下に移し「研究企画室」に改称する。コンサルタント海外事業本部には「インド高速鉄道室」を新設。電力事業本部の生産事業部と福島事業所を統合し、名称を「パワー&デジタルビジネスユニット」に変え、生産体制を強化する。
 2021年6月までの長期経営戦略を踏まえ、目標達...続きを読む

大成建設/社員の保育所利用を支援/育休後のスムーズな復帰促進 [2018年6月14日1面]

 大成建設は保育所の利用を希望する子育て中の社員を対象に、支援制度を立ち上げた。認可外の企業主導型保育所を運営する事業者と契約。保育所の利用を希望する社員が全国71カ所(今月12日時点)の中から利用したい保育所を選んで空き状況を確認し、会社に申請する。
 自宅近くなどに申請可能な保育所がない場合、利用したい保育所と新たに契約を結ぶこともできる。育児休業後に職場復帰する社員の不安を解消し、長く働け...続きを読む

建設関連各社/採用増受け研修施設増強/実習研修強化、女性社員増加にも対応 [2018年6月14日3面]

 建設関連各社が社員教育などで使う研修施設の増強に乗りだしている。新入社員の採用増を背景に既存施設が手狭となり、収容能力を上げる必要が出てきているのが主因。新入社員を即戦力として育成する目的で、実習施設の機能強化を図る会社もある。
 鉄建建設は3月、千葉県成田市にある建設技術総合センターに女性社員専用の研修施設を開設した。既存施設は男女共用だが、近年社員数が増えて手狭になった上に、女性社員の増加...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む